SSブログ

エリザベスタウン [え]

なかなか日程が合わず、ようやく観ました。
観終わったあと、心地よい余韻が残るような映画でした。

仕事の失敗により会社を解雇され
絶望から自殺を図ろうとしていたドリュー。
そんな彼の元に、父の訃報が入る。
母の代理として、父の故郷であるケンタッキー州エリザベスタウンへ向かう途中で
彼はキュートな笑顔が素敵な女性クレアに出会う。
二人は心が通じ合いそうになったが、失敗の心の傷から
今一歩、彼女へと踏み出せないドリューの姿を見て、彼女は立ち去る。
告別式も終えてドリューが旅立つ日、彼女は再び現れ
彼にお手製の地図が入ったかばんを渡した。
一人旅のお供となるBMGの曲が詰まったCDと共に…

何と言っても音楽がいいです!
ちゃんと知っている曲は「ムーンリバー」くらいでしたが
心地よいテンポの曲にゆられて
観ている私も主人公と一緒に癒される気がしました。

予告編を観てなんとなく予想はしていましたが
かなりラブストーリーの部分が多かったです。
オーランド・ブルームとキルスティン・ダンストは等身大の役で
とても爽やかに演じていました。
特にキルスティン・ダンストは思いやりの心と笑顔が絶えない明るい女の子の役で
今までに観た映画の中で一番可愛く見えました。
あと、この映画でもスーザン・サランドンが素敵です。
彼女が演じるととても自然で、今回の役でも
女性の持つ弱さと強さに思わず共感してしまいました。

仕事に失敗は付き物。
でも、失敗の後にも、何か良いことは起こるかも…と
ちょっと素敵な気分になれるような1本です!


(051214)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0