SSブログ

風の前奏曲 [か行]

タイの国民的“ラナート”奏者ソーンの伝記をもとにしたストーリー。

19世紀末の伝統文化が尊重され、美しい伝統音楽に満ちていた時代と
1930年代の近代化という名のもとに伝統文化が禁止され
楽器が破棄されていった時代を比較しながら、
一人の男の人生と文化の終焉を描いていました。

なんと言っても、伝統楽器ラナートを中心とした楽団の音楽が美しかったです!
心をそのままにうつしだす音は素朴でとても繊細です。
一人一人の技術と仲間同士の調和を大切にした音楽で
その奏でられる音階は、ちょっと不思議な感じがしました。

中でも圧巻なのは若き日のソーンと、当時のラナートの第一人者クンインとの対決です。
息ををつかせないほどの音が縦横無尽に駆け巡り、聴く者を圧倒します。
特にクンインを演じたのは現役のラナート奏者ナロンリット・トーサガーで
その技術には目を見張りました。

“指導者を信ずれば、国家の危機を乗り越えられる”というスローガンのもとに
伝統文化を排除しようとする政治は、大きな戦争下だったからですけど、
現代でも、どこかでありそうだなあとか
観終わった後にいろいろ考えさせられる映画でした。


(051216)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

チキン・リトルザスーラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。