SSブログ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [は行]

5年目に入って、とうとう魔法戦争勃発!
“魔法のファンタジー”を越えて本格的な戦いになっていました。

もうすぐ5年生になる夏休み。
ハリーは友人セドリックの死から立ち直れずに苦しんでいた。
一人公園で悩んでいたところ、相変わらず意地悪なダドリーがハリーをいじめにやって来る。
怒るハリーとダドリーが言い合う中、突然、黒い雲が空を覆い始めた。
危険が迫っているのを察した2人は慌てて家へと走り出すが、怪しい影に追いつかれてしまう。
なんとマグルの世界にいたハリーたちに、吸魂鬼が襲ってきたのだ。
ダドリーの命を救うために吸魂鬼を魔法で撃退したハリーは、魔法省の審問を受けることになってしまった…

とうとう本格的な戦争が始まってしまいました。
原作も読んでいますけど、前作からハリーの近くで親しい人の死につながる戦いが起きています。
今回の死も本当に辛かったです(T_T)

学校内から飛び出した戦いは、ハリーの運命がどれくらい過酷なものかをはっきりと示します。
ヴォルデモートとの深く結びついてしまった絆とともに、とにかくハリーは戦う運命に巻き込まれていきます。
ハリーを中心にして学生たちがこっそりと闘う魔法を学ぶところは
魔法ってそんな使い方をして欲しくない~と思いつつも、みんな生き生きしているなあと感じました。

それにしても今回は強敵です~ 特に魔法省のアンブリッジは憎らしさ100倍!
魔法省からやって来てホグワーツ魔法魔術学校を牛耳ろうとする彼女は、
ピンクの服に身を包み笑顔で生徒たちを締め付けて行きます。(魔法もかなり強いです。)
演じているイメルダ・スタウントンは今日から公開の『フリーダム・ライターズ』でも
新米教師を押さえつけようとする先輩教師役で出演していました。
こういう役で、ものすごく意地悪な人に見える演技力はさすがでした~
あと、あまり出番はないですけど、ヘレナ・ボナム=カーターもめちゃくちゃ怖かったです。
敵役がしっかりしていると、やっぱり物語は面白くなりますね。

魔法の世界のわくわく感を一切無くしてハリーの過酷な運命を見せつけた今作は
私の中では、まるで『ロード・オブ・ザ・リング』第一章のような感じでした。
あと2作、ハリーがどんな運命をたどるかを頑張って見ていかなくちゃと思った1本です(^^ゞ

監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
2007年製作 アメリカ 原題:HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
(070716)


nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 12

流星☆彡

あと2作…それを見届けるまで、頑張って(!)長生きしたいと 思います。
(^^ゞ
イメルダ・ストーントンの演技は 圧巻でしたね。これで 初めて認知したん
ですが、彼女の他の出演作にも興味津々になってきた…私です。
でも、できれば・・・“魔法って そんな使い方をして欲しくない”ですよね。
“わくわくドキドキ”することを目指して 修練して欲しい!のが、親世代の
切なる願いだったりしますが…。f^^;

当方記事 TBさせていただきました。m(__)m
by 流星☆彡 (2007-07-22 02:29) 

coco030705

おはようございます。
今回は、子供向けの物語というのを払拭しているようですね。
見に行きたくなりました。イメルダ・スタウントンは演技はですよね。
それにヘレナ・ボナム・カーターも。マギー・スミスも出てましたね。
やっぱりこういう本当にうまい役者が出演しないと、映画はおもしろくならないんでしょう。
見にいける日が楽しみです。
by coco030705 (2007-07-22 09:07) 

noel

ハリポタファンとして今日映画見に行く予定です。
本は6巻までは読んでますから映像にするとどうなるか楽しみです。
本も素晴らしいし映画は映画で素晴らしい。
どっちのファンも満足するシリーズですよね。
by noel (2007-07-22 10:21) 

non_0101

流星☆彡さんへ
こんにちは。早速お越しいただきありがとうございました。
nice&コメント&TBもありがとうございました。
やっぱり魔法は“夢と希望”と一緒にあって欲しいですね~
イメルダ・スタウントンは『ヴェラ・ドレイク』という映画で知りました。
(この作品はかなりハードで落ち込みます。)
脇役の方が多い人だと思いますけど、真面目さ(?)が似合う女優さんですね。
『フリーダム・ライターズ』はヒラリー・スワンクも頑張っていていい作品ですよ(^^)
by non_0101 (2007-07-22 15:55) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました。
今回のハリーは、全くもってかわいくありません(笑)
ずっとイライラ怒っているし、否応無く戦う雰囲気になっていくし。
ただ、今回は積極的に友人たちと団結しようとして頑張ってます!
彼の頑張りには、いつも応援させられてしまいますね(^^ゞ
by non_0101 (2007-07-22 16:13) 

non_0101

noelさんへ
こんにちは。今日、観に行かれるのですか?楽しみですね(^^)
> 本も素晴らしいし映画は映画で素晴らしい。
これだけ愛されている本を映画化するのは大変だと思いますけど
監督さんたちはみなさん凄いですね~!
今回も迫力満点で、ドキドキさせられますよ☆
by non_0101 (2007-07-22 16:24) 

由香

こんにちは!
nonさんは原作もお読みなんですね。
それでは原作の最終巻も楽しみにされている事でしょう。

最初の『賢者の石』では、思いっきり夢の世界で大人もワクワクするファンタジーでしたが、前回くらいからダークな雰囲気が漂ってきましたね。
この物語で人が死んでしまうのは少々違和感を持ってしまうのですが、これからまたハリーの大切な人が亡くなる運命なんですよね~
ふぅ~ちょっと悲しいですが、シリーズの最後まで映画で見届けたいと思います。
by 由香 (2007-07-22 17:10) 

non_0101

由香さんへ
こんばんは。最終章はどうなるのか… う~ん知るのがちょっと怖いです。
今回の物語はハードでしたね!死ぬ人が出るのは哀しいです(T_T)
次作は監督も同じ人で物語もハードそうですし
きっと迫力の戦いが待ち受けていそうですね~
心して次作を待つことにします(^^)
by non_0101 (2007-07-22 22:19) 

くまんちゅう

いやー重くなってきましたねぇ♪何故か喜んでます。
重いファンタジーはイギリスの伝統ですし(本当か?)この先も楽しみです。
ヘレナ・ボナム=カーターさんは出番少なかったけど、存在感抜群でした。怖いけど素敵でした。
次回の活躍も楽しみです。

ヒツジちゃんの一言は今回も沁みますね~
by くまんちゅう (2007-07-23 22:39) 

non_0101

くまんちゅうさんへ
こんばんは。本当に重たくなってきましたね(^_^.)
(でも、私も今から次作の公開を待ってます☆)
> ヘレナ・ボナム=カーターさんは出番少なかったけど、存在感抜群でした。
きっと本人もノリノリで怖い役を演じていたのだろうなあと… そんな迫力を感じました(^^ゞ
今回のハリーはとても孤独に感じたので、いつもよりもっと応援したくなりました☆
by non_0101 (2007-07-24 00:41) 

みつかこねか

お早うございます!
ヘレナ・ボナム・=カーター、「眺めのいい部屋」の美少女は、どこに
行ってしまつたのでしょう?
イメルダ・スタウントンは「恋に落ちたシェイクスピア」に出ていたとの
こと。再見してみます。
次作「謎のプリンス」は、長男が購入したので、私もきちんと
読んでみます。
これから、さらに暑い日が続くとのこと。
健康に留意して、しっかり映画みてくださいね!
by みつかこねか (2007-08-11 05:45) 

non_0101

みつかこねかさんへ
おはようございます。今日の最高気温は36℃の予報ですね(^_^.)
ヘレナ・ボナム・=カーターは綺麗ですよね~ だから、怖さも迫力倍増でした☆
「謎のプリンス」を読むと、早く最終巻が読みたくなります!
でも、原書にはさすがに挑戦は…(T_T)
by non_0101 (2007-08-11 10:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14