SSブログ

ワールド・オブ・ライズ [や・ら・わ行]

中東でテロリストを追っている諜報活動を描いたリドリー・スコット監督最新作です。
誰を信じて良いのか分からなくなるような展開にドキドキでした。

欧米で連続爆弾テロが発生した。被害は甚大で複数の国に及んでいた。
実行したと思われるテロ組織の首謀者を発見するために、CIAは必死の諜報活動を行なっていたが、
いまだにその人物を捕らえることは出来ていなかった。
中東で諜報活動をしているフェリス(レオナルド・ディカプリオ)にもそのニュースは届いていた。
彼は情報を入手するために、現地スタッフの仲間と共に敵のアジトへ乗り込んだ。
現地人に上手く化けたつもりだったが、警戒したテロリストに攻撃を受けてしまう。
なんとか情報の入ったディスクを入手するのだが、爆発で怪我を負った挙句、仲間は死んでしまった。
アメリカにいるエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は、フェリスからの仲間の家族への補償をあっさりと断り、
落ち込むフェリスに向かって、今度はヨルダンへ行けと指示をした…

最近アクションが多いレオナルド・ディカプリオは今回も傷だらけでした。
そして、命の補償の無い仕事とは言え、一瞬でかけらになってしまった仲間にはショックでした(T_T)

現地で命を懸けて活動をしている腕の良い諜報員フェリス。
アメリカで家族との平和な暮らしをしつつ、常に電話で指示を与えている上司ホフマン。
現地に精通し、嘘は許さないと言い切るヨルダン情報局ハニ・サラーム。
彼らの織り成す三つ巴の嘘合戦は見応えがありました。

ホフマンは家にいても家族サービスをしていても常に電話で連絡できるように
耳にイヤホンをつけているしゃべり続けている人です。
映画を観ている時は忙しい人だなあという感じを受けたくらいですけど、よく考えるととても怖い人でした。
娘の写真を撮りながらテロ対策を指示するなんて、やっぱり人として何かが壊れている気がします。
しかも指示することが冷酷な上に、結果を急ぐために性急に動いて失敗するし。
こんな上司だったら絶対に仕事を変わりたくなるだろうなあと思うような上司でした(T_T)
じっくりと物事を進め、慎重にテロ組織の内部へとスパイを放っていくヨルダン情報局ハニとは対照的で、
その点もちょっと興味深かったです。

観ていて凄いなあと思ったのは衛星による画像です。
あんなに簡単に対象を追ってしまえるのですね。
どこまで本当かは分からないですけど、街中の雑踏でもすぐに追跡できるなんて
逃げようが無いなあとしみじみ思ってしまいました。
でも、そんなハイテク機器による情報戦も、電話やネットを使わない人の手による昔ながらの伝達には
歯が立たないというのはなるほどですね。
あと、砂漠で車を使って煙幕を張るのも衛星の目で見ていると効果があるのだなあと面白かったです。

『地球が静止する日』でも思いましたけど、やっぱり電話で指示するだけの人って厭だ~と思った1本です(^^ゞ

hitsuji_BODY-OF-LIES.jpg

監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ ラッセル・クロウ マーク・ストロング ゴルシフテ・ファラハニ
2008年 アメリカ 原題:BODY OF LIES
(20081223)

nice!(8)  コメント(15)  トラックバック(5) 

nice! 8

コメント 15

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2008-12-26 12:55) 

くまんちゅう

現場で苦労して計画してきた作戦を台無しにする上司
最低でしたね・・・
アメリカの傲慢さを現しているようでした
ハイテクは凄かったけど使う人が問題ですね
電話だけで解決できたら苦労は無いと思いました
by くまんちゅう (2008-12-26 22:41) 

non_0101

shinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2008-12-26 23:07) 

non_0101

くまんちゅうさんへ
こんばんは。今回、ラッセル・クロウは一人で大国の厭な部分を体現してましたね(^^ゞ
フェリスがホフマンの椅子を蹴飛ばして倒した時、
この人はきっとこのシーンのために増量させられたのだなあと思ってしまいました。
それにしても、あれだけのことをしておいて
「すまん」で済む訳は無いですよね~
by non_0101 (2008-12-26 23:17) 

たいちさん

私は試写会で観ました。三人の騙し合いがポイントの映画ですので、無理に恋愛を噛ませる必要はなかったと思いますね。
by たいちさん (2008-12-27 23:36) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
騙すということは、その人のウィークポイントを突くことなのだなあと
改めて感じました。
闘いを送る日々の中で、ふと優しい女性に惹かれてしまうというところが
彼の一番のウィークポイントだったのですね(^^ゞ
by non_0101 (2008-12-28 11:40) 

コザック

こんばんは。
私が『地球が静止する日』と同じと思ったのは、地球全体の言葉=アメリカの言葉!と思っている人たちが多いんだなぁ~ってことです。
でもこういう作品の中にもそれが全てではない!と言ってくれているところがまだ救われますね。
ディカプリオは近年稀に見る好演でした~。
by コザック (2008-12-28 23:27) 

ふじくろ

観ていてドキドキハラハラしました。
アナログ対デジタルの構図も面白かったです。(^^)
by ふじくろ (2008-12-30 00:36) 

non_0101

コザックさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
> 地球全体の言葉=アメリカの言葉
怖い構図です~
> ディカプリオは近年稀に見る好演でした~
ディカプリオ良かったですね!
こういう役が本当に似合う役者さんになったなあと思います☆
by non_0101 (2008-12-30 22:25) 

non_0101

ふじくろさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ドキドキでしたね~!
それにしても、あんなに簡単に追えなくなるなら
ハイテクにばかり頼ってはダメですよね(^^ゞ
by non_0101 (2008-12-30 22:49) 

由香

こちらにもお邪魔します♪
緊迫感タップリのドラマだったのに、何故か眠気に襲われてしまいました(汗)
レオ君を好きですし、お話も魅力的だったのですが、、、どう~も引きこまれなかったようです。
レオ君の次回作『レボリューショナリー・ロード~』は期待しています!
by 由香 (2009-01-07 16:06) 

バラサ☆バラサ

現場に出ない者は、サラリーマンでも駄目ですからね。
居がちなキャラクターである訳ですが。
by バラサ☆バラサ (2009-01-07 20:08) 

non_0101

由香さんへ
こんばんは!由香さんはいまいちだったのですね~
私は相棒こなごな事件から飲み込まれて
最後はすっかり騙されてしまいました(^^ゞ
『レボリューショナリー・ロード~』は見応えありそうですね。
私もちょっと期待しています☆
by non_0101 (2009-01-09 00:51) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
あのキャラクターはそんなに太る必要があったのかなあと思ったのですけど
昔活躍していて今は…という設定には必要だったのですね~
それにしても「話にいってやるか」みたいな態度を取るあの上司は
かなり厭です(^_^.)
by non_0101 (2009-01-09 00:54) 

non_0101

門前トラビスさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-01-13 12:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5