SSブログ

英国王給仕人に乾杯! [え]

チェコの激動の時代を一人の男の人生を通して描いた作品です。
ナチスに翻弄されたチェコの歴史がちょっと軽快なタッチで描かれていました。

1963年のある日のこと。初老の男ヤン(オルドジフ・カイゼル)が刑務所から出てきた。
14年9ヶ月ぶりの自由を感じて笑顔になったヤンは、政府に指定された場所で暮らしていくことになった。
彼に与えられた仕事は、国境近くの森に囲まれた道路を整備すること。
与えられた家は、戦前ドイツ人が住んでいた村の廃屋だった。
普通の人なら逃げ出すほどの荒れ果てた村だったが、彼は住むために修理を始める。
翌日、道路のための小石を運んでいると、森から人の気配がした。
楽器を製作するための木材を切り出しているグループがいたのだ。
そのグループには刑務所帰りの若い女性が同行していた。
その夜、廃屋で見つけたビールのジョッキを見つめながら昼間に会った女性の健康的な若さを思い出しているうちに、
ヤンはふと昔のことを思い出していた…

軽快な音楽と語りが心地よくて、内容は暗い時代のことなのに何故か面白く観られる物語でした。

人よりも背の低い青年だったヤンは、仕事を転々としながら人生を過ごして来ました。
最初に就いたのは駅のホームでホットドッグを売る仕事です。
彼はコツコツと金を貯めると共に、こっそりと小銭をばら撒くと
身分の高い人も必死に拾い始めるということを知ります。
彼は時々、ばら撒いては密かにほくそ笑んで楽しんでいました。

彼が夢に抱いている希望は百万長者になること。
彼はレストランやホテルの給仕をしていくうちに、客であるお金持ちの仲間に入りたいと密かに思います。
お金持ちになって優雅に楽しく可笑しく暮らしたいと願ったのです。

時代はナチスが台頭し、チェコも侵略されてしまいます。
チェコ市民がドイツ人を毛嫌いしている中、彼はすんなりとドイツ人を受け入れます。
その様子は何も考えていないと言うよりは、力のあるものにつくという感じでしょうか。
もともと背が低いという劣等感のあった彼は、世間に合わせて上手く立ち回るという
ちょっとズルいところもありました。
刑期を終え、静かに自分を見つめられる時を迎えて、彼はそんな過去の自分を理解します。

裕福とは程遠い修理だらけの小屋の中で、美味しいビールを飲みながら
「最高!」と言うヤンの笑顔が、とっても楽しそうに見えた1本です。

hitsuji_I-SERVED-THE-KING-O.jpg

監督:イジー・メンツェル 出演:イヴァン・バルネフ オルドジフ・カイゼル ユリア・イェンチ
2007年 チェコ/スロヴァキア 原題:OBSLUHOVAL JSEM ANGLICKEHO KRALE/I SERVED THE KING OF ENGLAND
(20090210)

nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 7

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-02-12 12:33) 

たいちさん

チェコの映画とは珍しいですね。俳優もまったく知りませんね。逆境の中で生き抜くしたたかさを感じますね。
by たいちさん (2009-02-12 22:06) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私もチェコ映画は初めてかも知れません。
歴史にはとても疎いので、勉強になる作品でした。
> 逆境の中で生き抜くしたたかさを感じますね
そうそう、“したたか”という言葉がぴったりでした(^^ゞ
by non_0101 (2009-02-13 00:24) 

バラサ☆バラサ

チェコと言えばアニメーションですが、本作も洒脱な映画でした。
チェコの人間のセンスの良さというのを感じます。
by バラサ☆バラサ (2009-02-15 23:05) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
チェコはアニメーションが強いのですか。
> チェコの人間のセンスの良さというのを感じます
でしたね~ ちょっとびっくりしたシーンもいろいろありましたけど、
さらっと観られる雰囲気が面白かったです☆
by non_0101 (2009-02-16 12:42) 

江戸うっどスキー

出所しても、他人の女房を色目で見ているヤンが、なんともユニークでした。洒落の効いた楽しい映画でしたね~。
by 江戸うっどスキー (2009-02-17 00:00) 

non_0101

江戸うっどスキーさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
普段、邦画やアメリカ映画を観ることが多いので、
こういうヨーロッパだなあと感じるお洒落な作品に出会うとドキドキします。
女性たちが派手に登場するのに、綺麗に見せているのには感心しました。
15年後のヤンは、容貌は変わったのに中身はあまり変わっていませんでしたね~(笑)
by non_0101 (2009-02-17 11:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3