SSブログ

おっぱいバレー [お]

実話を基にした同名小説を映画化した作品です。
立派な教師を目指そうと頑張る若い教師の心の迷いに共感しつつも、
無邪気な中学生たちの可笑しさに笑ってしまいました(^^)

1972年の北九州。自転車で風を切るように疾走している男子中学生たちがいた。
彼らは80キロの風の中で手をかざすと、おっぱいの感触が体験できるという噂を聞いて挑戦していたのだ。
彼らは果敢に挑戦するが、崖から落ちて終わってしまう。
でも、なんとなく感触が体験できた気がして満足そうだった。
そんな彼らの前に、若くて綺麗な国語教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)が赴任してきた。
彼女は全校朝礼で自分が教師を目指すきっかけとなった高村光太郎の『道程』の話を始めた。
だが日々妄想で頭が一杯の男子中学生たちは“どうてい”から違う言葉を連想して浮き立ってしまう。
そんな男子中学生の心をいまいち理解していない美香子に教頭は男子バレー部の顧問を依頼した。
はりきって承諾の返事をした美香子だったが、まわりの教師たちは不安そうな顔をしていた。
実はその男子バレー部は“バカ部”という異名を持つ、やる気の無い男子5人だけの部だった…

先生のおっぱい見たさに張り切る男の子たちの素直さと頑張る姿が楽しかったです~

1972年の北九州を舞台に、女性教師・美香子と弱小バレー部が織り成す青春ストーリーです。
まったくやる気の無い部員たちを前に、なんとか頑張るパワーを出させたいと思った美香子は
「本気になるなら何でもする」と彼らに言います。
もちろん中学男子のことなど分かっていない彼女の頭には、練習メニューを考えるとかはちまきを作るとか
そんな顧問の先生としての仕事しかありません。
でも、彼らの出した提案は「地区予選で1勝したら先生のおっぱいを見せて」でした(笑)

当然否定をした美香子に向かって、彼らは「なんでもすると言ったのに嘘つき」とがっかりしてみせます。
まあ、それはお決まりのズルイ言葉です。
彼らだってそんな願いがすんなり通るとは思っていないかも知れません。
でも、実は“嘘つき”という言葉は、美香子の弱さを象徴するトラウマ的な言葉だったのです。
つい「私は嘘つきではない!!」と彼女が主張したことで、約束は成立してしまいました(^_^.)
それからの彼らの頑張りようと言ったら…(笑)
最初は強豪校あまりの強さにびっくりして、その練習を邪魔しようと画策します。
でも、美香子の“おっぱいを見たいなら正々堂々と”という言葉をきっかけに
段々と練習へ打ち込むようになっていきました。

一方、物語は美香子の悩みについても触れていきます。
彼女は中学生の時に出会った恩師に“国語の教師になれ”と言われたことがきっかけで教師になりました。
でも、本人は中学生に言い包められてしまうほど頼りない性格を悩んでいます。
彼女は自分が目的も無く彷徨っていた中学時代に、先生によって導かれたように
自分も生徒たちの力になって導きたいと思ってます。
そのために何が出来るのか。彼女は日々悩み、そして悩んでいる自分を不甲斐無いと思っています。
そんな美香子の前に明らかになった、15年前の恩師のエピソードには…
ちょっとほろっとさせられてしまいました(T_T)

それにしても、コミカルな役を演じる綾瀬はるかさんはやっぱり可愛いですね~
彼女の魅力があったからこそ、素直に楽しめる作品でした。
あと、男子バレー部の生徒たちも最高です(^^)
あの等身大の姿には、きっと世の男性陣たちも共感できるかも知れませんね(^^ゞ

観終わった時、あまりの爽やかな余韻に日々の疲れも飛んで、元気を貰った気持ちになった1本です。

hitsuji_oppai.jpg

監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか 青木崇高 木村遼希 高橋賢人 橘義尋 本庄正季 恵隆一郎 吉原拓弥
2009年 日本
(20090409)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は4月18日以降の予定です。

追伸2
帰りに出口で舞台挨拶前のライブの演出に使用した風船を配っていました。
もちろん白地にピンクの文字で“おっぱいバレー”と書いてあります!
そうか、宣伝か… うん、楽しかったから宣伝してあげましょう!と
ちゃんと風船を手に渋谷の街を行き、電車にも乗って帰ってきました(^^ゞ
そんなふうに応援してあげたくなるような素敵な作品でした☆

nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 16

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-04-12 09:11) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-04-12 09:12) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-04-12 09:12) 

たいちさん

自分の中学生時を思い出しても、生徒らの気持ちが良く分かります。私も先生のオッパイが見たいですね。
by たいちさん (2009-04-15 15:18) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
無邪気な中学生のノリが可愛くて楽しかったです~
やっぱり男の子はそう思っちゃうのですね(^^ゞ
特に映画だと先生は綾瀬はるかさんですしね~
それはもう憧れますよね☆
by non_0101 (2009-04-15 22:36) 

twilightkuma

楽しくてほっろっとさせられるいい映画でした。
時速80キロへの挑戦やってましたね(^0_0^)
忘れていましたが、今度車の窓から手を出して
確かめてみることにします(;^_^A

浜田省吾の「風を感じて」が聴きたくて検索したら、
You TnbeにけっこうUPされていました。
by twilightkuma (2009-04-24 22:54) 

non_0101

twilightkumaさんへ
こんにちは☆ 予想以上に楽しくていい映画でした(^^)
“時速80キロへの挑戦”は初めて知りました(笑)
面白いですね~
懐かしい歌もいっぱいでしたね。
私はピンクレディで始まってキャンディーズで終わる選曲に
うわーと思ってしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2009-04-25 12:40) 

コザック

こんばんは。
楽しかったですね~しかも青春映画だった!
女子目線のレビューが見れて参考になりました。
でも、、、中学生の男子なんて半分があんな感じの妄想バカですヨ。
男子の目線は、「おれもそうだった」という懐かしさからの共感なんでしょうね~
80km/hの件は是非お試しあれ!?
by コザック (2009-04-27 00:41) 

non_0101

コザックさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
無邪気な中学生たちが予想以上に楽しくて、爽やかな青春映画でした☆
中学生のノリってこうなのね~と笑い転げていました。
みんなが必死に体験しようとしていたあの感覚は、
もし車から手を出す機会があったら、チャレンジしてみます(^^ゞ
by non_0101 (2009-04-27 12:40) 

都市色

こんにちは。
軽はずみなタイトルとは裏腹に内容も充実した映画でしたね。
綾瀬はるかさんも魅力バクハツでした。
70年代のヒット曲はとても親しみがあります。
by 都市色 (2009-04-28 08:59) 

non_0101

都市色さんへ
こんにちは。こちらにもnice&コメントをありがとうございました!
予想以上に爽やかな青春映画でした~
綾瀬はるかさんもキュートでしたね。
美香子先生が応援したくなる気持ち分かるなあと思いながら観ていました。
懐かしいヒット曲がたくさん出てきましたね。
エンディング曲も楽しそうで好きです☆
by non_0101 (2009-04-28 12:46) 

non_0101

アートフル ドジャーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-05-02 13:00) 

cs

こういう選曲、やっぱりつい反応しちゃいますね。
ほんとに爽やかな余韻でした。
キャンディーズがぴったりだったし。
綾瀬さん、あの一所懸命な感じが素敵でぴったりでした。
個人的には北九州が舞台で光石研さん=教頭先生が出演してたので嬉しかったです。
by cs (2009-05-02 20:48) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
爽やかでしたね~
こんなに爽やかな青春映画とは予想していなかったので
観終わった時ちょっと嬉しくなりました(^^ゞ
キャンディーズも素敵な曲でした。
光石研さんは福岡出身の役者さんなのですね。
怖い人も優しい人もぴったり似合ってしまう演技はさすがですね☆
by non_0101 (2009-05-02 21:30) 

みつかこねか

Nonさん、こんばんは!
パンフレットの売切れ映画館が続出とのことで、
地元の映画館にはなく、新宿で買い求めました。
やはり、綾瀬はるか人気だからでしょうか?
中学・高校の6年間は、バスケット部だった彼女は、
スポーツしている姿はとても様になります。
映画音楽も最高で、久しぶりに聴く永井龍雲の
道標なき旅には、思わず涙してしまいました。

by みつかこねか (2009-05-15 23:55) 

non_0101

みつかこねかさんへ
こんにちは。懐かしい雰囲気と可愛い楽しさで
幅広い年齢層に受け入れられる作品ですね。
パンフレットが欲しくなるのも分かりますね~
あの選曲は本当に素敵でした☆
by non_0101 (2009-05-17 12:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。