SSブログ

愛を読むひと [あ]

ベストセラー小説を映画化し、ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した
ドイツが舞台の人間ドラマです。
1950年代に生まれたひと夏の恋と、その後に明らかになるナチスの罪の記憶が絡み合って
一言では言い表せないような深くて複雑な想いを描いていました。

15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は学校帰りに具合が悪くなり、道端で動けなくなってしまった。
たまたまそこを通りかかったハンナ(ケイト・ウィンスレット)は彼を心配し、家まで送り届ける。
マイケルの病気はしょう紅熱と診断され、高熱を出して寝込んでしまった。
数ヵ月後、ようやく回復したマイケルは自分を送ってくれた親切な女性のお礼を言おうと考えた。
そして記憶を頼りにハンナのいると思われるアパートへ向かうと、果たして彼女はそこに住んでいた。
花束を渡して帰ろうとするマイケルに、ハンナは仕事に出るから一緒にそこまでと言って
着替えるまで彼に外にいるように指示する。
素直に外にでたマイケルだが、ドアの隙間からハンナの着替えを見てしまい、慌てて逃げ出してしまった…

少年の頃に抱いた純粋な恋心が、戦争という過去の罪に囚われて
なんと複雑な愛になってしまったのだろう…と胸が痛くなりました(T_T)

15歳のマイケルが出会った美しく愛しい人ハンナ。
毎日のように逢瀬を重ね、彼はハンナへの想いで心をいっぱいにしながらひと夏を過ごしました。
ハンナはマイケルの読む朗読が好きで、いつも新しい本を楽しみにしていました。
でも、彼女は突然にマイケルの前から姿を消してしまいます。
そして次に彼女と出会ったのは、法科の学生となったマイケルがゼミで傍聴に行った法廷でした。
ハンナは戦時中にナチスの収容所の看守をしていたのです。

彼女はとても真面目な性格でした。
看守の業務も、ただ仕事として真面目に勤めていただけなのですけど、
彼女はその真面目さがどれくらいの犠牲者を出したかを全く理解していませんでした。
ハンナの過去を初めて知ったマイケルは、その罪の大きさに重大な決断をしてしまいます。
それはハンナの生涯を左右するものとなり、マイケルの心にも大きな影を落としてしまいました。

人生を変える恋。
その恋に囚われたままだった青年はハンナを遠くに感じながらも愛と罪の意識を持ち続けます。
文字通り、彼は人生を変えられてしまったのです。
大きな秘密を抱えたことで他人に心を開けない人間となってしまったマイケルの人生は
決して幸せに満ちたものではありませんでした。
それでも彼はハンナへの想いを少しずつ彼女へ届けていきます。
ただし、その想いは少年の頃に抱いた純粋な愛とは大きく離れたものになっていました(T_T)

二人の恋の結末を切なく思いながらも、戦争という罪はどこまで人を苦しめていくのだろうと
何とも言えない気持ちになった1本です。

hitsuji_THE-READER.jpg

監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット レイフ・ファインズ デヴィッド・クロス
2008年 アメリカ/ドイツ 原題:THE READER
(20090602)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は6月19日以降の予定です。

nice!(6)  コメント(13)  トラックバック(13) 

nice! 6

コメント 13

たいちさん

ケイトの好演で評判の良い映画ですね。ナチ絡みの映画は、好きではありませんが、この映画は、ちょっと違った感じですね。機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2009-06-03 12:05) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-04 00:35) 

non_0101

shinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-04 00:45) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-04 00:46) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
愛の物語なのですけど、戦争の影ともにかなり哀しい愛になっていました。
ケイト・ウィンスレットはさすがの演技でした~
彼女を観るだけでも見応え充分ですので、
機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2009-06-04 00:51) 

たいちさん

6月9日の試写会が当りました。楽しみにしています。
by たいちさん (2009-06-04 22:31) 

non_0101

たいちさんへ
良かったですね\(^-^)/
たいちさんの感想を楽しみにしています☆
by non_0101 (2009-06-04 23:35) 

バラサ☆バラサ

non_0101さん含め、皆さんの評価が軒並み高くて、ケチつけているの私だけみたいです。
ケイト・ウィンスレットが好きでないので、私の目が曇っているのでしょうか(笑)。
by バラサ☆バラサ (2009-06-23 23:37) 

キキ

こんにちは。
ハンナの裁判に場面が変わってから展開が面白くなりました。
私ならぺろんと告白しちゃうのに・・・なんて思ったりして(^.^;
ハンナにとっても生涯の恋。
女性向きの映画なのかも。
by キキ (2009-06-24 07:58) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
一筋縄ではいかない愛の行方にやられました。
そのうち原作にも挑戦してみたいです☆
by non_0101 (2009-06-24 12:34) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私も言ってしまうかも…です。
あの秘密の重さは彼女ならではですね。
彼女の生い立ちとか、社会情勢とかをちょっと知りたくなりました。
確かに女性向きの映画かも知れませんね(^^ゞ
by non_0101 (2009-06-24 12:38) 

由香

こんにちは~♪
とても深い物語ですし、ハンナとマイケルの心ははかりかねるところがありましたが、それでも心に沁みましたね~

>彼女はその真面目さがどれくらいの犠牲者を出したかを全く理解していませんでした
そうでしたね、、、悲しい事に彼女は少しそういうところが欠落していたのでしょうね。

>その恋に囚われたままだった青年はハンナを遠くに感じながらも愛と罪の意識を持ち続けます。
文字通り、彼は人生を変えられてしまったのです
マイケルの人生も切なかったですね・・・
複雑な心情を孕んだ登場人物をケイトやお二人のマイケルが好演してくれて、、、とてもいい映画だったなぁ~と思います。
by 由香 (2009-07-01 13:58) 

non_0101

由香さんへ
こんにちは☆ 見終わった後、しばらく考えさせられる物語でした~
あまりにも切なかったので、原作はもう少し勇気が出たらチャレンジしてみようかな。
主演の二人は本当に良かったですね!
この二人だからこそ、素晴らしい作品が出来上がったのでしょうね(^^)
by non_0101 (2009-07-02 12:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13