So-net無料ブログ作成

群青 愛が沈んだ海の色 [か行]

宮木あや子著の同名小説をもとに描かれた心の再生の物語です。
沖縄の風景の中に映し出された美しい青色がとても印象的な作品でした。

沖縄の小さな島で幼い頃から一緒に育った凉子(長澤まさみ)、一也(良知真次)、大介(福士誠治)は
いつも仲の良い3人組。
中でも幼い頃に母を亡くして父に育てられた凉子は明るくて元気な女の子で、
負けず嫌いの一也とは喧嘩になることもあったが、すぐに仲直りをして笑顔になっていた。
中学卒業後、凉子と大介は島外の高校へ入学し、一也は島に残って漁師となった。
女手1つで母に育てられた一也は、早く働いて母を助けたいと思っていたのだ。
3人が離れ離れになることは寂しかったが、それでも学校の休みで里帰りしている時は
いつも3人で会っていた。
だが、二人が高校卒業を迎えた18歳の春、二人は一也へ島を離れる予定だと告げた。
特に凉子が島を離れていくことにショックを受けた一也は
胸に秘めていた彼女への想いを歌に乗せて伝えた…

深くて青い海に囚われてしまったような哀しみが全体に漂っている感じのする作品でした。

療養のために島に来た病弱な母と漁師の父との出会いは、母の奏でるピアノです。
美しいピアノのメロディに惹かれた若き父は、彼女の健康を願って美しい珊瑚を贈ります。
再び生きる希望を持った彼女は若き父と結ばれますが、病気が再発し幼い娘を遺して亡くなりました。
その娘が涼子です。

涼子は元気に美しく育ちました。そして幼なじみの一也と愛し合うようになります。
彼女と一也は結婚を望みますが涼子の父に若すぎると反対されます。
一也は一人前の漁師だと証明するために、涼子の父のように美しい珊瑚を見つけようと探し始めます。
でも、無理をしすぎた彼はそのまま帰らぬ人となってしまいます。
愛する人を死に追いやったと知った涼子は、ショックのために精神を壊してしまいました。

涼子には母の記憶がありません。
彼女にとって母はピアノであり、母の書いた“RYOKO”という名の曲です。
でも、一也を亡くした後の涼子にとっては、唯一心を開いて助けを求められる人でした。
亡き母への愛と一也への愛。その二つの想いが彼女の心の支えとなっていきます。
そして、今は亡き一也の心を彼女に伝えてくれたのは、命がけで彼女への愛を伝えようとした
もう一人の幼なじみの大介でした。

愛する人を亡くした哀しみはいつまでも心に残ります。
でも同時に、心の中には一緒に遊んで笑った楽しい記憶がいっぱいつまっています。
青い光と共に記された想いと哀しみを感じながらも、静かな優しさを感じた1本です。

hitsuji_gunjuo.jpg

監督:中川陽介 出演:長澤まさみ 佐々木蔵之介 福士誠治 良知真次 田中美里 洞口依子
2009年 日本
(20090617)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は6月27日以降の予定です。

nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 10

non_0101

kazukazuさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-19 12:45) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-19 12:45) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-19 12:45) 

non_0101

あんぱんち〜さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-19 12:46) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-20 08:29) 

non_0101

NOBUさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-20 08:30) 

non_0101

yuki999さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-20 08:30) 

non_0101

DSilberlingさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-21 09:46) 

たいちさん

愛する人を死なせ、そのショックで精神を壊すヒロイン。「愛」について考えさせられる映画のようですね。
by たいちさん (2009-06-21 10:28) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
実はこの作品、テーマが愛なのか、島なのか、
それとも人を喪った時の残された人の心についてなのか
観る人によって感じるものが変わってくるような作品です。
観終わった時に感じた静けさは何だろうなあと今でもちょっと考え中です(^^ゞ
by non_0101 (2009-06-21 17:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2