So-net無料ブログ作成

サンシャイン・クリーニング [さ行]

『リトル・ミス・サンシャイン』のチームが作った心温まる物語という触れ込みで
とても気になっていた作品です。
小さな町に住む二人の姉妹を巡るストーリーは『リトル・ミス・サンシャイン』よりも
かなり切実で切ないですけど、やっぱり心温まる物語でした。

ハウスキーパーをしているローズ(エイミー・アダムス)は30代のシングルマザー。
小学生の息子オスカーを養うために必死に働いていたが、仕事には漠然とした不満を抱えていた。
ある日、オスカーが学校で問題を起こし、校長に呼び出された。
仕事着のまま向かうと、これで3度目となる呼び出しに校長と担任は困りきった顔をしている。
ローズが事情を聞くと、先生たちは今日のオスカーは壁でもなんでもなめるというのだ。
オスカーを病院へ行って治療をした方がいいと勧める校長に、ローズは怒りを覚える。
こんな学校は辞めさせる!と堅く心に誓うローズだったが、私立学校へ行くのなら大金が必要になる。
とてもハウスキーパーの給料では足りなかった…

失敗ばかりで辛い人生を送っている姉妹&父の物語です。
1つの家族と彼らに関わる人々を見つめながら、それでも前向きに生きていこうとする姿を
温かい視線で描いていました。

それにしても主人公たちはダメダメなところがいっぱいです。
姉のローズはシングルマザーで高校時代からの恋人と不倫中。
30歳を過ぎても、夜間学校に行くと嘘をついて、
妹ノラ(エミリー・ブラント)に息子の世話を頼みながら定期的に逢引をしている。
でも、彼の奥さんは二人目を妊娠中で、彼女は行く先の見えない恋に不安を抱いています。

また、妹のノラは何をしても失敗ばかり。今でも自立できずに父の家で暮らしています。
集中力が無くて、いつもどこかへ心が飛んで行っているような彼女は
バイト先のダイナーでトレーをひっくり返す失敗をし、とうとう首になってしまいます。
そんな失敗をする自分に嫌気がさすのですけど
父と姉が心配するものだから、尚更居心地が悪いです。

息子も落ち着きが無くて問題ばかり起こすし
ローズにとっては唯一頼りになる父(アラン・アーキン)も
商売っ気を出して大損をしてしまいます。
何とも気の毒な家族たちなのです。

それでも彼らは今の状況を変えたいと前向きに考えていきます。
そこで思いついたのは事件現場のクリーニングです。
最初は何も知らずにごみを捨てて大迷惑をかけますが、段々と軌道に乗ってきて
二人ともこの仕事が遣り甲斐のあることだと感じ始めます。
講習を受けながら専門知識をきちんと学び、どんどんプロらしい顔つきへと変わっていきます。
でも、とても順調そうに見えたこの仕事も簡単にはいきませんでした。

それにしても、アラン・アーキンはいいですね~
エイミー・アダムスとエミリー・ブラントの姉妹の演技も良かったですけど、
あのちょっと変わり者だけど愛がいっぱいのおじいさんが似合うのはやっぱりアラン・アーキンです。
孫息子を無条件で褒め称えながら、決してひがまないように導きます。
私にもこんなおじいさんがいたらなあと思ってしまいました(^^ゞ

観終わった時、3人の新たな一歩に頑張る気持ちを貰ったような気がした1本です。

hitsuji_SUNSHINE-CLEANING.jpg

監督:クリスティン・ジェフズ 出演:エイミー・アダムス エミリー・ブラント アラン・アーキン ジェイソン・スペヴァック クリフトン・コリンズ・Jr
2008年 アメリカ 原題:SUNSHINE CLEANING
(20090629)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は7月11日以降の予定です。

nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 16

たいちさん

最初4館上映からスタートし、600館以上で上映された大ヒット作品のようですね。事件現場の清掃業とは、日本でもあるのかなあ。気になる作品ですね。
by たいちさん (2009-07-01 14:24) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-07-02 12:42) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました
by non_0101 (2009-07-02 12:42) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-07-02 12:43) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
よく考えるとかなり不幸な家族なのですけど、
でもそこから抜け出そうともがいている姿には共感しました。
事件現場の清掃業は映画でも資格の必要な専門職みたいでした。
日本だとどうなのでしょうね(^^ゞ
by non_0101 (2009-07-02 12:46) 

non_0101

yuki999さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-07-02 12:46) 

KLY

オーソドックスな成長物語でしたねー。
結構こういうの私は好きなんですよ。^^
ローズもノラもダメダメですが、父ちゃんのジョーが一番ダメダメでしたね。
もう、オスカーにかける言葉なんて典型的ダメ人間の思考だし。(笑)
母親の姿をテレビで観たノラとローズのシーンでちょっと感動しました。

ところで『ダウト』では一番若かったエイミーですが、今回はお姉さん役。
なんだかちょっと老けて見えたように感じました。

by KLY (2009-07-13 00:33) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
こういうほのぼのとした雰囲気の成長物語はいいですよね~☆
よく考えるとかなりダメダメな家族なのですけど、そのダメさを補うくらいの
前向きなパワーが好きだなあと思いました(^^)

> なんだかちょっと老けて見えたように感じました
そうですね~苦労している役とは言え、かなり落ち着いた雰囲気でした。
もしかしたら、今回のエイミーは年齢に似合った役だったのかも知れませんね☆
by non_0101 (2009-07-14 00:35) 

かえる

こんばんは。
コメントありがとうございましたー。
あたたかな視線がよかったですよねー。
母ひとりのアンバランスさを補うように、男同士の大らかさをもって孫と接するおじいちゃんの存在が印象的でしたー。
by かえる (2009-07-20 01:20) 

non_0101

かえるさんへ
こんにちは。こちらこそご訪問をありがとうございました!
おじいさん良かったですね~
孫の才能や可能性を伸ばしていくような思考が好きです(^^)
こんなおじいさんと一緒だったら、きっといい子に育つ気がしました☆
by non_0101 (2009-07-20 07:17) 

江戸うっどスキー

子どもを支える大人たちの懸命さも、良かったですね。
元気を貰える様な映画でした。

by 江戸うっどスキー (2009-07-23 22:48) 

non_0101

江戸うっどスキーさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
> 子どもを支える大人たちの懸命さも、良かったですね
お祖父さんがオスカーへ語る前向きな言葉も良かったですけど、
妹ノラがオスカーにプレゼントする“タトゥーシール”という発想は
すごいなあと思いました。
こういう素敵な発想って、真面目に考えているだけでは出てきませんよね☆
by non_0101 (2009-07-23 23:32) 

コッスン

妹のノラを演じたエミリー・ブラントが
とてもよかった。
今後の活動に期待してしまいます。
それぞれが成長できてよかったです
by コッスン (2009-07-25 22:35) 

non_0101

コッスンさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
エミリー・ブラント良かったですね~
特に二カッと笑いながらオスカーにかっこよさを説くシーンは好きです。
物語の中では、ノラの将来が一番不安に思ったのですけど
ぜひ、良い方向に行って欲しいなあと願ってしまいました☆

by non_0101 (2009-07-26 08:12) 

バラサ☆バラサ

「リトル・ミス・サンシャイン」の突き抜けたヤケクソさは無かったですけど、アラン・アーキンが相変わらずで良かったですね。

できれば、ウィンストンにもう少し活躍の場を。
by バラサ☆バラサ (2009-08-10 01:04) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんにちは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
アラン・アーキンいいですよね~
あんなお祖父さんが欲しいなあとちょっと思ってしまいます。
ウィンストンはとってもいい人でしたね。
彼の過去はちょっと知りたかったです☆
by non_0101 (2009-08-10 12:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13