SSブログ

それでも恋するバルセロナ [さ行]

ペネロペ・クルスのアカデミー賞受賞で話題になったウディ・アレン監督の最新作です。
終了間際の観賞なのに劇場は満員!
観始めると大人気も納得の面白さで、3人の女性と1人の男性が織り成す恋と人間関係にドキドキでした~

結婚間近で修士論文を抱えていたヴィッキー(レベッカ・ホール)と
初監督の短編映画の出来がいまいちで傷心のクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)は
ヴィッキーの親戚であるナッシュ夫妻が住むスペインへとやって来た。
ナッシュ夫妻の温かい歓迎を受けて喜んだ二人は、早速、建物が美しいスペインの観光を楽しんでいた。
そんなある日、クリスティーナはある画家のパーティでひとりの男に目を留める。
その赤いシャツの男は誰かとナッシュ夫妻に聞いたところ、
最近、派手な離婚をして話題になった画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)だと教えられた。
その日の夜、レストランでヴィッキーとクリスティーナが食事をしていると、同じ店にフアンがいるのに気付く。
彼が気になるクリスティーナの視線を受けてか、フアンは立ち上がると二人のテーブルへとやってきた。
そして二人に一緒に週末を過ごさないかと提案してきた…

主人公たちが悩みながらも愛に向かっていく姿が、何故か妙に可笑しかったです~

優しさと堅実安定を信条に、理想の婚約者との結婚が控えているヴィッキー。
自分探しをしながら、心の赴くままに恋を楽しもうとするクリスティーナ。
心から結ばれているはずの愛する妻マリア(ペネロペ・クルス)と上手く行かずに離婚したフアン。
そして、やはりフアンを愛しているのに衝突ばかりしてお互いを傷つけてしまうマリア。
この4人を織り成す物語は何とも不思議な雰囲気でした。
(途中は、そんなくっつき方があるのですか!?とドキドキでした(^^ゞ)

それにしても、さすがはウディ・アレン監督ですね~
テンポの良い会話と気の効いた台詞で観る者を楽しませてくれます。
そして、最高のキャスト!この4人が本当にぴったりで、安心してストーリーを堪能できました(^^)

スペインへ降り立った時のワクワクした表情とスペインから帰ってきた時の疲れた表情を観て
何とも言えない余韻と共に、「それでも恋するバルセロナ」という邦題って意味深だなあと感じた1本です。

hitsuji_VICKY-CRISTINA-BARC.jpg

監督:ウディ・アレン 出演:スカーレット・ヨハンソン ハビエル・バルデム レベッカ・ホール ペネロペ・クルス 
2008年 アメリカ 原題:VICKY CRISTINA BARCELONA
(20090804)

nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 12

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-05 12:45) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-05 12:46) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-05 12:46) 

たいちさん

いかにもバルセロナを舞台にした映画ですね。私はバルセロナへ2回行き、妻は一時住んでいたので、気になる映画ですね。
by たいちさん (2009-08-05 16:36) 

KLY

スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスが好きなんで、この2人を見ているだけでも満足な作品でした。(笑)それにしてもウディ監督はスカーレットの撮り方が上手いです。あの唇の撮り方だけで実に官能的でした。「そんな彼なら捨てちゃえば?」では下着になっていましたけど、むしろそちらより良かったと思うくらいです。^^
by KLY (2009-08-05 22:55) 

non_0101

siroyagiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-06 06:50) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
コミカルでちょっと不思議な人間関係と美しい建物が印象的な作品でした。
うわー奥様は住んでいたことがあるのですか!?
では、この映画を観たら懐かしく感じるかも知れませんね。
公開はそろそろ終わりそうですけど、何かで機会がありましたら
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2009-08-06 06:55) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-06 06:56) 

non_0101

写真集マニアさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-06 06:56) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスはキラキラしていましたね~
とくにペネロペの存在感はさすがでした。
スカーレットは監督に愛されていますよね。
今の彼女の魅力が最大限に映し出されているなあと感じました☆
by non_0101 (2009-08-06 07:02) 

coco030705

こんばんは。TBもありがとうございました!

ウディ・アレン監督が好きなので、どの作品もいいところがあると思っています。
これも登場人物の性格やものの考え方がくっきりと描かれて、わかりやすく、その関係性がおもしろかったですね。
ウディはラブシーンもそんなにカゲキな描写はしないので、それがいいところだと思います。俳優が嫌がることはしない監督なんじゃないかと思います。それでいて、その人の持ち味や、新境地を引き出すような演出はやはり天才的といえるかもしれませんね。
とてもおもしろい作品でした。
by coco030705 (2010-05-18 23:35) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私はウッディ・アレン監督作をあまり観ていないのですけど、
“その人の持ち味や、新境地を引き出すような演出”には納得です。
今回も最高のキャストでしたね~!
「夢と犯罪」はつい見逃してしまったので、いつかチャレンジしたいです☆
by non_0101 (2010-05-19 12:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8