So-net無料ブログ作成

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [さ行]

ロサンゼルスを舞台に不法滞在者たちの生き様を描いた群像劇です。
ハリソン・フォード演じる移民局捜査官の苦悩と共に
悲喜こもごもの運命を辿る人々の姿が心に残る作品でした。

不法滞在者たちの働く工場に一斉捜索の手が入った。
逃げ惑う大勢の不法就労者たちを探す中で、捜査官マックス(ハリソン・フォード)は
一人の若い女性ミレヤ(アリシー・ブラガ)が物陰に隠れているのを見つける。
子供がいるのと懇願するミレヤの姿に見逃そうかという迷いも起きたが、
その迷いを若い捜査官仲間に指摘されて結局は逮捕する。
移送車に乗り込む間、彼女は涙ながらに幼い子供を預けている部屋の住所をメモしてマックスに渡すが
それも仲間に目撃されたため、マックスは彼女の観ている前で捨ててしまった。
一日の仕事が終わって帰宅した後、ミレヤが気になって仕方なかったマックスは
彼女の移送された拘置所へ連絡を入れ、様子を問い合わせた。
だが、彼女は既に強制送還させられた後だった…

観終わった時、“自由の国”は遠い夢になってしまったのだなあとため息が出ました(T_T)

一人で息子を育てるために、メキシコから働きに出てきたミレヤ。
彼女はアメリカに取り残された息子が心配で、再び不法入国を試みます。

女優になる夢を見ているオーストラリア出身のクレア(アリス・イヴ)。
彼女はグリーンカードを発行できる役所の男コール(レイ・リオッタ)と偶然に出会い、
カードと引き換えに理不尽な強要をされてしまいます。

歌手として活躍していくためにグリーンカードを必要としたギャヴィン(ジム・スタージェス)は、
不慣れなヘブライ語を覚えてラビの真似をしようとします。

3歳の時からアメリカで暮らしてきた少女タズリマ(サマー・ビシル)はハイスクールの授業で
911事件の犯人たちが行動した意味を考えようという意見を発表して人生を大きく変えてしまいます。
自由な発言を保障されていると信じていたタズリマは自分の身に起きた状況に呆然とします。

韓国出身の高校生ヨン(ジャスティン・チョン)は悪い仲間たちに誘われ、
アメリカ国籍を取得する宣誓式の前日に強盗殺人事件へ巻き込まれてしまいます。

そして、マックスの相棒でイラン出身のハミード(クリフ・カーティス)は
家族の中で唯一アメリカ生まれで、家族に馴染めなくなっていた妹を殺人事件で亡くします。
アメリカ流の自由の中で生きて来た妹は、ハミードや彼の父の知るイスラムの家風の中では
もう生きて行けなくなっていました。

そんなアメリカで生きて行きたいと願う人々を取り締まる移民局の捜査官マックスや
不法滞在者を理不尽な状況から救おうと奔走する弁護士デニス(アシュレイ・ジャッド)は
自分たちの力の無さを実感しながらも、自分の良心に従って行動しようと試みます。
彼らのような現場の人間たちの良心だけが不法滞在者の救いになっているような今、
国として閉ざされた状況の中で起きるそれぞれの出来事にはとても考えさせられました。
そして、マックスやデニスの力は大きな流れの中では本当に小さい光でしかないと感じました。

『扉をたたく人』とはまた違った雰囲気で描かれた不法滞在者の現実に
アメリカの変化の大きさと911事件の影響の大きさを改めて実感させられた1本です。

hitsuji_CROSSING-OVER.jpg

監督:ウェイン・クラマー 出演:ハリソン・フォード クリフ・カーティス アリス・イヴ レイ・リオッタ アリシー・ブラガ サマー・ビシル ジム・スタージェス
2009年 アメリカ 原題:CROSSING OVER
(20091004)

nice!(12)  コメント(18)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 18

hash

考えさせられる映画でした。
中でも、ハミード一家のエピソードは、文化の違いとは言え、強烈でした。
日本でも親だけ強制送還させられたフィリピン人一家が話題になっていたように対岸の火事と眺めてはいられない問題ですね。
by hash (2009-10-05 01:37) 

KLY

移民問題の様々な現実が見れたことが勉強になった
作品でした。必ずしもグリーンカードを取れたからといって
喜ばしいことだけでもなく、はたまたマイノリティの問題だ
と思いがちだけども、白人であるオーストラリア人にもこの
問題は降りかかっていたりするんですね。知りませんでした。
役人の「グリーンカードは成功するチャンスをもらっただけ」
という言葉がアメリカ的で印象深かったです。
by KLY (2009-10-05 01:43) 

non_0101

hashさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に考えさせられました。
以前は悪事を働かなければ黙認されていたような気もするのですけど
今では本当に厳しくなってしまったという現実が辛かったです。
ハミード一家のエピソードは悲しいですね。
あんなふうな結果になるとは…
by non_0101 (2009-10-05 12:51) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
私も本当に勉強になりました。特に学校の授業での発言があそこまで大きくなるなんて
かなり衝撃的でした(T_T)
そう言えば、最近予告編でよく観る『あなたは私の婿になる』の主人公も
カナダ出身で長年働いてきたのに同じ問題で結婚を考えるのですよね。
あれはコメディですけど、根は同じなのですね。
そう考えると、ラブコメとは違う視点でも見てしまいそうです(^^ゞ
by non_0101 (2009-10-05 12:58) 

non_0101

livly-cuさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-05 12:59) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-05 12:59) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-05 12:59) 

non_0101

トメサンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-05 12:59) 

non_0101

ほりけんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-05 23:13) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-06 12:48) 

livly-cu

こんばんは。
ご訪問、niceありがとうございました。
見たことない映画ですけど、考えさせられる題材で
いつか見たいと思ってる映画です。


by livly-cu (2009-10-06 22:07) 

non_0101

livly-cuさんへ
こんばんは。こちらこそ、nice&コメントをありがとうございました!
昔から歴史や社会の授業が苦手だったのですけど
こういう映画に出会って世界の情勢を知ると、とても考えさせられます。
私もまたいつか見直してみたいなあと思いました☆
by non_0101 (2009-10-07 00:58) 

non_0101

月夜さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-07 00:59) 

たいちさん

日本では実感が湧きませんが、移民の問題はアメリカでは大きいですね。映画はその一部を紹介しているだけでしょうね。アメリカの影の部分を知る上にも、観る必要がありそうですね。
by たいちさん (2009-10-07 13:04) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
とても勉強になる作品でした。
アメリカン・ドリームがここまで変化しているとは知りませんでした~
こういうストーリーが描かれてしまうような状況にあるのだなあと考えると
911の起こした影響の大きさに改めて驚かされました☆
by non_0101 (2009-10-07 22:53) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-11 13:46) 

non_0101

アートフル ドジャー さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-19 12:34) 

non_0101

さとまろさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-19 12:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8