SSブログ

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [う]

太宰治著の同名短編小説を松たか子さん&浅野忠信さん主演で映画化した作品です。
この作品も公開前から気になっていたのですけど、観るのが遅くなってしまいました。
もっと早く観れば良かった~!と思うような、とても心に残る作品でした。

ある夜のこと。大谷(浅野忠信)が夜道を走って帰ってきた。
彼は家の中に駆け込んで引き出しを開けると、何やら探し物を始めた。
そんな物音で目の覚めた妻・佐知(松たか子)が布団から出て話しかけると
彼は驚いた顔をして「起きていましたか」と言った。
その時、外から玄関の戸を叩く音が聞こえて来た。誰かが大谷の後を追ってきたらしい。
仕方なく大谷が戸を開けると、そこには二人の男女が立っていた。
金を返せという二人に向かって大谷は逆切れし、仕舞いにはナイフで脅しながら逃げ出してしまう。
そんな様子を観ていた佐知は夫に代わって二人に誤り始めた…

松たか子さん演じる佐知の不思議な強さが印象的でした~

太宰治本人をモデルにしたと言われているダメ男大谷と彼の妻・佐知の姿を描いた物語です。
本を読むのは好きな私ですけど、実は太宰治の本はほとんど読んでいません(^^ゞ
彼の独特な世界にどうも手が出せず、『ヴィヨンの妻』も未読のまま映画を観てみました。

今回、映画を観てみて、大谷をはじめとする男たちのダメさに比べて
佐知はなんと潔いのだろうと感じました。
彼女は黙って耐えているわけではありません。
その時々で文句も愚痴も言うし、しっかり正面きって怒ります。
一方の大谷というと、彼女の怒りに耐えられずに俯くばかりです。
その対照的な強さと弱さが、佐知には気の毒なのですけれど
何ともいいコンビのように感じました。

それにしても松たか子さんをはじめとする役者さんたちの演技が良かったです~
松さんの演じた、凛とした雰囲気を持つ佐知。
浅野さんの演じた、自暴自棄で自堕落な生活を送りながらも、どこか品を失っていないように見える大谷。
そして佐知に片想いをする工員の岡田(妻夫木聡)や弁護士の辻(堤真一)。
特に男3人のキャラクターの違いをそれぞれの俳優さんがしっかりと表現していて、
彼らの佇まい一つ一つが佐知に少しずつ影響を与えているように感じました。

観終わった時、一筋の光のように何にも負けることの無い佐知の存在を感じました。
原作にこだわった丁寧な口調の台詞回しも良かったです。
「私たちは生きていればそれでいいのです」と言い切った佐知の強さに
観ているほうも小さな勇気を貰った気がした1本です。

hitsuji_viyon.jpg

監督:根岸吉太郎 出演:松たか子 浅野忠信 室井滋 伊武雅刀 広末涼子 妻夫木聡 堤真一
2009年 日本
(20091209)

nice!(15)  コメント(22)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 22

由香

こちらにもお邪魔します♪

鑑賞されたのですね~
この映画はとても好きでした。
原作の持つ独特の雰囲気がよく表現されていたし、俳優さんたちも素晴らしかった!特に松さんと浅野さんの上手さには脱帽です。

佐知は不思議な女性でしたね~
凛とした強さが眩しかったです。
by 由香 (2009-12-11 12:19) 

non_0101

由香さんへ
こんにちは。こちらにもコメント&TBをありがとうございました!
私も思っていた以上に良くて、好きな1本になりました(^^)
> 特に松さんと浅野さんの上手さには脱帽です。
あの二人のやり取りが醸し出す緊張と愛情の表現にはやられた~と思いました。
特に最後の方で大谷が佐知に「何かありましたか?」と鋭く訊いた時は
ドキドキしてしまいました。

佐知は本当に不思議な強さを持つ女性でしたね。
あの“凛とした強さ”にはあこがれます☆
by non_0101 (2009-12-11 12:50) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-11 12:50) 

non_0101

tooshibaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-11 12:51) 

たいちさん

私は試写会で観ました。太宰治のいろんな作品が散りばめた映画ですので、それを探すのも楽しみ方の一つですね。松たか子は、何か賞を獲る予感しますね。
by たいちさん (2009-12-11 14:45) 

ひきばっち

こんばんは♪
私もこの作品、大好きなんですよ(^^♪。
この映画の“佐知”役で、松たか子さんのファンになりました!
貧乏な役であるにもかかわらず、そこはかとなく“気品”がある
んですよね~・・。
大谷役の浅野さんも、「ろくでなし」なのに、どことなく“品格”があり
ますね~。
やはり、文語体をある程度そのままセリフにしたのが、よかったので
しょうかね・・・。
この映画は上映中にもう一度観たい作品です・・。

by ひきばっち (2009-12-11 22:02) 

ムース

セットがやや安っぽいのが残念。意外にも良かったのが広末の悪役・・・ではなかったでしょうか。
総合的にはよく出来ていると思いました。
by ムース (2009-12-11 23:16) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
いろいろな作品が散りばめられているのですか!
私は「御伽草子」くらいしか読んでいないのです~
いつか本を読破することがあったら、この作品を見直してみたいです。
松たかこさんは本当に素晴らしかったですね☆
by non_0101 (2009-12-12 01:32) 

non_0101

ひきばっちさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
もっと重そうなイメージを持っていたので
こんなに好きになれる作品だとは思っていませんでした(^^ゞ
全体的にじめじめした感じがないところがいいですね~
あと文語体の台詞の持つ美しさも好きです。
久々に綺麗な日本映画を観たなあという感じがしました☆
by non_0101 (2009-12-12 01:37) 

non_0101

トメサンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-12 01:38) 

non_0101

成瀬さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-12 01:40) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-12 01:41) 

non_0101

soneさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-12 01:41) 

non_0101

ほりけんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-12 01:42) 

non_0101

ムースさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
“よく出来ている”映画でしたね。素敵な日本映画に出会った気がしました☆
広末さんのあの笑顔が何とも言えない雰囲気を醸し出していましたね~
「ゼロの焦点」も早く観なくては(^^ゞ
by non_0101 (2009-12-12 01:47) 

cs

この作品はもちろん原作もしっかりあるものですが、脚本として松さんが演じることを前提に書かれているとのことで、その理由が深く納得の作品になっていたように思います。
堤さんも妻夫木くんも、浅野さんもそれぞれ自分の都合でやはり身勝手に映る男性に比べ、やはり女性はこの時代のいろいろな不自由がある中でも本当に芯があって揺るぎない、強さが印象に残りました。
種田陽平さんの美術も素晴らしくて、ほぼ全編セット撮影なのに、その映像の独特の品格が感じられました。

自分も「ゼロの焦点」を終わってしまう前になんとか間に合うようにしなくては。
by cs (2009-12-20 19:10) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
松さんは輝いていましたね~!
特にどんどん美しくなって強いオーラを発していく姿には圧倒されました。
彼女の周りに登場する3人の男優さんたちも良かったですよね。
こういう作品に出会う度に、日本映画っていいなあと思います☆
by non_0101 (2009-12-21 00:52) 

non_0101

shinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-21 00:53) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-21 01:00) 

non_0101

yabonnjinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-21 01:00) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-21 01:01) 

non_0101

かものはしさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-03-22 01:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7