SSブログ

かいじゅうたちのいるところ [か行]

同名の絵本をスパイク・ジョーンズ監督が映像化した作品です。
予告編を観た時からとても楽しみにしていました。
孤独な少年の異界への冒険を描いた物語は
映し出されているすべてが愛しくなるような、とても優しい気持ちになるファンタジーでした(^^)

母と姉の3人で暮らしている8歳のマックス(マックス・レコーズ)は今日も一人で遊んでいた。
年の離れた姉は友達と遊ぶのが楽しくて、幼い弟のことは相手にしてくれないし、
優しいママ(キャサリン・キーナー)も恋人を前にするとマックスの方を見てくれない。
寂しくて振り向いて欲しいマックスがつい母の邪魔をしてしまったところ、
いつもは優しい母も堪忍袋の尾を切らして癇癪を起こしてしまう。
暴れて噛み付いた母に振り落とされてしまったマックスは、泣きながら家を飛び出してしまった。
母も直ぐにマックスを追いかけるが、マックスの逃げ足が速く取り残されてしまう。
そして、マックスは海岸にあったボートにひとり乗り込み、大海原へ進みだしてしまった…

かいじゅうたちの暖かそうな毛に触ってみたかったです~

小柄で繊細そうにみえる少年が主人公の物語です。
小さな身体にいっぱいのエネルギーを持っている少年は
いつも愛する人に自分のことをかまって欲しいと思っています。
愛しているのは年の離れた姉と優しくて頼もしい母。
でも二人はそれぞれの生活に忙しく、なかなかマックスの思うように遊んでくれません。
そして、マックスは家を飛び出して、かいじゅうたちの住む世界へとたどり着いてしまいます。

見知らぬ大きなかいじゅうたちと遊んでいると、マックスはこれまでの不満を忘れてしまいます。
みんなが寂しさから解放されて、仲良く楽しそうに暮らしている。
そして、みんなが自分に注目して一緒に遊んでくれる。
そんな世界はマックスの幸せそのものだったのです。

でも、順調に幸せに向かっていると思っていたかいじゅうたちも仲違いを起こしてしまいます。
また、楽しいと思っていた遊びもかいじゅうたちを傷つけると気付きます。
特にマックスと親しくなった元気なかいじゅうキャロルはパワフルで元気だけど
気性が荒くて暴力的にもなるので、みんなを困らせてしまうのです。
その姿は家にいた時のマックスそのものでした。

それにしても、主役を演じたマックスは本当に可愛いですね~
少年のひと時しか持っていないようなわんぱくで繊細な心を、そのまま体現していました。
あと、何と言ってもかいじゅうたちがめちゃくちゃ可愛いです。
みんなが重なって眠っているシーンはマックスいいなあと思ってしまいました(^^ゞ

観終わった時、読みたかった絵本に映画館で出会えたような嬉しい気持ちになった1本です。

hitsuji_WILD-THINGS-ARE.jpg

監督:スパイク・ジョーンズ 出演:マックス・レコーズ キャサリン・キーナー
2009年 アメリカ 原題:WHERE THE WILD THINGS ARE
(20100117)

nice!(13)  コメント(21)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 21

KLY

最初はマックスにイラッとしたりしたんです。でも一生懸命作ったカマクラを誰かに見せたかっただけなのに、それは壊されてしまう。その様子を見たときにマックスの気持ちが凄く良くわかり、物語にすっと入って行けました。
もちろん客観的に引いてみたら突っ込みどころは満載でしょうけど、例えば子供が人形で遊ぶとき、口でぶつぶつ言いながら心は完全に人形と同化あるいは、その世界に入り込んでいる…。それがこの作品なんだと思うのです。
久しぶりに子供心を思い出しました^^
by KLY (2010-01-18 01:01) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
> 最初はマックスにイラッとしたりしたんです。
マックスはある意味子供らしくてわがままなのですよね(^^ゞ
でも、子供だからあの世界には入れたのだと思うと
ちょっと良かったなあと思いました。
“子供心”を感じる作品ですよね☆
by non_0101 (2010-01-18 12:39) 

non_0101

はっこうさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-18 12:39) 

non_0101

rikaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-18 12:39) 

non_0101

thisisajinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-19 12:37) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-19 12:37) 

non_0101

トメサンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-19 12:37) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-19 12:37) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-19 12:38) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-19 12:38) 

たいちさん

記事を読んでいて、まるで御伽噺の世界に入ったように感じました。子供に見せたい映画ですね。
by たいちさん (2010-01-19 18:59) 

aya_rui

大人も子供心に戻れるような
純粋な気持ちに浸れる作品のようですね。
子供の無邪気さは時に羨ましくもありますね。
by aya_rui (2010-01-19 19:53) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に子供たちに観せたくなるファンタジーでした。
大人も子供もワクワク出来る作品ですね~
特にかいじゅうたちがみんな優しい存在で少年を包んでいて
観ていてちょっと羨ましかったです☆
by non_0101 (2010-01-19 22:09) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは☆ 本当に純粋な気持ちになる作品でした。
とても繊細な心が台詞ではなく仕草全てから伝わって来ました。
見終わった時は、童心に帰って絵本を読んだような楽しい気分でした(^^ゞ
by non_0101 (2010-01-19 22:16) 

コザック

なんだか少年の妄想のままストーリーが進む感じでしたね。
最後ちゃんと帰れたのは成長した証しなんでしょうね。

>かいじゅうたちの暖かそうな毛に触ってみたかったです~
口の中に入ってみたい~とは思わなかったのね(^^)
by コザック (2010-01-22 00:15) 

non_0101

コザックさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
お母さんを優しく見つめられるくらい成長したみたいですね(^^ゞ
あの口の中には入りたくなくです~
マックスくんと監督がそれぞれインタビューで言っていたのですけど、
撮影の中でマックスくんが一番嫌だったのはジェルを全身に塗ることだったそうです。
あまりにも嫌だったから何回目かには「監督も一緒に」と主張して
監督もジェルまみれになったとか。
二人とも嫌な体験だったと言ってました。
映画を観ながら、ああこのシーンかと思ってしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2010-01-22 07:03) 

ジジョ

>かいじゅうたちの暖かそうな毛に触ってみたかったです~
私も〜(^0^)/
by ジジョ (2010-01-22 10:36) 

non_0101

ジジョさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ふさふさしているのかなあと想像しながら観ていました(^^ゞ
あと、みんなで固まって寝てみたいです~☆
by non_0101 (2010-01-22 12:37) 

てくてく

こんばんは~^^
↑折り重なって寝るのは、やってみたいです。
でも、マックスは潰れちゃいそうでしたよね。
かいじゅう、大きいし^^;
口の中は、う~ん、嫌かも~(笑)
by てくてく (2010-02-02 02:02) 

non_0101

てくてくさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
> でも、マックスは潰れちゃいそうでしたよね。
あのシーンは、思わず潰れた!?とか思ってしまいました。
ちょっと楽しそうに下から出てきたのでほっとしました(^^ゞ
マックスくんは口のシーンでジェルだらけになるのを本気で嫌がったらしいです。
映画を観た時に、ああ、なるほど~と思ってしまいました☆
by non_0101 (2010-02-02 12:37) 

non_0101

kayさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-12-17 20:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10