SSブログ

抱擁のかけら [は行]

ペドロ・アルモドバル監督が再びペネロペ・クルスを迎えて作り上げた最新作です。
視力を失った脚本家の心に仕舞われていた愛の追憶と共に、
愛のために全てを失った美しい女優の人生が描かれてしました。

ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は
以前は監督をしていたが、視力を失ってからは脚本家となっていた。
本名はマテオ・ブランコ。だが、14年前に視力を失ってからはマテオ・ブランコではなく
当時から仕事の時に使っていたハリー・ケインを名乗るようになっていた。
彼は一人暮らしをしているが、仕事仲間のプロデューサー、ジュディット(ブランカ・ポルティージョ)と
彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)が不自由な彼の生活を助けていた。
そんなある日、富豪のエルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)が亡くなったことを新聞で知る。
それから間も無く、ハリーの家に突然、ライ・Xという見知らぬ男が訪ねてきた。
映画監督を目指している彼はハリーと共同で映画の脚本を書きたいと申し込んで来たのだ。
だが、彼の話を聞くと、ハリーは申し込みをきっぱりと断った。
実はハリーには彼の正体が分かったのだ。
それは過去にハリーが喪ったある愛と深い関わりがあった…

ペネロペ・クルスの存在感がとても鮮烈でした~

女優の夢を諦め切れなかった美しい女レナ(ペネロペ・クルス)と彼女を主演女優に選んだ監督ハリー、
そして女優の愛人で彼女を独占しようとした老齢の富豪エルネストが織り成す愛憎の物語です。
女は自由と愛を求め、女を愛した監督は彼女に安らぎと愛を与え、
富豪は女を自分のものにするために彼女の望みを叶えようとします。
そして、富豪は彼女の主演する映画に出資しました。

でも、2年もの間、富豪の目の届くところで暮らしていた女は女優という仕事を持ったことで
忘れていた自由の味を思い出します。
本来の活発さを取り戻した彼女は富豪よりもずっと若い監督との愛を深めていきます。
でも、彼女のことを手放せない富豪は息子を使って彼女を監視し始めます。
それは彼女にとって、人生の破滅の始まりでした(T_T)

それにしてもペネロペ・クルスの存在感は圧倒的ですね~
あの美しさと全身から醸し出されるオーラには、どんな人でもノックアウトされそうです。
レナの求めた愛とその後の展開を考えると、美しさのきらめきが儚く感じられてちょっと切なかったです。

無残に破壊された映画の再生と共にレナの美しさが甦ってくるシーンはじっと画面を見つめていました。
観終わった時、出来ればもっともっと続きを観ていたかったなあと感じた1本です。

hitsuji_BROKEN-EMBRACES.jpg

監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス ルイス・オマール ホセ・ルイス・ゴメス ブランカ・ポルティージョ ルーベン・オチャンディアーノ
2009年 スペイン 原題:LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES
(20100126)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は2月6日以降の予定です。

nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 12

まっきー

早速TVでも初回されていましたね。
by まっきー (2010-01-27 01:27) 

たいちさん

アルモドバル監督とペネロペ・クルスが組んだ4作目の映画とのこと。監督と女優という実生活のような設定ですね。ペネロペはセクシー女優から演技派に脱皮しているので、観たい映画ですね。
by たいちさん (2010-01-27 14:16) 

non_0101

まっきーさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
テレビにも登場していましたか(^^ゞ
ペドロ・アルモドバル監督作品はそれほど観ていないのですけど、
結構、複雑な展開と愛憎ドロドロの人間関係にこの監督さんらしさを感じました。
何と言ってもペネロペ・クルスの魅力をここまで引き出せるのは
ペドロ・アルモドバル監督ならではだなあと思いました☆
by non_0101 (2010-01-28 01:02) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
富豪のキャラクターというか執念深さが怖くもあり哀しくも感じる作品でした。
こんなキャラクターはやっぱりヨーロッパ映画らしいのかも知れませんね。
今回もペネロペ・クルスの美しさと強さの裏にある弱さが印象的で
やっぱり彼女はスペインが似合うなあと感じる作品でした☆
by non_0101 (2010-01-28 01:07) 

non_0101

@ミックさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-28 01:07) 

non_0101

kayさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-28 01:08) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-28 01:08) 

non_0101

トメサンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-28 01:09) 

KLY

実に色んなペネロペが見られてよかったです。キュートだったりゴージャスだったり、真面目なスーツだったり。やっぱ何着ても似合いますよね。
劇中劇『謎の鞄と女たち』もしっかり長めに見せてくれたのが嬉しかったです。劇中のレナの美しさはこれで永遠になった訳でまさにこれこそが映画なんですよね。
アルモドバル監督はこの作品でペネロペの色んな美しさを永遠に残そうとしたのかななんて思いました。
by KLY (2010-02-08 22:26) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
ペネロペの美しさは格別でしたね。
本当にどんな服装でも素敵です。
個人的にはキュートな服が好きでした(^^ゞ
『謎の鞄と女たち』はもっともっと観ていたかったです。続きが気になりました~
> まさにこれこそが映画なんですよね
そうですよね。映画って永遠に残るものなのですよね。
せめて映画をきちんと完成させることが出来そうで良かったです☆
by non_0101 (2010-02-08 22:55) 

coco030705

こんにちは。
ペネロペって、ほんとに美しい人ですね。
どんな華麗なドレスも着こなせるし、反対にカジュアルな服も
かわいくて素敵です。
男優さんも渋くてよかったし、ジュディットの耐える愛も古風だけど
素敵ですよね~。
TBさせていただきますネ。
by coco030705 (2010-02-24 15:28) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
ペネロペの美しさと存在感は圧倒的ですね~
映画に愛されているなあと感じました。
彼女あってこその作品でしたね(^^)
by non_0101 (2010-02-25 07:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17