SSブログ

17歳の肖像 [さ行]

1960年代のイギリスを舞台に多感な年頃の女子高生のある青春を描いた作品です。
アカデミー賞で話題になった時から、観たいなあと思っていました。
青春と挫折の物語を生き生きと演じているキャリー・マリガンの笑顔が心に残る作品でした。

16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は学校でも優秀で先生にも一目置かれている女の子。
父の勧めもあってオックスフォード大学への入学を目指し、毎日勉強を重ねていた。
学校でオーケストラの練習をした帰り道に通り雨に降られてしまったジェニーは濡れたまま道に佇んでいた。
そんな彼女の前に一台の車が止まり、中から一人の男が声をかけてきた。
君は車に乗らなくてもいいから、チェロだけは車に乗せなさいという言葉に笑顔を見せた彼女は
チェロと一緒に自分も家まで送ってもらう。
そして、そんなことも忘れていた頃、家へその男性から豪華な花束が届いた…

“人生にショートカットは無い”という言葉に胸を詰まらされました。

主人公のジェニーはキュートで成績優秀な女子高生です。
家でも学校でも期待されながら、オックスフォード大学へ入るために日々頑張っています。

決して裕福ではないジェニーの家では贅沢は出来ません。
父(アルフレッド・モリナ)は倹約家で彼女の勉強にも口を出します。
彼女が好きなフランスの歌や文化は目の敵にするし、クラシック音楽にも興味はありません。
そもそも文学なんて将来の役に立たないと否定的です。
そんな父を前にジェニーは諦めながら反抗心を募らせています。

父がそんな人間になったのは時代もあると思います。
1961年で16歳ということは、ジェニーは終戦の年に生まれています。戦争を知らない世代なのです。
戦争中に苦労を重ね、今でも面白くない仕事をしながら家族を養っている父がお金に煩く、
一方の娘は華やかな文化に惹かれていくのは仕方ないのかも知れません。
それでも娘を大学へ行かせようとする矛盾が起きるのは、
父自身が娘に自分のような苦労をさせたくないと思っているからです。
互いに違う方向を向きながら生きていて言い合いになることがあっても、
二人の姿を見ていると、そのあたりはお互いに何となく分かっているのではないかと感じました。

そんなジェニーの前に突然現れた年上の男デイヴィッド(ピーター・サースガード)は、
彼女にいろいろな憧れの体験をさせてくれます。
父の行かない音楽会にもパリにも簡単に連れて行ってくれます。
しかも、彼は口の上手さと笑顔で堅物の父にも上手く取り入ってしまうのです。
彼女が惹かれない訳はありません。
でも、彼は彼女には知ることの無かった別の姿を持っていました(T_T)

デイヴィッドとの結婚を夢見て学校を辞め、大学進学を断念した矢先に知った事実は彼女を打ちのめします。
それでも彼女が自分の人生を取り戻そうと行動を起こせたのは、意思の強さに加えて
彼女がまだ17歳だったことと、彼女を見捨てなかった先生がいてくれたからです。
ジェニーが自分の人生を本当に取り戻した時、喜んでくれた両親の様子を
ちょっと離れたところで伺っている彼女は、これまでの姿とは違って17歳の少女に戻っていました(^^)

観終った時、前日に観た『息もできない』も女子高生の話だったなあと思い出して、
実はこの年頃には人生を決める何かがあったりするのかなと、ちょっと考えてしまった1本です(^^ゞ

hitsuji_EDUCATION.jpg

監督:ロネ・シェルフィグ 出演:キャリー・マリガン ピーター・サースガード アルフレッド・モリナ カーラ・セイモア ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク オリヴィア・ウィリアムズ
2009年 イギリス 原題:AN EDUCATION
(20100421)

公式サイトはこちらへ

nice!(19)  コメント(30)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 30

KLY

キャリー・マリガンがとても好みのタイプでいいんだけど、アカデミー賞の時のあのショートは正直頂けなかったなぁと。(笑)
別に私の好み通りにしてる訳じゃないという話ですけどね。^^;
思春期の女の子の心理描写が巧みだし、それをキャリーが上手いこと見せてくれてるんで、何となく懐かしい思い出が蘇ってくるようでした^^

by KLY (2010-04-23 00:46) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
そう言えばアカデミー賞の時はかなりショートでしたね(^^ゞ
懐かしい感じがしますよね。
私は父親と娘ってやっぱりこういう感じになるなあと思いながら見ていました。
さらりと見られるけれど、観終わった後にいろいろ考えてしまう作品でした☆
by non_0101 (2010-04-23 12:42) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-23 12:42) 

エコピーマン

私は 子供(娘達)には幼い頃から 貧困の連鎖から脱出するには
教育・学問がもっとも信頼できるものと 捉えており
自分の可能性を見出すパスポートだといつも言い聞かせていました
なりたい自分を発見したとき パスポートがないと先に進めないからです
いろんな道へ進めるのですから ありがたいものです
by エコピーマン (2010-04-23 18:15) 

おぉ!次郎

 アルフレッド・モリーナが父親役!観たい!!

by おぉ!次郎 (2010-04-23 22:35) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-24 01:20) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-24 01:24) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
そうですよね~ どんな道に進むにしろ勉強はきっと役に立ちます。
それに知識が広がると人生そのものが豊かになっていく気がします。
世界情勢に疎い私にとっては映画も勉強になってしまいます(^^ゞ
by non_0101 (2010-04-24 01:35) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-24 01:36) 

non_0101

おぉ!次郎さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
最初のうちは口煩い父親だなあと感じていたのですけど、
娘に幸せになって欲しいという気持ちが垣間見える抑えた演技は
やはり上手いなあと思ってしまいました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-04-24 01:39) 

non_0101

さくら君へ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:06) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:07) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:07) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:08) 

non_0101

月夜さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:08) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:09) 

non_0101

タケルさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:09) 

なぎ猫

多感な年齢であることは確かですね。息もできない、見ました。アイも痛みもある”暴力”映画でした。いい映画だと思います。
by なぎ猫 (2010-04-25 22:37) 

たいちさん

アカデミー賞授賞式をテレビで観ていて、気になっていました。24歳なのに17歳の役をこなすのは、すごい女優ですね。
by たいちさん (2010-04-26 11:33) 

non_0101

成瀬さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-26 20:29) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
「息もできない」ご覧になりましたか!
心にぐっと来る作品でしたね。
主人公の心を伝達する方法が暴力なのですよね(^_^;)
ただの鬱憤晴らしだけではないところが泣けました~☆
by non_0101 (2010-04-26 20:33) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
映画の中では無邪気な笑顔で演じていて、
本当に17歳にしか見えませんでした(^^ゞ
さすがは女優さんですよね☆
by non_0101 (2010-04-26 20:36) 

コッスン

見る人の性別や年齢や環境によって
受け取り方が変わる作品ではないかと思いました。
私くらいの、母として女性として見ると
ああなるのは、わかりきってる。
でも自分で経験して
傷ついて立ち直る
それが普通の人生で、
ごく普通の話なのに作品として上手に出来上がってますね。
16歳から17歳という時期の女子が見ても
共感できると思うし
不倫してる男や女が見ても、わかる部分はあるだろうし。
人生全てに無駄は無いと思います。

同じくらいの年齢の話なら
プレシャスの方が個人的には好きです。



by コッスン (2010-04-28 18:47) 

coco030705

こんばんは。
まだ観ていませんが、予告編を観て行ってみようかなと思いました。
でも、こんなになんでもすぐ自分の言うことを聴いてくれる男性が
現れたら、ついていってしまうかも!(^^)
by coco030705 (2010-04-28 21:58) 

non_0101

コッスンさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
そうですね~ きっと観る人によって想いがいろいろ出てきそうな作品ですね。
私は全てが分かった後のドア越しの父娘の会話が一番心に沁みました。
娘を思い、でもつい判断を誤ってしまった父。
後悔を語りながら娘に謝る寂しげな姿に泣けました(T_T)
by non_0101 (2010-04-29 00:11) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
怖いもの知らずの17歳だったら、ついて行きますよ!きっと。
センスよく見えて、優しくて、お金もあって、
自分の夢を全て叶えてくれるような力を持っていて、
自分のことを大雪にすると言ってくれるのですもの(^^ゞ
by non_0101 (2010-04-29 00:21) 

ジジョ

ジェニーには終止ハラハラさせられました、、
小言を言いたくなる親の気持ちがわかりましたヨ、、^^;
by ジジョ (2010-05-01 04:16) 

non_0101

ジジョさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ハラハラしましたよね~
本人は正しい道だと思っているからこそ怖いです(^_^.)
最後はお父さんも一緒に騙されたでしょう!みたいに言っていたけど、
あれは娘を信じていたからこそなのに…
でも、きっと心の奥ではそれも含めて全て理解しているのだろうなあ☆
by non_0101 (2010-05-01 12:59) 

coco030705

こんばんは。
ようやく観ました。いい映画でしたね。TBさせていただきます。
by coco030705 (2010-05-19 23:37) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。TBもありがとうございました☆
by non_0101 (2011-12-17 21:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12