SSブログ

戦場でワルツを [さ行]

監督の戦争体験を基に描かれたドキュメンタリー・アニメーションです。
2年前くらいからずっと気になっていた作品がDVD発売の前にギンレイホールで上映されていたので
やっぱりスクリーンで観て来ようと覚悟してチャレンジしてみました。
映像の創り出した狂気の世界はあまりにもハードで、やっぱり1日寝込みました(T_T)

元兵士のアリは1982年にレバノンで戦争を体験していたが、本人には記憶が無かった。
彼自身はあまり気にしていなかったが、ある日、久々に当時の仲間と話をした夜に
フラッシュバックのように記憶の一部が戻った。
30年近くも過ぎて何故?と不思議に思ったアリは、記憶を取り戻すべく当事の関係者に話を聴き始めた。
様々な人の話の中で浮かび上がってきた当時の事実は、凄惨を極めた虐殺の姿だった…

出てくる話のひとつひとつが心の痛くなるような戦争体験ばかりでした。

悪夢の映像から始まる作品です。
犬たちが狂ったように突進していきます。
何事?と思って観ていると、戦争体験から起きている悪夢だ分かってきます。
人を撃つことの出来ない兵士が、夜襲のために見張りの犬たちを撃てと上官に命令されます。
彼は撃ち殺した犬26匹がどんなふうに死んでいったのか全て覚えていると語ります。
人でなくても生きているものを殺すことは、心に悪夢になるほどの傷を
負わせてしまうのだなと実感させられました。

その後も様々な話が登場します。
仲間に見捨てられて一晩海を泳いだ話や、狂気で機関銃を撃ち続けて関係ない一家を殺した話、
そして、この映画のタイトルの元になった体験も恐怖がどんな狂気に陥らせるかを伝えてくれます。
でも、最後に登場した1982年にレバノンで起きた難民への大虐殺は
あまりにも悲惨で哀し過ぎる出来事でした(T_T)

監督自身が自分の記憶と共に大虐殺の事実を突き詰めていこうとした行動力と
分かったことを映画で表現しようとした監督の勇気には感服です。
きっと体験者が監督だからこそ、この作品が創り出せたのだと感じました。

観終った時、この作品の映像が記憶から消えることはきっと無いだろうと思いつつ、
いつまでこんなことが起きてしまうのだろうなあと落ち込んでしまった1本です。

hitsuji_WALTZ-WITH-BASHIR.jpg

監督:アリ・フォルマン
2008年 イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ 原題:VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR
(20100423)

公式サイトはこちらへ


nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 16

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 10:01) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 10:01) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:27) 

non_0101

さくら君へ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-25 11:28) 

なぎ猫

わざわざアニメーションにしたことに意義があるんですよね。インタビューだけのドキュメンタリーだけでなく、より戦場の様子が鮮明になりますね。あの、銃撃戦の中でのワルツに、詩情と狂気を感じました。余談ですが、何気にサントラがかっこいいと思うのですが(テクノ!)、歌詞が物騒なのよね。
by なぎ猫 (2010-04-25 22:45) 

エコピーマン

記憶がなくなるほど おぞましい恐怖を体験したのですね彼は・・・
by エコピーマン (2010-04-25 23:12) 

たいちさん

余りにも悲惨・残酷な映像なので、ワザとアニメにしたのでしょうね。苦手な分野ですね。
by たいちさん (2010-04-26 12:21) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-26 19:36) 

non_0101

成瀬さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-26 19:37) 

non_0101

もみじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-26 19:38) 

non_0101

おぉ!次郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-26 19:39) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
予想以上にハードでした~
みんなハードだったので“ワルツ”のシーンあたりは、もう呆然となってました(^_^;)
サントラは面白かったですね。出だしの音楽におーっと思いました。
歌詞までは分かりませんでしたけど、物騒ですか~ なるほどですね☆
by non_0101 (2010-04-26 19:52) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
その時、彼が何をしていたかというよりも
全体として何が起こっていたのかがキーでした。
記憶を無くすのも納得の衝撃でした(-_-;)
by non_0101 (2010-04-26 19:54) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
夢のシーンから始まる物語なので、アニメという手法が合っていた気がしました。
でも、内容は本当にハードでした~
by non_0101 (2010-04-26 19:59) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-28 23:43) 

non_0101

ぺん獣さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-18 22:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3