SSブログ

あの夏の子供たち [あ]

インディーズ系の映画プロデューサーだった男の人生と彼の家族の姿を描いた人間ドラマです。
カンヌ国際映画祭のある視点部門審査員特別賞を受賞したというのでちょっと気になっていました。
映画に人生を賭けた主人公の生き様に深く胸を打たれました。

グレゴワール・カンヴェル(ルイ=ド・ドゥ・ランクザン)はインディーズ系の映画会社を切り回すために
いつも時間とお金に追い立てられていた。
それでも映画を愛する彼は、良い脚本を持ち込む監督を見つけては力になろうと頑張っていた。
だが、良い映画を創っても売れる映画になるとは限らない。
いつもギリギリの線で動いていた会社の経営は、現在撮影している映画の製作費がかさんだため、
グレゴワールにはどうにもならないところまで追い込まれてしまう。
全ての手を打ちつくした絶望に陥った彼は、自分に向けてピストルを発射した…

映画に対する愛と経営のバランスの難しさが観ていて切なかったです(T_T)

実在した映画プロデューサーをモデルに創り上げた物語です。
フランス映画祭で観た時、見応えはあったけど書くのが難しいなあと悩んでいました。
もしかしたら、かなりネタバレになってしまうかも知れませんm(__)m

―――――――――――――――――――――――――――――――

主人公のグレゴワールは映画を愛して良質な作品を送り出してきました。
カリスマ性を持っていて信頼があり、一緒に働いているスタッフたちにも慕われています。
でも、時代の流れなのか配給しても興行は良くなく、資金繰りは悪化する一方です。
最後まで駆け回りましたがどうにもならず、悩んだ挙句にとうとう自殺をしてしまいます。
この自殺のシーンが特別に強調するのではなく一つの流れのように描かれていて、
心構えが無いまま観ていた私には結構ショックでした(T_T)

その後、会社を任された妻シルヴィア(キアラ・カゼッリ)が夫グレゴワールに代わって奔走します。
元々、シルヴィアはいつも仕事人間の夫には不満を持っていました。
でも、グレゴワールが亡くなると、自分と娘3人を残して逝ってしまった夫の遺志を継ごうと動くのです。

シルヴィアはグレゴワールが手がけた映画を守るため、
そして製作中の映画を守るために、債権会社や監督に掛け合おうとします。
でも、相手の事情もあり上手く都合が付きません。観ていてとても歯痒かったです。
特に、グレゴワールを死に追いやった原因となった映画の監督が融通のきかない人で、
気持ちは分かるけど、う~ん…と思いながら観ていました(^_^;)

興味深かったのは、その後に物語が娘の視点になったことです。
グレゴワールには3人の娘がいます。下の二人は幼くて父の死もよく理解できない年頃ですけど、
一番上の娘クレマンス(アリス・ド・ランクザン)は父の死後に仕事やその大変さを理解しようとします。
その姿が淡々と、でも寄り添うような視線で描かれていました。

思春期の難しい年頃だったクレマンスは忙しい父とは距離を置いていたところもあったので、
もしかしたら父への態度に後悔が残ったのかも知れないなあと思ったりもしました。
彼女が心の中でどう折り合いをつけたのかは、はっきりと答えがある訳ではありません。
ただ、彼女は父の愛した映画を見つめながら、静かに現実を受け止めたように感じました。

一人の男の死と家族の想いを飲み込んで、会社は終了します。
でも、グレゴワールが手がけた作品は彼の会社名と共に残りました。
それだけがグレゴワールの頑張った証になってしまったのだなあと思うのと同時に、
でも、せめて彼の家族がその仕事を誇りに思ってくれて良かったと感じた1本です。

hitsuji_tFATHER-OF-MY-CHILD.jpg

監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ 出演:ルイ=ドー・ド・ランクザン キアラ・カゼッリ エリック・エルモスニーノ アリス・ド・ランクザン
2009年 フランス 原題:LE PERE DE MES ENFANTS/THE FATHER OF MY CHILDREN
(20100321)

公式サイトはこちらへ

追伸
この映画はフランス映画祭で観ました。公開は5月29日以降の予定です。

nice!(18)  コメント(26)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 18

コメント 26

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-05 09:38) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-05 09:38) 

non_0101

おぉ!次郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-05 09:39) 

なぎ猫

映画というのは芸術アートであり、かつエンターテインメントであり商品であり、作り手としては、大変な思いで製作しているものと思います。
by なぎ猫 (2010-05-05 10:23) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
フランス映画っぽく、さらりと話が流れていく中に
作品を送り出す側の苦労と想いが込められた作品でした。
ただ映画を観ているだけの私でも、本当に切なくなってしまいました☆
by non_0101 (2010-05-05 12:17) 

aya_rui

何のために、自分の命を燃やしてでも生きるのか?
それは誰もが一生の中で、巡り会えるものではないですからね。
この主人公のモデルとなった方は
それを見つけ出せて、本当に自分の生涯を捧げたからこそ
残された家族も、その意思を継ぐ事が出来たのかもしれないですね。
by aya_rui (2010-05-05 20:05) 

エコピーマン

淡々と 流れていく現実は厳しいですね
by エコピーマン (2010-05-05 21:06) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に映画を創り出す事に人生を捧げてしまった人でした。
映画界の中では信頼されて良い仕事をしている人でも
暮らしていけない現実が哀しかったです。
でも、最後まで自分の映画を捨てずに頑張ろうとした主人公の心が
ちゃんと家族へ届いて良かった…と思いました☆
by non_0101 (2010-05-05 23:58) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
流れは止められず… 厳しい現実でした~
でも、何かしら残るものがあったのが救いでした☆
by non_0101 (2010-05-06 00:08) 

non_0101

りぼんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 00:09) 

non_0101

あかしやさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 00:09) 

non_0101

まっきーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 00:10) 

non_0101

一歩さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 00:11) 

non_0101

カズユキさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 00:11) 

non_0101

musemistyさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 00:12) 

たいちさん

フランス映画らしく、こころの葛藤を描いた映画のようですね。ある意味で、父と娘の微妙な関係を、ついていますね。
by たいちさん (2010-05-06 00:29) 

movielover

予告で見て気になってました。
フランス映画祭でやってたんですね。

by movielover (2010-05-06 01:17) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
フランス映画らしいなあと感じる作品でした。
映画への想いと家族への想いがそれぞれの立場で描かれています。
エンディングまでもが印象的で、心に残りました☆
by non_0101 (2010-05-06 12:43) 

non_0101

movieloverさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
3月のフランス映画祭で観たのですけど、書くのが遅くなってしまいましたm(__)m
視点が主人公→妻→子供と何気なく移り変わっていくのが、ちょっと興味深かったです。
監督さんが若い女性で、若いからこその描き方なのかなとか
途中の映像を観ながら考えていました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-05-06 12:52) 

non_0101

みうさぎさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-06 12:53) 

non_0101

dorobouhigeさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-09 09:28) 

non_0101

artfuldodgerさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-09 18:54) 

KLY

そうそう、融通が効かない監督でしたよね。
私は独立系映画大好きですが、ああいう監督はプロとは言えない
と思ってるんです。「好きなだけお金かけて自由に取って良い、なぜ
なら俺はアーティスト」なんてのはクリエイター失格です。趣味ならお
好きにどうぞですけどね。
こういう人がいるから会社が1つつぶれるんです。するとタダでさえ
少ない製作のチャンスが減る→公開できない。結局自分の首を絞め
てるんですよ。
なーんてちょっと怒ってました。(苦笑)
by KLY (2010-06-04 01:55) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
ちょっと怒りたくなる監督さんでしたね(-_-;)
この監督さえいなかったら、会社もプロデューサーも無事だったのに…
と思うと哀しかったです(T_T)
今回の作品だって、結局、創り上げることは出来なさそうですし。
自分の首を絞めてますよね~
芸術や主張は大切ですけど、人のお金と言う感覚が無いのも困り者です☆
by non_0101 (2010-06-05 09:24) 

coco030705

こんばんは。
今日観てきました。フランスのパリの街中の様子と、郊外の美しさが印象的でした。
子供たちもとってもかわいかったですね。とくに長女を演じた女優さんが、
きれいで将来が楽しみです。
TBさせていただきますね。
by coco030705 (2010-06-25 23:03) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
子供たちが可愛かったですね(^^)
長女を演じたアリス・ド・ランクザンは主演のルイ=ド・ドゥ・ランクザンの
実の娘さんなのですよね。
本当に将来が楽しみですね☆
by non_0101 (2010-06-26 12:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9