SSブログ

アデル/ファラオと復活の秘薬 [あ]

リュック・ベッソン監督&脚本の新作映画です。
女性版インディー・ジョーンズという雰囲気の予告編に、どんな作品なのかなあと気になっていました。
予想よりもお茶目な展開に、アドベンチャーと言うよりは
ファンタジックなコメディだったなあと感じるような物語でした(^^ゞ

1911年。真夜中のパリで、元知事の乗った自動車が橋から落ちるという事故が発生した。
事故を目撃した酔っ払いが、大きな鳥が自動車を落としたと警察へ駆け込むが相手にされない。
だが、酔っ払いの主張する事故車が実際に発見されると、瞬く間にパリ中にニュースが駆け巡った。
その大きな鳥の正体は、実はジュラ紀に生息した翼竜プテロダクティルス。
古代が専門のエスペランデュー教授(ジャッキー・ネルセシアン)が独自に開発した方法で、
ルーヴル美術館に展示されていた化石の卵を孵化させてしまったのだった。
同じ頃、ジャーナリストで作家のアデル(ルイーズ・ブルゴワン)はエジプトでピラミッドのミイラを探していた。
彼女は病気の妹を治すために見つけたいものがあったのだ。
だが、目当てのものにようやくたどり着こうとしたアデルの前に
以前から彼女を付け狙っていたデュールヴー(マチュー・アマルリック)が現れてしまった…

主人公アデルの無鉄砲で我が道をどんどん行ってしまうキャラクターが楽しかったです~

有名なジャーナリストで人気作家でもあるアデルの活躍を描いた作品です。
彼女がこんなに頑張っているのは、妹の治療のためです。
寝たきりになってしまった妹を救うために、
秘薬を扱うことの出来るファラオの主治医を甦らせようとします。

でも、折角エジプトから主治医のミイラを持ち帰って来たのに、
甦りの方法を知っているエスペランデュー教授は監獄入りになっており、死刑も確定していました。
その事実を帰国後に新聞で知ったアデルは、早速、エスペランデュー教授を脱獄させようと
次々と策を繰り出しては失敗します。
そのレトロな手口はコミカルで可愛かったです。
また、アデルが侵入するための変装の数々も楽しかったです(^^)
そして、ついに彼女は人々をあっと言わせる方法で、教授を連れ出すことに成功しました。

それにしても、主人公アデルを演じたルイーズ・ブルゴワンは楽しそうに演じていますね。
そんな彼女にはキュートで元気なアデルのキャラクターがぴったりでした。
高飛車で強気な態度も、彼女が演じていると可愛く見えて楽しいです。
また、最後まで全く分からなかったのが怪しげなデュールヴーを演じたマチュー・アマルリック。
化けっぷりがさすがで、とっても楽しそうに悪役を怪演していました(^^ゞ

アドベンチャーを期待して意気込んでいると、ちょっと違うかなと感じるかもしれませんけど、
リュック・ベッソンのコメディだと思って観ると楽しめそうな作品でした。
ちょっとのんびりした時代の中で繰り広げられるゆるーい笑いが面白いなあと感じました。

ラストは次作もあるのですか!?という終わり方で、ちょっと笑ってしまった1本です(^^ゞ

hitsuji_ADELE.jpg

監督:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン マチュー・アマルリック ジル・ルルーシュ ジャン=ポール・ルーヴ ジャッキー・ネルセシアン フィリップ・ナオン ニコラ・ジロー ロール・ドゥ・クレルモン=トネール ムーサ・マースクリ
2010年 フランス 原題:THE XEXTRAODINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC
(20100623)

公式サイトはこちらへ

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は7月3日以降の予定です。


nice!(19)  コメント(27)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 27

macaron

こんにちは。

リュック・ベッソン監督の作品ということで気になってました。
予告も面白そうだったし。
まさかコメディの要素もあるとは思いませんでしたけど(^^;
でもそれはそれで楽しそうなので観てみたいです。
by macaron (2010-06-24 07:20) 

non_0101

macaronさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私もアドベンチャーだと思って観に行ったので、
意外にコメディだった~とちょっとびっくりでした。
TAXIシリーズとか楽しい作品もありましたけどね。
コミカルさと主人公のキャラクターが合っていて楽しかったです。
機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-06-24 12:55) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!


SATOMさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!


釣られクマさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-24 12:56) 

たいちさん

リュック・ベッソンの監督作品は、「アーサー・・・」で終わりと思っていましたが、作っていたのですね。フランス人のコメディはエスプリが効いて面白そうですね。
by たいちさん (2010-06-24 15:13) 

aya_rui

終始笑いを振りまいてくれる作品だったんですね♪
コメディとしての演出が狙い通りならば
勿論、役者達の熱演っぷりも楽しませる為
キャラクターを具体化してくれたのでしょうね☆

なんだか、そういった作り手側の気持ちも
妹を助ける為という目的にも、重く捕らえ過ぎず見られて
共感出来るところかもしれないですね♪
by aya_rui (2010-06-24 20:44) 

なぎ猫

リュック・ベッソン、監督するの久しぶりですね?
by なぎ猫 (2010-06-24 22:39) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
主人公のキャラクターがフットワークの軽い行動派で
次々と行動を起こしてはクスっと笑わせてくれました(^^ゞ
それにしても主人公が相変わらずスレンダーで赤毛な女性なのが
監督らしくて、ちょっと可笑しかったです☆
by non_0101 (2010-06-24 23:27) 

non_0101

haruさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-24 23:29) 

non_0101

ほりけんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-24 23:30) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
目的のためには危険も顧みず!みたいな真っ直ぐに突き進むキャラクターには、
ちょっとお茶目で軽い笑いがぴったりでした~
何故、妹が寝たきりになってしまったのかという過去も
気の毒だけど、ちょっと可笑しかったです(^_^;)
思わず笑ってしまうような可愛い主人公がいいなあと思える物語でした☆
by non_0101 (2010-06-24 23:37) 

non_0101

siroyagi2さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-24 23:38) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
こういうカッコいい女性が主人公の作品は久々ですね~
今回は力を抜いて楽しめるような物語でした☆
by non_0101 (2010-06-24 23:47) 

non_0101

月夜さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-28 00:42) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-28 00:42) 

non_0101

あかしやさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-28 00:43) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-28 00:43) 

non_0101

cocomotokyoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-28 00:43) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-28 00:44) 

KLY

そうそう。あのCMとか観るとまるで「インディ・ジョーンズ」のような
大アドベンチャーを期待しちゃうけど、思いっきり肩透かしですよね。
「え?それだけ?」みたいな。^^;
アデルが吉瀬美智子さんに見えて仕方なかったんですが、私だけ
でしょうか?(笑)
by KLY (2010-06-28 02:35) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
「インディ・ジョーンズ」を期待しているとガッカリしてしまいますよね。
早めに“これはコメディだ”と切り替えて楽しみました(^^ゞ
吉瀬美智子さんですか?おー、なるほどです☆
by non_0101 (2010-06-28 23:45) 

てくてく

こんにちは~^^
そうそう、楽しいコメディって感じでしたね。
私はアデル役の女優さんがかなりツボでした。
キャラクターもピッタリだったし!
リュック・べッソンは続編、作るつもりなんでしょうね~^^
by てくてく (2010-07-04 15:34) 

non_0101

てくてくさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
この作品はやっぱりコメディでしたね~
気軽に観に行く作品だなあと感じました。
アデル役の女優さんピッタリでしたね!
あの堂々とした雰囲気が楽しかったです。
続編、やっぱり創りますよね(^^ゞ
by non_0101 (2010-07-04 17:18) 

きさ

見ました。
私もインディー・ジョーンズ女性版だと思っていたので、コメディ色が強かったのは意外でした。
原作はフランスの有名なコミックだそうなので、原作に忠実なのかな。
エジプトのシーンが意外と短く、その後はパリの話になりますし。
まあ、ベッソン昔からゆるい感じの映画が多かったですしね。
一応、ベッソン監督はデビュー作の「最後の戦い」を第一回の東京ファンタスティック映画祭で見て以来、ほぼ全作品見ているかな。
アデル、吉瀬美智子さんに似てます。
by きさ (2010-07-08 05:37) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
コメディでしたね(^^ゞ
原作があるのですか。パリ中心の活躍も、そういうところから来ているのかも知れませんね。
リュック・ベッソン監督って、作品によってかなり雰囲気が変わるところが面白いです。
「最後の戦い」からチェックしているのですか!凄いです~
アデルは段々と吉瀬美智子さんに見えてきました☆
by non_0101 (2010-07-08 12:48) 

きさ

R25という雑誌にベッソン監督のインタビューは載ってました。
5年ぶりの監督作品だそうです。
ベッソン監督引退を表明していたそうですが、それは撤回だとか。
「最後の戦い」の時の触れ込みはフランスのスピルバーグでした。
ハリウッド風の作風はあまり変わってませんね。
「最後の戦い」はモノクロでシネマスコープ、ほとんどセリフがないというユニークなものでした。

by きさ (2010-07-09 05:31) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。「R25」に載ってましたね!
撤回か~とちょっと笑ってしまいました(^^ゞ
「最後の戦い」は随分変わっているようですね。
実験的な作品なのでしょうか。
機会がありましたらチャレンジしてみます☆
by non_0101 (2010-07-10 18:59) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-12-17 21:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16