So-net無料ブログ作成

オカンの嫁入り [お]

咲乃月音著の「さくら色 オカンの嫁入り」を宮崎あおいさん&大竹しのぶさん主演で映画化した作品です。
原作は未読でしたけど、この2人の共演なら観なくては!と楽しみにしていました。
俳優さんたちの圧倒的な演技と共に、人生について深く考えさせられる物語でした。

ある冬の日のこと。寝静まった真夜中に玄関から大きな声で月子(宮崎あおい)を呼ぶ声がした。
母の陽子(大竹しのぶ)が泥酔して帰ってきたのだ。
ベッドで熟睡していた月子がしぶしぶと寒い玄関まで出て鍵を開けると、
上機嫌の陽子がお土産を持って来たと言って入ってきた。
後ろにいたのは金髪に髪を染めたダサい服装の男・研二(桐谷健太)だ。
研二も酔っ払っていて、玄関口に倒れこむと爆睡してしまう。
困った月子は母をコタツまで引き摺り、研二には毛布をかけて寝かせておくことにした。
翌朝、月子が玄関を見ると毛布が畳んで置いてあった。
だが、ほっとした月子が台所へ振り返ると、研二が母と仲良く話しながら台所に立っていた…

人生とは何だろうなあと考えさせられる物語でした。

母・陽子と娘・月子の物語です。
二人は下町の雰囲気が残る町で、大家のサクおばあさん(絵沢萠子)と隣同士で住んでいます。
月子の父は月子が生まれる前に亡くなりました。
その後、陽子は女手一つで近所の接骨院で村上先生(國村隼)の下で
看護婦をしながら月子を育ててきました。
現在25歳になる月子はある事情により今は働いていません。
それでも、家族同然のサクさんや村上先生に可愛がられながら、月子は日々を過ごしていました。

そんな二人の暮らしに一人の男が登場します。
年齢30歳で金髪&赤い革ジャンを着た、軽い雰囲気の元板前・研二です。
突然、目の前に現れた研二を訝しそうに見る月子に向かって、陽子はこの人と結婚すると宣言します。
あまりの急な事態と研二への不審感から、月子は家を飛び出してしまいました。
でもこの時、陽子には月子に言えない秘密がありました。

陽子の母として生きた人生。
その終わりを知った時、彼女は一つの愛に出会います。
そして、自分の出会えたこの幸せを月子に伝えたいと思うのです。
実は現在の月子は恋も人生も投げ出してしまっているところがあります。
そんな娘に元気を取り戻して欲しかったのです。
母と向き合うことを避けていた月子が全てを知った時、陽子は幸せそうに微笑みました。

それにしても、二人の演技はさすがでした~
二人とも笑顔が可愛い反面、睨んだ時の顔は怖いのですよね。
そんなところも親子っぽいなあと思いながら観ていました。
脇を固める桐谷健太さん&絵沢萠子さん&國村隼さんたちも良かったです。
この親子が二人だけではなく温かい人たちの中で暮らしているという雰囲気が良く出ていて、
観ていてちょっとうらやましくなりました(^^ゞ

ラストシーンを観ながら、これから辛い時が来ても
きっとこの幸せな時間が哀しみを乗り切る力をくれるだろうなあと感じた1本です。

hitsuji_yoko&tsukiko.jpg

監督:呉美保 出演:宮崎あおい 大竹しのぶ 桐谷健太 絵沢萠子 國村隼
2010年 日本
(20100827)

公式サイトはこちらへ

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は9月4日以降の予定です。


nice!(19)  コメント(26)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 26

SATOM

なかなかよさそうな映画ですね。
ひさびさに観てみたいと思った邦画です^^
by SATOM (2010-08-29 15:52) 

たいちさん

二人の濃い女優の競演は見ごたえあるでしょうね。特別に好きなタイプではありませんが、観たい気がしますね。
by たいちさん (2010-08-29 21:43) 

non_0101

SATOMさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
女性の人生ってなんだろうなとかいろいろ考えさせられる作品でした。
見応えバッチリなので、機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-08-30 06:30) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
二人の女優さんはさすがの演技でした~
舞台が関西なので、ちょっとコミカルな雰囲気も面白かったです☆
by non_0101 (2010-08-30 06:33) 

non_0101

Kojiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:33) 

non_0101

ぷりん&りくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:34) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:35) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:36) 

non_0101

shinchiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:37) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:39) 

non_0101

あかしやさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:40) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:41) 

non_0101

ヒロさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-30 06:42) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-31 07:07) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-31 07:07) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-31 07:07) 

non_0101

キナコさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-31 07:08) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-08-31 07:08) 

KLY

どうもこの手の人情劇は肌に合わないようで…。
しかも余命一年とばらしてしまっているだけに、開始早々から
なんだか話が読めてしまって。^^;
それでもラストはググッときちゃいましたけどね。
ただし、大竹しのぶさんの白無垢は…………。
by KLY (2010-09-03 02:15) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
映画の中では病気を後半まで明らかにしないのに、
宣伝でばらしてしまうのはダメですよね~
白無垢のシーンの台詞は泣けました。
> ただし、大竹しのぶさんの白無垢は…………。
はは… それでも着たいと思うのが女心なのですよね☆
by non_0101 (2010-09-03 07:07) 

なぎ猫

どうもすべてがベタな感じであまり見る気は起きないです。監督さんの前作も好きじゃなくて。
by なぎ猫 (2010-09-04 23:23) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ストーリーはわりとベタでしたね(^^ゞ
一番の見所は出演者たちの演技かも知れません。
主演の二人、特に大竹しのぶさんは圧倒的な存在感でした。
私はこの母親の幸せって何だろうなあと思いながら観ていました☆
by non_0101 (2010-09-05 08:02) 

きさ

私も昨日観たのですが、、うーむ。
原作は読んでいないのですが、基本的にお話が弱いという印象を受けました。
母のがんに関しても描いていませんし。
俳優はさすがにみんなうまいのにもったいない感じです。
大竹しのぶと宮崎あおいですからねえ。これくらいは当たり前でしょうし。
脇役も良く、ファンとしては國村隼さんはいつもながらいいですし、絵沢萌子さんが久しぶりに重めの役なのが、健在、とうれしくなりました。

by きさ (2010-09-11 08:42) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
役者さん揃ってましたね~
絵沢萌子さんは私ははじめてでしたけど、さすがの存在感でした。
原作を読んだらもっと物語が分かるのかなあとちょっと思いました。
いつか原作にもチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2010-09-11 17:05) 

cs

お話の展開上、ラストシーンがああいうほっとする何気ない感じになるのはちょっと意外でもあり、その描き方に背中を押されるような感覚がありましたね。
もう一度観たくなりました。
by cs (2010-09-23 17:08) 

non_0101

csさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
こういう幸せっていいなあと感じるようなラストシーンでした。
主人公たちにはきっと辛い現実が近づいているのですけど、
負けない力を与えられたような気がしました。
いつか原作を読んだ後に、もう一度観てみたいです☆
by non_0101 (2010-09-24 12:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12