SSブログ

孫文の義士団 [は行]

20世紀初めの香港を舞台にしたアクション映画です。
東京・中国映画週間で上映されていたのでチャレンジしてみました。
辛亥革命へ向けて動き出す香港の様子が緊張感と共に描かれていました。

1906年の香港。自由な国を目指す活動家チェン(レオン・カーフェイ)を
港から尾行するシェン(ドニー・イェン)の姿があった。
チェンは富豪の商人リー・ユータン(ワン・シュエチー)の家へと向かっていた。
今夜は海外留学をしていたリーの一人息子が大学を卒業し、祝いの席を設けていた。
その席で一緒に祝っていたチェンはリーを呼び出すと、重要な情報を告げ始める。
日本へ逃れていた孫文が革命の準備のため、もうすぐ香港へやって来るというのだ。
リーは実際の活動には加わらないが、金銭的な支援を引き受けていた。
忍び込んでいたシェンはそんな話し合いをしている二人をじっと見つめていた…

思いっきり香港映画でした~

革命の成功のために孫文を守ろうとする男たちと、孫文を暗殺しようとする男たちの戦いを描いた作品です。
前半は戦いに巻き込まれて行く男たちの姿をじっくりと描いています。
暗殺団は屈強の兵士たちに比べて、守る男たちは戦う目的も生き様もいろいろです。
国を良くしたいという信念を持って孫文を守ろうとする男。
一旗あげようと無邪気に思う男や、逆に死に場所を探して戦いに向かう男。
そして、愛する者を守るために戦いに加わろうとする男。
それぞれが命を捧げて戦いに挑んで行きました。

後半は怒とうのアクションです。
でも、どんなに志が高くても強く鍛え上げられていても、多勢に無勢です。
ひとりひとり倒れて行きます。
その姿には胸が熱くなると同時に痛みました(T_T)
そして、陽動作戦が終わった時、倒された男たちの死と共に未来への希望が開かれて行きました。

それにしても、凄いキャストでした~
中国&香港映画をほとんど知らない私でも観たことのある俳優さんばかりでした。
さすがの演技とアクションの数々には鬼気迫るものがありました。
特にボロボロになりながらも戦い続けるシェンを演じたドニー・イェンの死闘には圧倒されました。

観終わった時、100年前の激動の歴史を改めて実感すると共に、
この映画が上海ロケで撮られたのも時代の流れなのかなあと感じた1本です。

hitsuji_BODYGUARDS-AND-ASSA.jpg

監督:テディ・チャン 出演:ドニー・イェン ニコラス・ツェー ファン・ビンビン レオン・カーフェイ レオン・ライ ワン・シュエチー フー・ジュン クリス・リー サイモン・ヤム エリック・ツァン
2009年 中国 原題:BODYGUARDS AND ASSASSINS
(20101024)

公式サイトはこちらへ http://sonbun.gaga.ne.jp/

追伸
この映画は東京・中国映画週間で観ました。公開は2011年GWの予定です。


nice!(14)  コメント(21)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 14

コメント 21

おさむ

題名からして観たいっ!!! (((((o≧▽≦)o
by おさむ (2010-11-08 10:53) 

たいちさん

孫文の守護には、日本も大いにかかわっていますが、この映画で日本がどのように扱われているか、興味ありますね。
by たいちさん (2010-11-08 11:15) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-08 12:49) 

non_0101

ヒロさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-08 12:50) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-08 12:51) 

non_0101

月夜空さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-08 12:52) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
後半はこのタイトルどおりの展開でした。
アクションシーンはきっと画面から目が離せなくなること間違えなしです☆
by non_0101 (2010-11-08 12:55) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
孫文が日本に逃れていたことは有名な話ですけど、
今作では“日本から来る”という台詞くらいしか触れられなかったです(^^ゞ
by non_0101 (2010-11-08 12:57) 

non_0101

翡翠さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 00:07) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 00:08) 

non_0101

galapagosさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 00:08) 

なぎ猫

香港の男前映画ですね。
by なぎ猫 (2010-11-10 21:20) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に“男前”でした~
みんな頑張ってました☆
by non_0101 (2010-11-10 22:36) 

non_0101

himakkoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 22:37) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました
by non_0101 (2010-11-13 09:51) 

KLY

すっごいキャストにすっごいアクションでしたねぇ。
前半はそのための助走期間みたいな…。
リアル1時間の緊迫感といったらなかったですよ。
孫文の最後の涙を称えた目に、親子、友、父娘、名もなく倒れて行った
多くの人々の想いが篭っていたように思います。
by KLY (2011-04-17 00:15) 

non_0101

こんにちは。
コメント&TBをありがとうございました!
本当にすごかったです~
後半の怒とうのアクションに圧倒されました。
みんな死を覚悟しているし(T_T)
孫文はこれだけのものを背負って生きるのですよね。
見応えのある作品でした☆
by non_0101 (2011-04-17 10:22) 

バラサ☆バラサ

ドニー・イェンの「イップ・マン葉問」は傑作ですよ。
共演のサモ・ハンもいです。

この二人出ているの「SPL/狼よ静かに死ね」も素晴らしいです。

漢な映画なので、お得意でないかもしれませんが・・・。

by バラサ☆バラサ (2011-04-18 17:01) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
「イップ・マン」は昨年の東京国際映画祭で気になったのですけど、あっと言う間に売切れてしまった気が(^^ゞ
やっぱり人気の作品はいいのですね~
いつか元気な時にチャレンジしたいです☆
by non_0101 (2011-04-19 21:31) 

キキ

こんにちは。
今頃観に行って来たんですが、ラスト1時間がなんともすごい。
ストーリーもいいし香港映画って面白いんですね。
他の香港映画にもチャレンジしたいです。
by キキ (2011-10-11 20:55) 

non_0101

キキさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
凄いですよね~ 怒涛のアクションに息つく暇も無いという感じでした(^^ゞ
この時代の混沌とした街の雰囲気がまた面白かったです。
私もいろいろチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2011-10-11 22:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11