SSブログ

サラの鍵 [さ行]

タチアナ・ド・ロネ著の同名小説を映画化した作品です。
好きな女優のクリスティン・スコット・トーマスが主演だったので気になっていました。
第二次世界大戦中に全てを奪われてしまった少女サラの人生が痛々しかったです。

1942年7月、パリ。アパートに住んでいたサラの家にフランスの警察官がやってきた。
不穏な気配を感じたサラ(メリュシーヌ・マイヤンス)は弟を助けようと思いつき、
部屋の押入れに弟を入れて、私が呼ぶまで出て来てはダメと言って鍵をかけた。
だが、警察はサラの母にすぐに荷物をまとめろと命令すると、サラ共々家から連れ去ってしまう。
行き先は屋内競技場で、トイレも水も与えられない状態のまま厳しい警護のもとに置かれてしまった。
弟が心配なサラはどうしても家に帰りたいと主張するも願いは叶わず、そのまま収容所へ連れて行かれる。
そして、数ヶ月が過ぎてしまった…

これが実際に起こったことなのだな…と切なくなりました(T_T)

1942年にパリで起きたヴェル・ディヴ事件をテーマに描いた作品です。
アメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)はフランス人と暮らしていて、
現在はパリに在中です。
彼女は恋人の祖父母が暮らしていたという古いアパートを見せられ、
ここを娘と3人で暮らすために改装しようと提案されます。
その改装が始まった頃、たまたま1942年のユダヤ人迫害事件を取材中に、その祖父母のアパートが
実は収容所送りになったユダヤ人一家が住んでいた家だと判ります。
ジャーナリストの精神を刺激された彼女は、そのユダヤ人一家の行方を捜し始めました。

物語は現在と過去を行き来しつつ展開されていきます。
サラの物語とジュリアの物語。
サラは父母と離れ離れになり、それでも弟のいる家へ帰ろうと必死に頑張ります。
彼女の強い意志が人々の心を揺り動かし、やがて収容所を脱走して家へと近付いて行きました。
ジュリアはそんなサラの足跡を、いろいろな人の話を聞きながら追っていきます。
フランスからアメリカへ、そしてイタリアへ。
悲劇から孤独と絶望を味わったサラの行く末には胸が衝かれました。
それは同じパリという街でありながら、あまりにもかけ離れた人生でした。

それにしても、切ない物語でした。
特にサラの少女時代を演じたメリュシーヌ・マイヤンスちゃんの演技の上手さは圧倒的で、
彼女の全てを受け止めているような深い瞳に引き込まれました。
そして現在を生きるジュリアを演じたクリスティン・スコット・トーマスの
真っ直ぐに真実を追っていこうとする姿に
いつの時代にも変わらない女性の逞しさと愛情の深さを感じました。

観始めた時は重いテーマなので耐えられるかなとか重いながら観ていたのですけど、
過去と現在を交互に映し出しているので、予想よりも観やすかったです。
帰り道、家路へ向かう道を歩きながら、サラのことが頭から離れなかった1本です。

hitsuji_Sarah's-Key1.jpg

監督:ジル・パケ=ブレネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン
2010年 フランス 原題:Sarah's Key /ELLE S'APPELAIT SARAH
(20101029)

公式サイトはこちらへ http://www.sara.gaga.ne.jp/

追伸
この映画は東京国際映画祭で観ました。公開は2011年12月頃の予定です。


nice!(13)  コメント(19)  トラックバック(15) 

nice! 13

コメント 19

エコピーマン

お久しぶりです
やっとブロクを開く時間と気持ちになりました
うつ+風邪でブログは放置状態でした(^^)

理不尽で切ない映画のなかに逞しい女性の深い愛情を感じたのですね
でも真実ってなんでしょう 私には未だによく理解できません(-_-;)
by エコピーマン (2010-11-10 03:16) 

月夜空

公開されたら、見に行ってきます。
ユダヤ人迫害のお話は重そうですが、いろいろ知っておくべきかなとおもいます。これに限らず、映画でいろいろなことを知れると、覚えていられることが多いです。
映画って、娯楽だけじゃなく、勉強にもなります☆彡
by 月夜空 (2010-11-10 10:08) 

non_0101

himakkoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 20:01) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
お久しぶりです!大変だったのですね。
また遊びに来られるようになって良かったですね(^^)

時々、知らないことや謎とかを突き詰めたくなるのは
人間の本能なのかなあと思ったりします。
謎を掘り起こそうとすることは、時に人を傷つけることもありますけど、
今作では良い方向に向かって行ってくれました☆
by non_0101 (2010-11-10 20:06) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 20:07) 

non_0101

月夜空さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私は歴史にとても疎いので、こういう映画は本当に勉強になります。
パリでこんな歴史があったことを初めて知りました。
ぜひ、全国で公開して欲しい作品です☆
by non_0101 (2010-11-10 20:12) 

non_0101

toramanさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 20:16) 

なぎ猫

クリスティン・スコット・トーマスは私も好きな女優さんです。いつもいい映画に出てますよね。私が最近みた”ノーウェアボーイ”にも出てました。
by なぎ猫 (2010-11-10 21:22) 

たいちさん

ストーリーを読んだだけで胸が痛みますね。観るには相当な覚悟が必要ですね。
by たいちさん (2010-11-10 22:00) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
いい女優さんですよね~
今作でも素晴らしかったです。
「ノーウェアボーイ」ご覧になったのですね!
私も早く観たいです☆
by non_0101 (2010-11-10 23:25) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私も映画祭の勢いでチャレンジしてみました。
辛い時代と現在を交互に映し出しているので
覚悟していたよりも観やすかったです。
とてもいい作品でしたので、ぜひ公開して欲しいです☆
by non_0101 (2010-11-10 23:28) 

non_0101

りぼんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-10 23:29) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-13 09:51) 

ken

フランスでこんなことが起きていたとは…。
自分の無知さ加減に驚いた1本でした。
原作も途中ですが、かなり面白くて(でもツライ)出来栄えです。
by ken (2010-11-14 21:38) 

non_0101

kenさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
この作品、内容が内容だけに辛いだろうなあと覚悟して言ったのですけど、
ジュリアのパートがあった分、予想よりも観易かった気がします。
原作も読み応えがありそうですね~
ちょっと元気な時にチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2010-11-14 22:00) 

coco030705

こんばんは。
クリスティン・スコット・トーマスは本当に素敵な女優さんですね。
内容が事実に基づいているだけに、見ておくべき作品なのだと思います。
ちょっと気持ちが元気なときに、トライしてみますね☆
by coco030705 (2010-11-15 22:41) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
クリスティン・スコット・トーマスはいい女優さんですよね~
出演していると、つい観たくなる女優さんです。
この作品はとても見応えがありました。
クリスティンだけでなく、子役のメリュシーヌ・マイヤンスちゃんの演技にもやられました~
機会がありましたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-11-15 23:56) 

キキ

こんにちは。
大阪でも1月にやっと公開になって小さい劇場のためか
午前中の公開だと立ち見も出ていました。
私は夕方だったので大丈夫でしたけど。
サラ役のメリュジーヌ・マヤンスちゃんの演技に引き込まれました。


by キキ (2012-02-06 22:42) 

non_0101

キキさんへ
やっぱりいい映画には人が集まるのですね~
この作品は観てから時間が過ぎても、ずっと心に残っていて
予告編を観る度に泣きそうになりました。
演技は良かったですね~
サラを演じた二人の絶望的な目が忘れられません☆
by non_0101 (2012-02-07 08:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。