SSブログ

リトル・ランボーズ [や・ら・わ行]

少年の友情と映画への情熱を描いたドラマです。
予告編を観て、「ランボー」のまねをしている少年の姿が可笑しいなあと気になっていました。
1980年代のちょっと懐かしい雰囲気と純粋な少年たちの友情が可愛い物語でした。

1982年イギリス。厳しい宗教の戒律を守っている家庭に育った11歳のウィル(ビル・ミルナー)は
学校の授業のテレビも禁止されている少年だった。
唯一の楽しみは空想の世界を絵に描くこと。
彼はいつも持ち歩いている大きな本にコミカルな絵を書いては時間を過ごしていた。
ある日、授業でテレビを使うので廊下でひとり自習をしていたところ、授業中の悪戯で廊下に出されたリー・カーター(ウィル・ポールター)と目が合ってしまう。
慌てて目をそらしたウィルにリーはボールを投げつけて来た。
ボールを取ってくれというリーの言葉に素直にウィルが拾いに行って振り返ると、リーはウィルの本を面白そうに読んでいるところだった。
さすがに頭に来たウィルが本を返せとリーに詰め寄ると喧嘩になってしまう。
つい近くにあった水槽を壊してしまった二人は、校長室へ呼び出されてしまった…

初めて出会った友達はウィルの人生をひっくり返すように変えていきました。

一人の少年ウィルの物語です。
彼は宗教を厳格に守る家庭に生まれました。
父を事故で亡くして、母と祖母、幼い妹の4人家族です。
テレビも禁止されているため、家はもちろん学校の授業でも見ることは出来ません。
誘惑が多いと母から言われて友達と遊ぶことも出来ないウィルは、いつも一人で過ごしていました。

そんなウィルの唯一の楽しみは絵を描くことです。
その絵は見た者をファンタジーの世界に誘ってくれるような夢のある絵でした。
その絵を見た悪戯っ子のリーは彼を自分が始めようとしていた映画製作に誘います。
リーの口車にすっかり騙されたウィルは、リーに協力を約束します。

そんな中、ウィルは偶然『ランボー』の映像を観てしまいます。
今まで知らなかった世界への衝撃は、そのまま映画製作への意欲へと変わりました。
もともと純真で真面目なウィルは何をやるにも一生懸命です。
リーの指示に全力で頑張るウィルすっかりリーの相棒になっていきます。
でも、親友同士になった二人の前に、予想外の出来事が待っていました。

それにしても二人の少年がいいですね~! 実に素直で子供らしくて可愛いです。
もしかしたら、リーはウィルにとって禁じられた誘惑に誘った者になってしまうかも知れませんけれど、
子供が成長するためには、やっぱり笑顔が必要だと思うのです。
いつも静かで自分を殺すような生活をすることが正しいと言われて我慢をするのは辛いことです。
そんながんじがらめになっていたウィルをリーの自由さが解き放ってくれたようで、見ていて嬉しかったです(^^)

映画への愛が感じられるラストを観ながら、
この二人ならずっと親友でいられるだろうなあと感じた1本です。

hitsuji_SON-OF-RAMBOW.jpg

監督:ガース・ジェニングス 出演:ビル・ミルナー ウィル・ポールター ジェシカ・スティーヴンソン ニール・ダッジェオン ジュール・シトリュク エド・ウェストウィック
2007年 イギリス/フランス 原題:SON OF RAMBOW
(20101109)

公式サイトはこちらへ

nice!(14)  コメント(21)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 14

コメント 21

KLY

子供の目線で子供の世界を描いた作品でしたね^^
純粋に昔を思い出しながら観てました。
そんな気はなくても傷つけちゃってることってあるし、
しかも子供だけにグサッと惨いこと言ったりしちゃった
リするんだよなぁ。
それにしても人類の敵のような宗教ですな…(苦笑)
by KLY (2010-11-16 00:03) 

きさ

子役ふたりがいいですね。
ちょっと主人公ふたりが、トム・ソーヤーとハックルベリー・フィンみたいです。
ラストが甘いという意見もあるでしょうが、子供の話はこれくらいの終り方がいいとおもいます。
ラストは思いがけず涙があふれました。
この映画も朝日新聞の沢木耕太郎さんの映画評「銀の街から」で取り上げられていました。
相変わらず沢木耕太郎さんの映画評は鮮やかです。

by きさ (2010-11-16 05:25) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-16 12:43) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
子供たちが素直で可愛かったです~
> しかも子供だけにグサッと惨いこと言ったりしちゃったリするんだよなぁ
そうそう、ストレートですよね(^^ゞ
お互いに子供だからこその行動を観ているだけでも、純粋さが伝わってきました。
とりあえず、あの宗教は映画の敵ですね☆
by non_0101 (2010-11-16 12:48) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。二人とも良かったですよね~!
この二人の自然な演技を生み出した監督さんも偉いです。
ラストもいいですよね(^^ゞ
笑顔で観終わることが出来て良かったです☆
by non_0101 (2010-11-16 12:50) 

non_0101

月夜空さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-16 22:01) 

non_0101

雨香さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-16 22:05) 

non_0101

kara-fanさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-16 22:08) 

non_0101

toramanさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-16 22:10) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-16 22:43) 

たいちさん

この二人の10年後の姿も見てみたい気がしますね。その時も俳優を続けているだろうか。
by たいちさん (2010-11-17 12:37) 

おさむ

ハートフルな素敵な映画ですねぇ \(*´▽`*)/
観たいワ♪
by おさむ (2010-11-17 13:31) 

non_0101

りぼんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-17 23:33) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
10年後も見てみたいですね~
案外、大活躍しているかもです(^^ゞ
by non_0101 (2010-11-17 23:36) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
楽しい作品でした~
何と言っても子供たちの素直な行動が可愛かったです。
機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-11-17 23:38) 

non_0101

galapagosさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-17 23:39) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-17 23:40) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-17 23:41) 

なぎ猫

面白そうな映画ですね。子供が映画見てまねるってところがいいですね。
by なぎ猫 (2010-11-22 20:37) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
面白かったです~!
大人しい良い子だったウィルがいきなりランボーの息子だ!と言い始めて笑ってしまいました。
子供たちは本当に子供らしくて、自分に素直な分いろいろあるのですけど、
やっぱり仲直りできるところが可愛かったです(^^ゞ
by non_0101 (2010-11-23 10:28) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-12-17 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11