SSブログ

エッセンシャル・キリング [え]

ヴィンセント・ギャロ主演のサスペンスです。
男が白く雪に覆われた森の奥深くを必死に逃げていく予告編がとても気になっていました。
手当たり次第に人を殺し、少しでも前へ進もうとする主人公の執念に圧倒されました。

アフガニスタンの砂漠をひとり彷徨っていたモハメド(ヴィンセント・ギャロ)は、アメリカ軍の兵士たちの大捜索により捕らえられた。
しばらくすると、マスクを被せられて航空機に乗せられる。
遠い国の飛行場へ到着すると、そこからトラックに乗せられ、再び移送された。
だが、雪道を走っていたトラックが事故を起こし、モハメドたちは外へ投げ出されてしまう。
暗闇の雪の中、兵士達の捜索の目を逃れたモハメドは着の身着のままで逃走を始めた…

この人は何のために前へ進むのだろう…と考えながら観ていました。

アフガニスタンの戦士らしい人がひたすら逃げ続ける物語です。
彼がどんな人で、なぜアメリカ軍と敵対しているのかはよく分かりません(^^ゞ
ただ、彼は障害となる者はどんどん殺しながら逃げ続けます。
彼の行く先にはどんどん死体が増えていくのです。

でも、彼がどこに逃げたいのかも明らかには告げられません。
ただひたすら前へ進むのです。
食べ物が無ければ木の皮や虫を食べるし、生きるためには誰だって襲います。
彼の前に立った人は、突然に生きるか死ぬかの勝負を仕掛けられているようなものです。
そして、彼は勝負に勝ちながら前へ進んで行きました。

それにしても、不思議な作品でした。
必要以上に説明が無く、ただひたすらヴィンセント・ギャロの狂気のような逃走を観させられます。
疑問も何もかも、彼の見せる必死の形相の前には言葉は要らないでしょうという感じです。
そして、あっけなくも感じるようなラストに、ほっとため息をつきました。

この作品でヴィンセント・ギャロはヴェネチア映画祭の主演男優賞をとりました。
それは納得だなあと思った1本です。

hitsuji_Essential-Killing.jpg

監督:イエジー・スコリモフスキ 出演:ヴィンセント・ギャロ
2010年 ポーランド/ノルウェー/アイルランド/ハンガリー 原題:Essential Killing
(20101028)

追伸
この映画は東京国際映画祭で観ました。公開は7月30日以降の予定です。


nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 13

たいちさん

フラストレーションが湧きそうなストーリーですよね。
by たいちさん (2010-12-09 21:34) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に説明が少なくて分からないことが多かったのですけど、
考える余裕も無いほどずっと緊張に包まれていました。
映画祭だからこそという感じのちょっと変わった作品でした☆
by non_0101 (2010-12-09 22:34) 

なぎ猫

ヴィンセント・ギャロ、俳優業辞めていた訳ではなかったのですね。
by なぎ猫 (2010-12-10 19:40) 

non_0101

@ミックさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-10 21:50) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-10 21:51) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ヴィンセント・ギャロって久々なのでしょうか?
実は私はこの俳優さんをちゃんと観たのは初めてです(^^ゞ
迫真の演技でした~
彼一人で物語を引っ張って行ってました☆
by non_0101 (2010-12-10 21:56) 

月夜空

おはようございます^^

生きるための狂想曲みたいですねw
by 月夜空 (2010-12-11 10:57) 

non_0101

月夜空さんへ
こんばんは!になってしまいましたm(__)m
nice&コメントをありがとうございました!
まさに“生きるための狂想曲”です~
しかも何のために前へ進もうとするのかも分かるようで分からないので
主人公の勢いだけでスクリーンに釘付けでした(^^ゞ
by non_0101 (2010-12-11 22:16) 

non_0101

galapagosさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-11 22:17) 

non_0101

まっきーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-12 20:29) 

KLY

生きるという動物の本能に従った行動なのかなって
思いました。唯ひたすら動物としての人間を見つめ
続けたというか…。
生きる執念と言うか迫力がヒシヒシと伝わってきまし
たよね。
by KLY (2011-08-07 23:23) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
すみません!コメントに気付かずに、こんなにお返事が遅くなってしまいましたm(__)m
“生きる執念”そのものでしたね~
というか、そのためにはこんなに簡単に他人を犠牲にして良いのかと
考えさせられてしまいました。
そして、生きることはここまで人を動かすものなのかと圧倒されてしました☆
by non_0101 (2011-10-14 23:01) 

non_0101

mayaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-14 23:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6