SSブログ

ロビン・フット [や・ら・わ行]

『グラディエーター』のリドリー・スコット監督がラッセル・クロウを主演に描いた歴史大作です。
名監督がどんなロビン・フット像を創り出すのかなあと楽しみにしていました。
人々を惹きつけるカリスマ性を持った力強いロビン・フットの姿が生き生きと描かれていました。

12世紀末のフランスではイングランドの獅子心王リチャード1世(ダニー・ヒューストン)の率いる十字軍が
次々と城を撃破していた。
その軍には兵士としてロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)も従事していた。
彼は弓の名手であり、グループのリーダーとしても仲間たちから信頼の厚い人物だったが、
ある日、実直で勇気のある性格が災いして王の不快を買ってしまう。
敵城を落とす日にさらしの刑を科せられていたロビンたち4人は、
王が戦場で命を落としたことを知るとすぐさま戦場を後にした。
イギリスへ帰ろうと海を目指した彼らは偶然、イングランドの騎士団が襲われているところに遭遇する。
その騎士団は亡き王の王冠を届けるために少数で海へ向かっていたのだ。
ロビンたちは敵を追い払うも、既にイングランド騎士たちはほとんどが息絶えていた。
虫の息だった騎士の一人ロバート・ロクスリーの遺言と剣を託されたロビンは
仲間と共にイングランドへ向かう船に乗った…

ロビン・フットの過去を初めて知りました~

12世紀末のイングランドを舞台に、ロビン・フットになる前のロビンの活躍を描いた作品です。
彼は孤児として育ち、両親の記憶はありません。
持ち前のリーダー気質で仲間たちの信頼を得ていた彼は偶然に看取った騎士ロバート・ロクスリーの願いを遂げるため
アイルランド北部にあるノッティンガムへ向かうことになります。
そこにはロバートの父と妻が帰郷してこない夫の帰りを何年も待ち続けていました。

ロバートの実家ロクスリー家には子供が無く、父ウォルター(マックス・フォン・シドー)は老齢で視力も体力も衰えている状態です。
もし、ロバートが亡くなってしまったら相続人がいなくなり、父の死後は領地没収の憂き目にあってしまいます。
父はロビン・ロングストライドの名を聞き、彼が息子の死を知らせに来てくれたことに感謝した上で
ロビンを息子の身代わりにしたいと主張します。
孤児の風来坊であるロビンにとっては願っても無いことです。
しかも、妻マリアン(ケイト・ブランシェット)は気高くて美しく、しかも働き者の女性です。
ロビンの承諾に父ウォルターは喜び、マリアンは納得しないまま受け入れました。
そして、落ち着いた生活が始まった頃、国内はフランスと王の腹心ゴドフリー(マーク・ストロング)の
陰謀により大きく乱れていきました。

それにしても、お正月にぴったりの大作ですね。
時代物で戦いあり、ロマンスあり、親子の愛ありの物語です。
当時のイングランドの生活そのものを映し出しているような風景や海岸での大戦闘も見応えがありました。
そして、ロビンはやっぱりヒーローでした(^^ゞ

観終わった時、やっぱりこの映像はスクリーンで観て良かったなあとお腹いっぱいな気分になった1本です。

hitsuji_ROBIN-HOOD.jpg

監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット マーク・ストロング マックス・フォン・シドー ウィリアム・ハート オスカー・アイザック
2010年 アメリカ/イギリス 原題:ROBIN HOOD
(20101212)

→公式サイトはこちらへ http://robinhood-movie.jp/


nice!(8)  コメント(15)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 15

月夜空

映画館のスクリーンのほうがよさそうですね^^

見たい映画リストとか作っておかないと、ここへくるたびに、観たい!!って思って収集がつかなくなりそうです(笑)
by 月夜空 (2010-12-14 12:26) 

non_0101

月夜空さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私も時々リストを作りたくなります(^^ゞ
この作品は、監督さんお得意の壮大な映像が迫力でした~
機会がありましたら、スクリーンでチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-12-14 12:37) 

たいちさん

ロビンフットは義賊で、多くの子供向け書籍に紹介されているという程度しか知らない私ですので、この歴史大作を是非観たいですね。
by たいちさん (2010-12-14 21:59) 

きさ

さすがリドリー・スコット監督でアクションシーンは安心して見れました。
お話はかなりフィクションが多いのですが、元々、ロビンフッド自体が民間伝承なので、まあありかと。
なのでロビンフッドの過去は、あまり真面目に取らない方が、、
そういう説もあるという所を気楽にたのしめばいいと思います。
『グラディエーター』よりは救いのある話で良かったです。
ケイト・ブランシェットのマリアンが良かっただけに、もうちょっと情感豊かなシーンも欲しかったかな。
悪役のマーク・ストロング、前王の重鎮ウィリアム・ハートなど俳優陣も充実していますが、やはりマックス・フォン・シドーのマリアンの義父の貴族役が重厚な演技を見せます。

by きさ (2010-12-14 22:02) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-14 22:25) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
歴史は本当に疎いので、12世紀末のイングランドの様子は興味深かったです。
ロビン・フットが登場した時代はこんなふうだったのだなあと思いながら観ていました。
機会がありましたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-12-14 22:32) 

non_0101

さきさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
アクションシーンは見応えがありましたね~
とてもリアリティのあす映像で圧倒されました。
ストーリーはかなりフィクションでしたね(^^ゞ
特にマリアンが戦場に駆けつけるところは内心笑ってしまいましたけど、
観ていて楽しかったのでOKでした。
ロビン・フットは時代によっていろいろ伝説が変わってくるのですよね。
今回のロビン・フット像は現代に合った姿なのかも知れないなあと思いました☆
by non_0101 (2010-12-14 22:39) 

KLY

いわゆるファンタジー系が入ったロビンを想像すると違うっておもっちゃうかもしれませんね。
どちらかといえば壮大な歴史絵巻に近いと思います。もっともロビン自体は架空の人物なんで、史実はないんですけどね。
最後の合戦シーンの迫力にはもう正に血湧き肉踊りましたよ。^^
by KLY (2010-12-14 23:34) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
まさに“歴史絵巻”でしたね!
観る者を12世紀のイングランドに引き込むような作品でした。
戦闘シーンの迫力には圧倒されました~
このシーンをスクリーンで観られて良かったです☆
by non_0101 (2010-12-15 09:13) 

なぎ猫

やっぱり、年末、お正月はこういうドーンと一発、な映画が見たくなりますね。
by なぎ猫 (2010-12-15 21:46) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-16 00:07) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
人生山あり谷ありで大合戦付きのヒーローものでした~
お正月に大画面で観たいなあという時にはぴったりかも(^^ゞ
by non_0101 (2010-12-16 12:46) 

non_0101

雨香さんへ
こんにちは。コメントをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-16 12:47) 

てくてく

こんにちは^^
大スクリーンで観て映える作品でしたね~。
迫力満点の戦闘シーンには息を呑みました。
ラッセル・クロウとケイト・ブランシェットの大人の恋も
なかなか面白くて良かったです^^
by てくてく (2010-12-23 13:36) 

non_0101

てくてくさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
映画館で観て良かったと感じる作品でしたね~
しっかりとした役者さんと映像に大満足でした。
“大人の恋”も素敵でしたね。
二人ともこういう作品が本当に似合いますね☆
by non_0101 (2010-12-23 22:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10