SSブログ

再会の食卓 [さ行]

中国の歴史の中で離れ離れになった元夫婦の再会と家族を描いた作品です。
予告編を観て、40年ぶりに再会した二人の運命はどうなるのだろうと気になっていました。
予想以上の結末に、切ない余韻が残る作品でした。

台湾からの帰郷団として久しぶりに上海へ帰郷したイェンション(リン・フェン)。
国民党軍の兵士だった彼は1949年の戦争により、妻だったユィアー(リサ・ルー)を残して台湾へ渡っていた。
そのまま帰郷も叶わなかったが、長い年月を経て
ようやく上海の地を踏むことが出来たのだ。
長い時の中でイェンションもユィアーも再婚し、今ではそれぞれの家族があった。
しかし、彼は帰郷前に元妻のユィアーへ手紙を出し、
一緒に台湾へ来て欲しいと頼んでいた。
その想いに揺らぎつつイェンションを迎えるユィアーは複雑な表情で港へと向かって行った…

家族の物語であると同時に、恋と愛の物語だなと感じました。

40年以上も離れていた母の元夫を迎える家族の物語です。
母ユィアーは良き妻、良き母として、家族のために尽くしてきました。
家は決して裕福ではなく、夫は真面目に働いていましたけど工員のまま定年を迎えています。
それでも上海の小さな家には、長男や娘夫婦、そして孫娘などが集まっていました。
そんな小さな家族の下に、母の元夫が台湾からやってきます。

元夫が来たのは帰郷団の一員としてです。
一時的な帰国なので、家族にとってはお客様扱いです。
でも、元夫には秘めた願いがありました。
元妻を台湾へ連れて帰って、改めて元妻と暮らしたいと願っていたのです。
その願いに元妻は一緒に帰りたいと思います。そして、妻の願いを今の夫も認めました。

でも当然、家族は反対します。
子供たちにとって自分が生まれる前に別れた母の元夫など他人です。
でも、母にとっては上海の生活は決して楽なものではありませんでしたし、
おそらく家族のために我慢したことも多かったと思われます。
彼女はもう高齢で老い先短い人生なのだから、最後は台湾で暮らしたいと言います。
そして、台湾へ向けて準備をする中、これまで理解を示していた今の夫の本心が
酔いの勢いで明らかになります。
そして、意外な事態になっていきました。

それにしても、切なくて寂しい想いに包まれている作品でした~
元夫、現在の夫、妻の3人とも良い人です。
特に現在の夫は国民党軍の兵士の元妻と結婚したことにより、言われなき差別を受けています。
長年の間、それを受け止めて生きてきました。
そこには彼の妻への愛が見えますし、妻も夫を本当に良い人だと感じて暮らしています。
でも、妻にとって夫は愛すべき人なのですけど、恋をする人ではなかったのです。
そのすれ違いが本当に切なかったです(T_T)

ラストの展開に、中国の家族というものの難しさを感じました。
苦労してきた人が本当の幸せを見つけられない現実が悲しいなあと感じた1本です。

hitsuji_APART-TOGETHER.jpg

監督:チュアンアン 出演:リサ・ルー リン・フォン シュー・ツァイゲン モニカ・モー
2010年 中国 原題:APART TOGETHER
(20110310)

→公式サイトはこちらへ http://shokutaku.gaga.ne.jp/


nice!(19)  コメント(24)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 24

non_0101

ぷるたぶさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 13:24) 

non_0101

galapagosさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 19:22) 

non_0101

月夜空さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 19:23) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 19:24) 

non_0101

広島ピアノさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 19:25) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 19:25) 

erucat

ご無事でしたね良かったです^^
by erucat (2011-03-13 22:03) 

non_0101

ねじまき鳥さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-13 22:52) 

KLY

よいお話だったのですが、ちょっと余りにも葛藤を感じられない
演出に拍子抜けしてしまったようです。
想いは解るのですけどね…。
by KLY (2011-03-13 22:53) 

non_0101

erucatさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
当日は無事に帰って来ることが出来ました(^^ゞ
by non_0101 (2011-03-13 22:54) 

たいちさん

東西ドイツや南北朝鮮でも、このような話を聞きますね。台湾と中国の間にも多いのですね。

by たいちさん (2011-03-13 22:57) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
台湾へ行った人は40年も帰って来れなかったことを改めて知りました。
家族が引き裂かれてしまうのは、やっぱり切ないです(T_T)
by non_0101 (2011-03-14 00:01) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
割と淡々と進んでいく展開はちょっと不思議でしたね。
そういうふうに運命を受け止めるものなのかなと考えながら観ていました。
いろいろ考えさせられる作品でした☆
by non_0101 (2011-03-14 00:56) 

なぎ猫

カンヌで賞撮った映画(ベネチア?)ですね!中国映画、久々なので(自分にとって)時間があったら見に行きたいです。
by なぎ猫 (2011-03-15 21:58) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
銀熊賞だったと思うので、ベネチアかな?
家族の姿を通して、中国の歴史を改めて考えさせられる作品でした。
ぜひ、機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-03-16 08:40) 

non_0101

tamagoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-16 22:26) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-16 22:27) 

non_0101

月夜さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-16 22:30) 

non_0101

thisisajinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-16 22:30) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-16 22:35) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-17 21:44) 

キキ

こんにちは。
この映画、予告をみて観たいなと思っていました。
再会のあと家族はどうなっていくのか・・・。


by キキ (2011-03-20 22:55) 

non_0101

キキさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
再会の後、あっさり片付くかと思ったら、
やっぱり色々ありました。
どの気持ちも分かるなと思えるところが切なかったです☆
by non_0101 (2011-03-20 23:56) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-03-26 10:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。