SSブログ

ザ・ファイター [さ行]

実話を元に描いたボクサーと彼の家族の物語です。
アカデミー賞で助演賞2部門を受賞して話題になっていたので楽しみにしていました。
ボクシングシーン以上に、母親をはじめとする家族たちの強烈さが印象に残る作品でした。

その日、ウォード家にはテレビカメラが入っていた。
兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)の自伝テレビ映画を作るためだ。
ディッキーはボクサーとして町の名誉と言われるほどに活躍した時期があったが、
その後、薬物で身を崩して、今では常に薬に溺れている日々を送っていた。
だが、彼はいつか復活すると思い込んでいて、テレビカメラも自分の復帰を撮るためだと明るく信じていた。
ディッキーの弟ミッキー(マーク・ウォールバーグ)は現役のボクサー。
薬で犯罪にも手を染め始めた兄を見捨てることなく、精神的に頼りにもしていた。
そして、そんな兄の指導と、ボクシングを理解していない母のマネージメントとのもとに試合を行なって来たが、
このところは試合の折り合いが悪く負けが続いていて、調子も下降気味だった。
そんなある日、ミッキーは酒場で働くシャーリーン(エイミー・アダムス)に一目惚れした…

この兄と母を見ていると、主人公にとってはボクシングよりも生きることが大変だったなと感じてしまいました(^^ゞ

実在のボクサー、ミッキー・ウォードと彼の家族を描いたドラマです。
ボクシングのドラマかと思っていたら、どちらかというと家族の物語でした。
なにせこの家族が強烈なのです。
ミッキーの異父兄ディッキーと母、そして何人いるのか数えられないほどいる姉妹たちが
みんなミッキーにべったりとくっついています。
特にディッキーと母の二人とも自己中で、ミッキーの世話をしているようでいても
結局は自分の利益のことしか考えていません。

ミッキーはそんな二人に振り回されて負けが続き、ボクシングを諦めかけてしまいます。
そんなミッキーの気持ちに気付こうともしない二人に対抗するのが、
ミッキーが一目惚れしたシャーリーン(エイミー・アダムス)です。
彼女はミッキーを家族から自立させようとします。
彼女には遊びが過ぎて大学を中退し、酒場で働くようになってしまったという過去があるのですけど、
いざとなったら気の強さでは負けていません。
彼の盾となって姉妹と取っ組み合いの喧嘩もしてしまうほどです。
そんな彼女の強い気持ちが後押しして、ミッキーは少しずつ変わりはじめました。

それにしても、さすがはアカデミー賞ものの演技ですね~
母を演じたメリッサ・レオの存在感もめちゃくちゃ強烈でしたけど、
兄を演じたクリスチャン・ベイルのなりきりようは怖いくらいです。
全体的に漂わせている雰囲気とか表情がどう見てもクリスチャン・ベイルには見えませんでした。
本当になりきることで映画に存在しているのだなと感じる演技でした。

エンドロール前に映し出される本人たちの姿を観て、やっぱり兄ちゃんは目立ちたがり屋なのねと
ちょっと笑ってしまいました。
それでも二人が仲良さそうにみえたのが嬉しかった1本です。

hitsuji_FIGHTER.jpg

監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベイル エイミー・アダムス メリッサ・レオ ジャック・マクギー
2010年 アメリガ 原題:THE FIGHTER
(20110401)

→公式サイトはこちらへ http://thefighter.gaga.ne.jp/


nice!(17)  コメント(25)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 25

coco030705

こんにちは☆
面白そうな作品ですね。クリスチャン・ベール、やはりなりきってるんですね。役に入れ込むタイプですものね。マーク・ウォールバーグは「タイタンの戦い」以来注目してます。
これでアカデミーの助演男女優賞を持ってっちゃったんですよね。「英国王……」のヘレナ・ボナム・カーターにとってもらいたかったのに残念。
でも次回みるのは「ザ・ファイター」に決めました!(^^)
by coco030705 (2011-04-03 11:22) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ストーリーはボクシングよりも家族の物語がメインでした。
その家族がもの凄く強烈で、なるほどアカデミー賞だ!と思わせる二人のアクの強い演技に引き込まれました。
特にクリスチャン・ベールは別人でした~
ヘレナ・ボナム・カーターも良かったので残念でしたね。
演技的にはどちらにもアカデミー賞を挙げたかったです☆
by non_0101 (2011-04-03 12:21) 

non_0101

tamagoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:21) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:22) 

non_0101

koalaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:22) 

non_0101

綾小路曽根斗麿さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:22) 

non_0101

artfuldodgerさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:23) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:23) 

non_0101

erucatさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-03 12:23) 

たいちさん

アカデミー賞の助演賞を独占した映画なので、気になっていました。機会あれば観たいと思っています。
by たいちさん (2011-04-03 16:45) 

KLY

クリスチャンがほんとなりきってました。
最後にご本人出て来たけど、これがまあ良く似てて^^;
いっつも喰われがちな彼が今回はマークをくってましたが、
ディッキーとミッキーの関係がそのままで面白かったです。(笑)
by KLY (2011-04-03 18:36) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
受賞した2人ともかなりアクの強い役でした~
特にクリスチャン・ベールはなりきり方も壊れ方も凄かったです☆
by non_0101 (2011-04-04 00:46) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
本人たちの似てましたね~
もちろん顔かたちは違うのですけど、雰囲気がそっくり。
よくもこんなに違う人物に似させることが出来るなと
しみじみ思いました。
> ディッキーとミッキーの関係がそのままで面白かったです
やっぱり兄ちゃんは目立ってましたね☆
by non_0101 (2011-04-04 00:48) 

non_0101

@ミックさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-04 00:49) 

non_0101

ねじまき鳥さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-04 00:49) 

non_0101

のむらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-04 00:50) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-04 00:50) 

beamuse

おはようございます

この作品はボクシング映画で観ると
少し物足りないかもしれませんが、
濃い家族愛映画?として観ると満足できます
辛い場面もありますが、軽い「あしたのジョー」
感覚でよかったです
確かに「羊さんの一言」がぴったりです
by beamuse (2011-04-04 06:43) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
とっても濃い家族愛映画でしたね(^^ゞ
強烈な兄&母ととても数の多い姉妹に圧倒されました~
何のかんのあっても仲が良かったですね☆
by non_0101 (2011-04-04 12:46) 

coco030705

こんばんは。
観ました!おもしろかったです。TBさせていただきますね。
それから、マーク・ウォールバーグは「タイタン…」ではなく
「ディパーテッド」でしたね。「タイタン…」はサム・ワーシントンでした。
失礼しました。(^^)
by coco030705 (2011-04-09 22:46) 

なぎ猫

クリスチャン・ベールもマーク・ウォルバーグも本当にいい俳優になりましたよね!!何かあるとわらわらと女兄弟が出てくるところとか、なんだか可笑しかったです。最後にやっぱり兄弟の絆が繋がるところがよかったです。
by なぎ猫 (2011-04-10 11:55) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。TBをありがとうございました!
あっ、そう言えばサム・ワーシントンでしたね~
超ビッグタイトルに続けざまに出演して、しばらく観ていませんね。
今度はどんな作品に登場するか楽しみです☆
by non_0101 (2011-04-11 00:12) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
強烈な母ちゃんも怖かったですけど、あの大勢の小姑たちも怖かったです。
本当に“わらわら”でしたね(^^ゞ
by non_0101 (2011-04-11 00:14) 

cs

こんな母と兄が居て、とりあえず数居るってだけでストレスになりそうな小姑たちと、逃げ出したくなっておかしくはないとんでもない逆境といえる特殊な状況の描写が、どうもほぼ実話の通りみたいなんですよね。
すごいなぁ。
クリスチャン・ベールの完全に行っちゃう半歩だけ手前の狂気が凄まじかったですね。こういうキャラクターは特に演じ甲斐があるんじゃないでしょうか。
メリッサ・レオの母役もそうなんですが、そういうキャラクターを振り切って表現するリスクも当然ある訳で、なんか逆に清々しいですね。
by cs (2011-06-13 23:40) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
こんなに強烈な家族を背負って生きるって大変すぎます(T_T)
そして、そんな女性たちに一人で立ち向かったシャーリーンも凄かったです。
この映画の女性たちには圧倒されました~
それにしても、さすがはアカデミー賞ものの演技でしたね。
あの迫力は半端なかったです☆
by non_0101 (2011-06-14 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13