So-net無料ブログ作成

未来を生きる君たちへ [ま行]

今年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞した人間ドラマです。
賞レースで話題になっていた時から公開を楽しみにしていました。
暴力に対する強い心や、復讐の連鎖を断ち切る気持ちの大切さを考えさせられる作品でした。

せめて、この復讐の連鎖を子供たちには繋げたくないという願いを感じました。

内戦状態のアフリカとデンマークの小さな港町を舞台に、
暴力のもたらすものは何かを考えさせられるような物語です。
アフリカのキャンプに派遣されているフィンランド人の医師アントン(ミカエル・ペルスブラント)は
腹部に切り傷を負い、瀕死の状態で担ぎ込まれてくる女性たちに出会います。
そしてアントンは異常な精神と暴力で人々を恐怖に陥れている男の存在を知ります。
自分の悦楽のために他人を殺す暴力の存在に無力さを感じながらも、
彼は必死に治療をしていくしかありませんでした。

一方、アントンの家族はデンマークで暮らしています。
妻マリアン(トリーヌ・ディルホム)は病院で働く医師で、二人の息子を育てています。
息子のうち長男のエリアス(マークス・リーゴード)はいじめの対象になっています。
ある日、ロンドンから祖母のいるこの街へ引っ越してきたクリスチャン(ヴィリアム・ユンク・ニールセン)は
エリアスが校門前で虐められているところを見かけます。
クリスチャンは鋭い目つきで、グループのボス格の男子をじっとみつめていました。

二つの土地で繰り広げられる暴力と憎しみの連鎖は、その大きさと残酷さはともかくとして
暴力というものがどれほど人の心を傷つけていくのかを実感させてくれます。
良識を持つアントンが暴力の対処方法を子供たちに提示しますけど、
暴力の怖さを知っている子供たちには、その方法や考え方が納得できません。
そして、子供たちの決意がまたひとつの悲劇へと繋がろうとしていました。

それにしてもこういう作品を観ると、人間の不確かさと柔軟に成長していく心を実感させられます。
小さな子供の頃、大人は完璧で絶対的なものだと思っていたのですけど、
大人になってみると大人もまた不完全で間違いが多い人間なのだと理解します。
それでも大人であることはやはり子供の手本とならなければならないのですよね。
そして子供も、大人が間違う人間であることを少しずつ理解していきながら、
それ以上に大切な繋がりや気持ちがあると知って成長していくのだなと思います。
この作品は、そんなことをつらつらと考えていた10代の頃の気持ちを思い起こさせてくれました。

こういう作品を子供の頃に観ていたら、衝撃だったろうなと感じました。
出来たら多くの子供たちに観て欲しいなと思った1本です。

hitsuji_HAEVNEN.jpg

監督:スサンネ・ビア 出演:ミカエル・パーシュブラント トリーヌ・ディルホム ウルリク・トムセン マルクス・リゴード ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン
2010年 デンマーク/スウェーデン 原題:HAEVNEN/IN A BETTER WORLD
(20110814)

公式サイトはこちらへ http://www.mirai-ikiru.jp/

nice!(15)  コメント(19)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 19

KLY

これは現実なんですよね。しかし理想と現実の折り合いを
どうつけたらいいのか。考えてしまいましたよ。
復讐は何も生まないけれど、私は個人的には苛められっぱなし
になるぐらいなら、それが可能なら反撃するのもありだと思うの
です。
やっぱり未来を生きる子供たちに見せたい作品です。
by KLY (2011-08-15 20:17) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
アントンが暴力を振るう者は愚かで、暴力を仕返したら自分も愚か者になるという言葉に
クリスチャンが、本人が愚か者だと言うことに気付いていないと反論して
なるほどなあと思ってしまいました。
本人が暴力は愚かだと気付くにはどうしたらいいのか…
それが暴力しかないとしたら哀しいですけど、それも現実なのですよね(T_T)
by non_0101 (2011-08-15 21:07) 

non_0101

yokatelierさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-15 21:08) 

non_0101

ムネタロウさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-15 21:08) 

non_0101

Extar12さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-15 21:09) 

non_0101

マチャさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-16 08:54) 

non_0101

nikiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-16 08:55) 

non_0101

cuartaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-16 08:55) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-16 08:55) 

想也

憎しみは憎しみしか生み出さない。
憎しみで荒んだ心は、たとえ復讐を果たしたとしても、救われ癒されることはなく、なお深い傷が残るだけだと思います。
愚か者かどうかはわかりませんが、哀れですよね・・・

この映画、そのうち観てみようと思います。
by 想也 (2011-08-16 09:12) 

non_0101

想也さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に哀れですよね。
そしてそんな人の暴力が子供たちを脅かしている様子に、何とも苦い気持ちになりました。
とても見応えのある作品でした。
ぜひ、機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-08-16 21:58) 

non_0101

munesueさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-16 21:59) 

non_0101

ブラザーボブかきもとさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-16 22:01) 

なぎ猫

こないだ予告編を見ました。中々良さそうな映画ですね。邦題がクサいですけど。
by なぎ猫 (2011-08-16 22:38) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
とても見応えのある作品でした~ お勧めです☆
見終わってみると、このタイトルはなかなかgoodかも(^^ゞ
by non_0101 (2011-08-16 23:08) 

non_0101

himakkoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-17 08:51) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-17 22:55) 

non_0101

月夜さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-17 22:56) 

non_0101

yonta*さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-08-18 23:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15