SSブログ

ミケランジェロの暗号 [ま行]

第二次世界大戦末期のオーストリアを舞台に描いたサスペンスです。
ユダヤ人美術商一家に伝わる名画の行方をナチスが追うという展開に惹かれてチャレンジしてみました。
ユダヤ人美術商とナチスの攻防が予想以上に面白くて最後までドキドキする作品でした。

1938年。ウィーンで画廊を営んでいたカウフマン家は代々美術商をしている名家だったが、
最近はユダヤ人ということで一家を取り巻く状況が悪化しつつあった。
そんなある日、使用人の息子で長いこと行方知れずになっていた
ルディ・スメカル(ゲオルク・フリードリヒ)が突然帰宅した。
兄弟のように育ったヴィクトル(モーリッツ・ブライブトロイ)が喜んで迎え入れた直後に騒動が起き、
ヴィクトルとルディは拘置所に入れられてしまう。
1日後に帰宅した息子とルディをカウフマン夫人は喜んで迎え入れるが
一家の長であるヤーコプ・カウフマン(ウド・ザメル)は笑顔を見せながらも何かを考えるような顔をしていた。
その夜、ヴィクトルが一族の秘密である名画をルディに見せているのを見かけたヤーコプは
名画を隠すための画策を密かに開始した…

父の読みは深かったです。

1938年から1945年までの動乱の時代の中で、ミケランジェロの名画を巡る攻防を描いた作品です。
この名画はカウフマン家の祖先から伝わっていたもので秘密になっていたのですけど、
息子のヴィクトルが気を許してルディに見せたことからナチスの知るところとなります。
実はルディは権力欲しさにナチスへ入っていたのです。

ルディと彼の上官の策略で、絵の没収と共にカウフマン一家は収容所送りにされます。
その数年後、ヒトラーとムッソリーニとの友好の証としてこの名画が登場した時、
実はこの絵が偽物だったことが判明してしまいました。

それにしても、面白い展開でした。
息子の安易な行動を見て全てを予測した父の仕掛けは深かったです。
一方で息子ヴィクトルのキャラクターもちょっと面白かったです。
お坊ちゃまらしい悠長さを持つ性格なのか、
いろいろな状況を受け止めながら運を見方に進んでいきます。
その彼の最後の芝居は、もう答えが分かりながら観ていても痛快でした。

ナチスが絡むと重たい展開になる作品が多い中、純粋にサスペンスとして楽しめることが面白かったです。
観終った時、同じスタッフで未見の『ヒトラーの贋札』も観なくちゃと思った1本です。

hitsuji_MY-BEST-ENEMY.jpg

監督:ヴォルフガング・ムルンベルガー 出演:モーリッツ・ブライブトロイ ゲオルク・フリードリヒ ウド・ザメル マルト・ケラー ウーズラ・シュトラウス ウーヴェ・ボーム メラーブ・ニニッゼ
2010年 オーストリア 原題:MEIN BESTER FEIND/MY BEST ENEMY
(20110910)

公式サイトはこちらへ http://code-m.jp/


nice!(29)  コメント(37)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 29

コメント 37

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-12 08:54) 

niki

面白そうですね^^
by niki (2011-09-12 10:21) 

月夜空

まず題名に惹かれて、見たくなるかもしれないです^^
父の仕掛けがどんなものだったのか知りたくなってしまいます=*^-^*=
by 月夜空 (2011-09-12 11:12) 

たいちさん

実際に、ヒトラーは名画を沢山集め、洞窟に保管していたそうですね。
by たいちさん (2011-09-12 22:34) 

なぎ猫

ヒトラーの贋札、以前見たんですけど・・・あまり覚えてないです。
by なぎ猫 (2011-09-12 23:03) 

beamuse

おはようございます
たしかにナチスが絡むと難しい感じになりますが
かなり興味がわきました
by beamuse (2011-09-13 07:06) 

non_0101

nikiさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
歴史と絵がキーになっていて、かなり面白いサスペンスでした~
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-09-13 08:43) 

non_0101

月夜空さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
原題とはちょっと違いますけど、観終わってみるとなるほどというタイトルでした。
父の仕掛けには偉い!と思ってしまいます(^^ゞ
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-09-13 08:46) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
本当にこんな歴史があったのかは分からないのですけど、
映画みたいなことがあったら面白いなと思いながら観ていました。
当時の歴史を知りたくなる作品でした☆
by non_0101 (2011-09-13 08:48) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私はうっかり見逃したままです~
あの恨めしそうな顔をした主人公の予告編は印象に残っているのですけど(^^ゞ
いつか機会がありましたら、チャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2011-09-13 08:49) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ナチスが絡む話なので、もっと重いかと思っていたのですけど、
意外にエンターテイメントに観られる作品だと感じました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-09-13 08:52) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:52) 

non_0101

kakoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:52) 

non_0101

Ritaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:53) 

non_0101

ぺこんぎんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:53) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:54) 

non_0101

幸せ家族さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:54) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:54) 

non_0101

nanamamaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:54) 

non_0101

galapagosさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:55) 

non_0101

MITURUさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:55) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-13 08:56) 

きさ

これ、面白そうなので今日見てきました。
なかなか良い映画でした。
ナチスの時代の話なので重いかと思いましたが、意外と軽妙で面白かったですね。
前半の過去の話は割ともたつく感もありますが、後半の展開ははらはらさせましたね。
ラストも良かったです。

by きさ (2011-09-15 21:22) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
面白い作品でしたね~
私も重い作品かと構えながら観に行ったのですけど、
意外にエンターテイメント作品になっていて楽しめました。
ラスト、いいですよね☆
by non_0101 (2011-09-16 00:32) 

non_0101

alba0101さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-16 00:33) 

non_0101

マチャさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-16 00:33) 

non_0101

nyonyoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-16 00:34) 

怪しい探麺隊

こんばんは。
今日観てきました。
ナチスとかユダヤ人収容所とか言いつつも、悲惨な絵柄はあえて避けて
軽ぅ~い感じに仕上げている感じでした。
本物の絵の隠し場所は観てたらすぐに分かっちゃったけれど、
ルディとヴィクトルの立場が二転三転するのが面白かったです。
by 怪しい探麺隊 (2011-09-16 01:10) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
偉大なお父さんが亡くなってしまったりとか、哀しい出来事は多いのですけど、
あえてエンターテイメントに仕上げたという感じでしたね。
絵の隠し場所は、その一歩手前の罠が上手いなあと思いました。
ヴィクトルが意外にしっかりとナチスの制服を着こなしていましたね。
あんなシーンは初めて見ました(^^ゞ
by non_0101 (2011-09-16 08:33) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-16 21:38) 

non_0101

そらさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-24 12:23) 

non_0101

munesueさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-24 12:24) 

non_0101

yonta*さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-24 12:24) 

non_0101

TSAさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-24 12:25) 

non_0101

たんたんたぬきさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-24 12:25) 

hatch

平日の午後いちに見ました。
ほぼ満員(主に年配の方々)でびっくりしました。
主人公のゆったりした性格が良かったです。
ありえない展開が面白かったですね!
by hatch (2011-10-08 16:12) 

non_0101

hatchさんへ
こんばんは。年配の人にも人気の作品は、平日の昼間も人気なのですね~!
あの主人公のキャラクター、いいですよね。
何でも悠長に受け止めてしまうというか(^^ゞ
あのありえない展開に出来たのは、主人公のキャラクターのおかげですね☆
by non_0101 (2011-10-08 20:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

探偵はBARにいるスリーデイズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。