SSブログ

J・エドガー [さ行]

アメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァーを描いたドラマです。
クリント・イーストウッド監督&レオナルド・ディカプリオ主演でどんな人物像になるのだろうかと
公開を楽しみにしていました。
絶大な権力を持ちながらもとても寂しい人だったのだなとしみじみと感じるような作品でした。

その死はあまりにも孤独でした。

1924年にFBI長官に任命され、1972年に亡くなるまで8代の大統領に仕えたエドガーの人生の物語です。
私のイメージするFBIとはドラマや小説で登場するような強い権力を持つ組織で、
科学捜査と情報分析で事件を解決していくような人たちです。
その礎を創り上げたエドガーは、アメリカでは正義の象徴みたいな人なのかも知れません。
でも、この物語では正義を主張する反面、虚栄心や臆病な弱さを持つ姿も映し出していました。

情報のデータベース化や科学的な情報を集めて分析することの導入。
そして、国全体を包括的に捜査していくことが出来るような法の成立。
いろいろな功績がある反面、やがて、彼はこの情報収集能力を自分に害を及ぼしそうな相手を黙らすために
秘密を掴んでおくという、個人的な保身のために活用したりもします。
そのあたりは公私混同というか、もしかしたらエドガーは自分とFBIを同一視していたのかもと感じました。

それにしても、英雄的なFBI長官というイメージとは全く違っている私生活でした。
女性を愛せずに男性である腹心の部下といつも一緒にいるのに、その愛はもちろん公表できません。
母を生涯大切にした反面、その他には心を開いて信頼できる人がほとんどいなくて
誰もを疑ってしまうような人生です。
そんな彼のあまりにも孤独で寂しい死の姿は、ちょっとショックで切なかったです(T_T)

全体的には色を少し落として淡々と展開されていくので地味な印象ですけど、
その分、主人公の人生を繊細に伝えてくれた気がしました。
エドガーの最後の姿を観た時、ディカプリオにアカデミー賞をあげたいなあと思った1本です。

hitsuji_J.-EDGAR.jpg

監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジュディ・デンチ
2011年 アメリカ 原題:J. EDGAR
(20120118)

公式サイトはこちらへ http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover/index.html

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は1月28日以降の予定です。


nice!(17)  コメント(26)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 26

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-22 09:39) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-22 09:40) 

non_0101

macaronさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-22 09:40) 

non_0101

tysminaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-22 17:37) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-22 17:38) 

月夜

孤独な死を迎えるのですね(;‐;)
by 月夜 (2012-01-23 00:09) 

non_0101

月夜さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
とても寂しい死なのです(T_T)
それが可愛そうで哀しかったです☆
by non_0101 (2012-01-23 00:18) 

たいちさん

ディカプリオ ファン必見の映画ですね。イーストウッドとのタッグもいいですね。アカデミー賞では、いいところへいくことを祈ってます。
by たいちさん (2012-01-23 14:55) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-24 00:17) 

non_0101

Ritaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-24 00:17) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
主人公の若い頃と老年の頃の時代を交差させながら展開されていくので、
もしかしがらディカプリオのファンは老けメイク&出ているお腹にショックを受けてしまうかも知れません^_^;
でも、頑張って演じていました☆
by non_0101 (2012-01-24 00:20) 

non_0101

マチャさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-24 00:21) 

KEI

えっ?・・・と思ったら試写会だったのですね!(笑)
これは今一番観たい作品です。
これは行くかな映画館に・・・(^^♪
by KEI (2012-01-24 01:33) 

non_0101

KEIさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
試写会が当たった友達に連れて行ってもらいました(^^ゞ
どちらかというと地味で淡々としている展開でしたけど、
その分、あれだけ世界に名をとどろかせた主人公の孤独な人生が
伝わってくるような作品でした。
最後はもう寂しさでいっぱいという感じでした☆
by non_0101 (2012-01-24 08:59) 

beamuse

こんばんは
ディカプリオの演技がかなり注目されているらしいという噂を聞いたのでこの作品はとても楽しみにしています

by beamuse (2012-01-24 23:10) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
残念ながらディカプリオはアカデミー賞のノミネートも逃してしまいましたね(T_T)
頑張っていたのだけどなあ。
やっぱり盛り上がりのない作品だからでしょうか☆
by non_0101 (2012-01-25 08:45) 

non_0101

marthaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-27 23:19) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-27 23:19) 

怪しい探麺隊

こんばんは。私も試写会で観てきました。
ディカプリオは熱演でしたね。
by 怪しい探麺隊 (2012-01-28 00:54) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
熱演でしたね~
そうそう、老いた主人公を演じていた彼はフィリップ・シーモア・ホフマンみたいだなとちょっと思いました(^^ゞ
by non_0101 (2012-01-28 20:14) 

yonta*

観ました♪
図書館のシーンで、コンピュータのない時代に、これ作るのって
どれだけかかったのだろうと考えてしまいました^_^;
by yonta* (2012-02-02 01:13) 

non_0101

yonta*さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ものすごい労力でしたよね^^;
あのカードのシステムはこの人が作ったのか~と思いました。
もしかしたら、きっと手書きですよね、あのカード…
発想もですけど、やりとげることが凄いですよね☆
by non_0101 (2012-02-02 08:22) 

きさ

実話という事もあり割と地味な映画ですたね。
有名な大統領との確執もロバート・ケネディとニクソンに関しては割と描いていますが、それほど描いていませんし。
どちらかというとフーバーの人間像に焦点を当てています。
フーバーの活躍時期が長いので分かりにくい映画という意見もありましたが、お話は割と分かりやすかったです。
ただ、フーバーと当時のアメリカ社会の知識がないとあまり楽しめないかも。
主要人物3人(特にディカプリオ)の老けメイクは凄いですが、ちょっと老けシーンが長いですね。
久々にリー・トンプソン(バック・トゥ・ザ・フューチャー)が出ていましたね。

by きさ (2012-02-02 22:49) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
主人公を淡々と描いている作品でしたね。
私もあまりアメリカ社会を知らないので、知っている人にとっては
彼の隠されていた人生こそがインパクトなのだろうなと感じました。
リー・トンプソン出ていましたか!?気付かなかったです~☆
by non_0101 (2012-02-03 08:28) 

きさ

三人の女性と食事をするシーンの一人がリー・トンプソンでした。
ダンスを誘って断られるのがトンプソンです。
本当に久々に見ました。

by きさ (2012-02-03 22:16) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。再びありがとうございます!
上品な女性たちの一人だったのですね~
もう一度見直す機会があったらチェックしてみたいです☆
by non_0101 (2012-02-04 10:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7