SSブログ

シグナル~月曜日のルカ~ [さ行]

関口尚著の『シグナル』を映画化した青春ドラマです。
ちょっと謎めいた予告編を観て、どんな作品なのだろうかと気になっていました。
映画館を舞台にした少女のストーリーは切なくて、でも爽やかな笑顔もくれるような物語でした。

こんな映画館があったらいいなあと思いながら観ていました。

ひと夏のボーイ・ミーツ・ガールの物語です。
夏休みで田舎の実家に戻ってきた大学生の恵介(西島隆弘)は地元の映画館でバイトを始めました。
映画館の映写技師であるルカ(三根梓)が捻挫をして一人では大変なため、
期間限定で彼女の助手をするというものです。
時給は相場の2倍という割の良さですけど、実はそれには条件がありました。
その3か条の条件は、技師長の過去を探らない、月曜日の技師長はナーバスなのでそっとしておく、
そして、技師長に恋愛しないという、ちょっと不思議なものでした。

支配人(井上順)はいつもルカを心配そうに見守っています。
そして、やっぱりルカの過去が気になっている恵介に、彼女は事情があってここ3年ほど
映画館から1歩も外へ出ていないことを打ち明けてくれました。
余程の事情があると察した恵介が、ルカにいつも明るい笑顔で優しく丁寧に接していると
無表情だった彼女の方も少しずつ打ち解けてきて、やがて笑顔を見せるようになってきます。
でも、彼女の笑顔にほっとしたの束の間、仕事を終えて映画館を後にした恵介の前に
ひとりの若い男が近付いてきました(>_<)

それにしても、やっぱり古い映画館っていいですね~
名画座としていつも名作を上映しているような映画館です。
そこに来て映画が始まると、全てを忘れて夢中になれるなんて最高の時間ですよね(^^)
そんな映画館でデジタルではなくフィルムを繋ぎながら上映するなんていいなあと思いながら観ていました。
そして、そんな映画館を愛しているお客さんたちも素敵だなあと感じました。

もちろん、映画館だけではなくて俳優陣も良かったです(^^ゞ
西島隆弘さんのちょっと弱そうだけどお兄さんらしいカッコ良さや、三根梓さんの飾らない初々しい存在感、
そして、高良健吾さんのインパクトある演技はさすがで、彼らの物語に引き込まれていきました。

所々で出てくる映写の豆知識やフィルムの扱い方、上映される作品やポスターが何とも興味深かったです。
観終った時、私も星空の下でガメラを観たいなあと思った1本です。

hitsuji_getuyoubi-no-ruka.jpg

監督:谷口正晃 出演:西島隆弘 三根梓 高良健吾 白石隼也 井上順 宇津井健
2012年 日本
(20120613)

公式サイトはこちらへ http://signal-movie.com/index.html


nice!(12)  コメント(17)  トラックバック(3) 

nice! 12

コメント 17

non_0101

Ritaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 08:46) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 08:46) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 08:47) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 08:47) 

non_0101

南りんくすさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 22:14) 

non_0101

artfuldodger3さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 22:14) 

non_0101

yukkoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-14 22:15) 

たいちさん

主演の三根梓は新人なんですね。これから注視しますね。
by たいちさん (2012-06-14 23:37) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
三根梓さんはこの作品が映画初出演のようです。
彼女の新人らしい初々しさが前面に映し出されていて、
そんなところも良かったです。
これからどんな活躍をしていくのか楽しみですね☆
by non_0101 (2012-06-15 00:22) 

k_iga

加賀まりこの「月曜日のユカ」と関連あるのかしらん?
by k_iga (2012-06-16 00:05) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-16 11:04) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私もタイトルが似ているなあと思ったのですけど、
物語は全く違っていました(^^ゞ
でも、今作のタイトルもストーリーのキーになっています☆
by non_0101 (2012-06-16 11:10) 

ガメラ医師


non_0101 さま、こんにちは。
 突然コメントを差し上げ、たいへん恐れ入ります。
はじめまして。私は、下記のTBを致しました「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、作中で「ガメラ対ジグラ」が上映された「シグナル~月曜日のルカ~」の関連記事情報をまとめておりまして、この度6月15日付けの下記TBの更新中にて、こちらの映画鑑賞記を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。
by ガメラ医師 (2012-06-16 19:24) 

non_0101

ガメラ医師さんへ
はじめまして♪ コメント&TBをありがとうございました!
“ガメラ”からたどり着かれましたか!
あのガメラの上映会は本当に楽しそうでした~
スクリーンに映っていたお客さんたちもみんな笑顔でした(^^)
ご紹介をして頂いてありがとうございますm(__)m
後ほど遊びに行きますね☆
by non_0101 (2012-06-16 20:28) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-19 08:37) 

きさ

ちょっとお話に無理はありますが、好感持てる映画でした。
「時をかける少女」の谷口監督という事で期待したのですが、さすがにあの作品の様には行かなかったですね。
主演の三根梓はなかなか素材としてはいいですが、演技力はちょっと、、まあデビュー作という事で今後に期待ですね。
相手役の西島隆弘がうまいのでカバーされていたかな。
お話はほとんど映画ファンの妄想に近いかも。
映画館に美少女の映写技師が住んでいてって、、ありえないですね。
戦前の山中貞雄監督の「丹下左膳余話 百萬両の壺」を除いて上映される映画が大映映画ばかりなのは大映が倒産したので使用権が安いからでしょう。

KLYさんの所で知ったのですが、舞台となる映画館「銀映館」は上越市にある「高田世界館」で撮影されたそうです。この映画館の雰囲気がいいです。
http://www.kai-ten.net/takadasekaikan/

by きさ (2012-06-21 22:17) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ミステリー仕立てですけど、映画とか映画館への愛がいっぱい詰まった作品でしたね。
映写機を操作するシーンは何度観てもいいなあと思ってしまいました。
なるほど、このシチュエーションは映画ファンの妄想っぽいのですね(^^ゞ
こんな映画館が近くにあったら、毎週通いたくなってしまいますよね☆
by non_0101 (2012-06-21 23:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

一枚のめぐり逢いBeyond the ONEDAY ~S.. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。