SSブログ

グランド・マスター [か行]

1930年代から戦後の中国を舞台に武術家たちの生き様を描いていくウォン・カーウァイ監督の新作です。
予告編を観て、どんな戦いが描かれているのだろうと気になっていました。
戦いと言うよりは、人生そのものが描かれているような重厚なドラマが繰り広げられていました。

武術の世界で世代交代が起きようとしていた頃。
当時の第一人者である北の八掛拳の宗師・宝森は自分の限界を悟り、
南北流派統一にふさわしい継承者を求めていました。
そして、南の代表者として選ばれていた葉問(トニー・レオン)に目を付けます。
葉問がいくつかの挑戦を勝ち進んで、宝森との対決になった時、
彼は武術ではなくて思考の戦いを葉問に挑んできました。
そして、人格的にも素晴らしいことを証明した葉問に宝森は負けを認めました。

でも、宝森の娘・宮若梅(チャン・ツィイー)は父の負けが許せません。
父の遺志に反して、葉問にリベンジを仕掛けます。
互いに拮抗している力を持つ葉問と宮若梅は、ギリギリの戦いの中でお互いを認め合います。
しかし、そんな心の交流を引き裂くように、戦争が世界を壊していきました。

それにしても、独特の美しさを持つ作品でした。
特に予告編にもあった戦いのシーンの美しさは圧倒的ですね。
スローモーションが多用されていて、壮大な音楽と共にとても美しく映し出されていました。

また、実は戦いの物語というイメージを持っていたのですけど、観てみると大河ドラマのように
登場人物たちの人生を映し出していて、静けさを感じるシーンも多かったです。
しかも、登場人物たちの行き着く先がみんな寂しそうで、それは辛いなあと思いながら観ていました(-_-;
そして、その胸が痛くなるような展開は、時代に翻弄されたためなのか、
それとも武術に生きたためだろうかと考えさせられました。

映像も美しかったですけど、俳優陣も揃っていてみんなカッコ良かったです~
特にトニー・レオンの戦いのシーンは本当に美しくて、彼が苦労しただけはあるなあと実感しました。
チャン・ツィイーも可憐なのにとても強い女性がとても似合っていました。
そして、何と言っても二人が戦うシーンの迫力には圧倒されました。

観終った時、この映像はずっと頭に残っていそうだなあと思いつつ、
彼らの生き様に思いをめぐらせた1本です。

hitsuji_GRANDMASTER.jpg

監督:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン チャン・ツィイー マックス・チャン ワン・チンシアン チャン・チェン
2012年 中国 原題:一代宗師/THE GRANDMASTER
(20130521)

公式サイトはこちらへ http://grandmaster.gaga.ne.jp/


nice!(25)  コメント(31)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 25

コメント 31

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 08:53) 

non_0101

有城佳音さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 08:58) 

non_0101

さつきさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 08:58) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 08:59) 

ぽん

映画館に行くとこの映画の大きなポスターというか段ボールのような立体的なものが置いてあり、主役三人のそれぞれの顔と使命のようなものが書かれていて、アクション映画なのに悲しい映画だな~という雰囲気が出てました。

こちらはDVDが出てからみようかな~っと思ってます。
by ぽん (2013-06-01 09:14) 

non_0101

ぽんさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
スローモーションの映像を使いながら、スピード感とキラキラした雰囲気が印象的でした。
戦いのシーンが圧倒的だった分、悲しみも心に残る作品でした。
DVDになったら、ゆっくりとチャレンジしてみて下さいね☆
by non_0101 (2013-06-01 21:38) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 21:39) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 21:39) 

non_0101

くーぺさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 21:40) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 21:40) 

coco030705

こんばんは。
予告編では戦いのシーンが強調されていましたが、nonさんの
レビューを読むと、人生をうまく描いてあって感動作のような
感じですね。できたら観たいと思います。
by coco030705 (2013-06-01 23:21) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私も予告編を観て、何となく戦いが多い「LOVERS」のようなイメージを持ったのですけど、
展開の中では戦いのシーンはそれほど多くは無かったです。
今作を観て改めて、喜びやカッコいいシーンが美しいと本当に楽しくなりますけど、
哀しくて寂しいシーンが美しいと、めちゃくちゃ切なくなるなあと感じました。
機会がありましたら、チャレンジしてみて下さいね☆
by non_0101 (2013-06-01 23:41) 

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-01 23:41) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-02 16:14) 

non_0101

ねじまき鳥さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-02 16:14) 

たいちさん

先日、監督とトニー・レオンらが舞台挨拶に来日していましたね。
ブルース・リーの武術の師匠イップ・マンを描いているそうで、予告編を観ても美しい武術ですね。是非観たい一本です。
by たいちさん (2013-06-03 11:09) 

non_0101

cafelamamaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-04 08:40) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-04 08:40) 

non_0101

HIROMIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-04 08:41) 

non_0101

ネオ・アッキーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-04 08:42) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-04 08:42) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
トニー・レオンはかなりの怪我をしながらも頑張ったそうです。
戦いのシーンは本当に美しかったです~
全体的には大河ドラマな雰囲気でしたけど、
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2013-06-04 08:44) 

non_0101

ムースさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-04 08:44) 

beamuse

こんばんは
スローモーションが美しい格闘シーンを映像化していました
「チャン・ツィイー 」美しくて強くて悲しい人生がなんとも言えません 凛としている女性とはこんな感じでしょうか
by beamuse (2013-06-04 21:22) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
よく考えるとみんな寂しい人生を送っている気もするのですけど、
こういう人生もあるのだなあと思いながら観ていました。
格闘シーンは本当に美しい映像でしたね~
チャン・ツィイーの美しさも格別でした。
“凛としている”このキャラクターにはぴったりでしたね☆
by non_0101 (2013-06-04 22:33) 

non_0101

アルファルハさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-06-07 23:05) 

ta74382

おもしろかったですか?

カーワァイ、昔から大ファンなんだけど、待望の新作はなんとイップマンのカンフー映画と聞いて…。まだ観てません。

う〜んどうしようかなあ、やっぱり観とくべきかなあ。

でも文を読むところをみると、ただのカンフー映画じゃなさそうですね?
by ta74382 (2013-06-07 23:12) 

バラサ☆バラサ

ウォン・カーウァイが苦手(除く「花様年華」)な私には、ドニーさんのイップ・マンのほうが遥かに面白かったです。そこはかとないB級臭がだたよいますが。一方、ウォン・カーウァイは、A級。

by バラサ☆バラサ (2013-06-11 18:49) 

non_0101

ta74382さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
というか、またまたお返事が遅くなってしまってすみませんm(__)m
ただのカンフー映画ではなかったです~
面白い(楽しい)と言うよりは、重厚な作品を観たなあと息をつく感じでしょうか(^^ゞ
カンフーシーンも含めてウォン・カーウァイ監督らしい映像の作品でした☆
by non_0101 (2013-06-11 20:56) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ドニーさんのイップ・マンは未見ですけど、
カンフー映画として楽しそうなのは、きっとそちらでしょうね(^^ゞ
何と言ってもドニーさんですし♪
by non_0101 (2013-06-11 20:59) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 23:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15