SSブログ

ある愛へと続く旅 [あ]

マルガレート・マッツァンティーニ著の小説をもとに映画化した愛と戦争を巡る人間ドラマです。
主演のペネロペ・クルスとエミール・ハーシュがどんな物語を見せてくれるのだろうと気になっていました。
二人の心身を削るような演技と共に人の愛の深さと戦争の狂気が作り出す残酷さに圧倒される作品でした。

それでもその子を大切に思えるのが母なのだろうなと感じました。

1本の電話から始まる物語です。
ローマで優しい夫と暮らすジェンマ(ペネロペ・クルス)のもとに、ボスニアに住む旧友の
ゴイコ(アドナン・ハスコヴィッチ)から夏のバカンスに遊びに来ないかという電話が来ました。
ボスニアは若い頃に留学して青春を過ごした土地であり、
息子ピエトロ(ピエトロ・カステリット)が産まれて以来の場所です。
内戦の混乱期を知る旧友の声に、ジェンマは息子を連れて彼の生まれ故郷へ向かうことにしました。

実はピエトロの父は今の夫ではありません。
ボスニアの内戦の中で当時の夫であるアメリカ人写真家のディエゴ(エミール・ハーシュ)と
地元の女性アスカ(サーデット・アクソイ)の間に生まれた子供です。
ジェンマとディエゴは深く愛し合っていて子供を欲しがったのですけど、彼女は子供が出来ない身体でした。
2度の流産を経て代理母での出産を望み、希望者のアスカとディエゴを引き合わせたのです。

代理母で子供を作るという選択はジャンマの希望だったのですけど、
でも、それはジェンマ自身の心を深く傷つけてしまいました。
猜疑心と嫉妬心に壊れたジェンマはディエゴとの愛をも壊してしまいます。
その果てに誕生した赤ちゃんを連れて、ジェンマは戦争で破壊された町から必死に
故郷のローマへと帰ってきます。
そして、その時に出会って幼子を抱えた彼女に優しく接してくれたのが今の夫でした。

それにしても、隠されていた真実は凄かったです(T_T)
今回の旅が何のために企画されたのかがラスト近くで判明します。
その真実に、ジェンマの猜疑心と嫉妬心なんてすぐに吹き飛んでしまいました。
そして、真実を知ったジェンマと共に私もアスカを抱きしめてあげたくなりました。

サラエボの戦争はこれだ、この夏に観たアンジェリーナ・ジョリー監督作『最愛の大地』を思い出すと同時に
どうして戦争はこんなむごいことが出来るのだろうなあとため息が出ました。
観終った時、この物語もきっと忘れることは無いだろうなあと感じた1本です。

hitsuji_TWICE-BORN.jpg

監督:セルジオ・カステリット 出演:ペネロペ・クルス エミール・ハーシュ アドナン・ハスコヴィッチ サーデット・アクソイ ピエトロ・カステリット
2012年 イタリア/スペイン 原題:VENUTO AL MONDO/TWICE BORN
(20131124)

公式サイトはこちらへ http://www.aru-ai.com/


nice!(22)  コメント(25)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 25

たいちさん

ペネロペが好演していると評判の映画ですね。ラストが気になりますね。
by たいちさん (2013-12-09 23:33) 

non_0101

はせおさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:42) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:42) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:43) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:43) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:43) 

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:44) 

non_0101

KINYAN0829さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:44) 

non_0101

makimakiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:45) 

non_0101

teftefさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:45) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:45) 

non_0101

ぽんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:46) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:46) 

non_0101

夢の狩人さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:46) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:47) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ペネロペ・クルスは若い頃と現代を上手く演じ分けていてさすがでした。
ラストに分かる真実はかなり胸にドーンと来ました~☆
by non_0101 (2013-12-10 12:48) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:49) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-10 12:51) 

non_0101

ブラザー★ボブさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-11 23:31) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-15 13:21) 

non_0101

chokouさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-15 13:22) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-12-15 13:22) 

coco030705

こんにちは。
昨日コメントを付けようと思ったら、上からドン!という音がしたので
地震かと思いました。でも部屋のものが何も揺れていなかったので
上の階の住民の人が何か倒したか、落したかですね。真夜中だったので
びっくりしました。>(@_@)vv そのままそそくさと寝てしまいました。
そんなわけでコメント遅くなりました。

私は戦争を知らない世代なので、戦争のことは映画やドキュメンタリー、
本でしか知りえません。その中でも映画はやはりインパクトが強く、しかも
わかりやすいですよね。これからも戦争を描いた映画を観続けたいものだ
と思います。この作品も行きたいのですが、仕事が忙しくなってきたので、
DVDで観るかもしれません。
by coco030705 (2013-12-15 17:19) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。コメントもありがとうございました!
夜中に“ドン!”はめちゃくちゃ怖いですね(>_<)
その後は何事も無くて幸いでした~

この作品は現代に続く物語なので、なおさら感じるものがありました。
かなりきついシーンもありますけど、アンジー監督作「最愛の大地」を観てから
この作品を観る方が解りやすいところがあるかも知れません。
機会がありましたら、チャレンジしてみて下さいね☆
by non_0101 (2013-12-15 19:46) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-01 19:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4