So-net無料ブログ作成

イヴ・サンローラン [い]

20世紀を代表するデザイナー、イヴ・サンローランを彼のパートナーの視点を中心に描いた作品です。
天才と呼ばれたデザイナーってどんな人生を送っていたのだろうと気になってチャレンジしてみました。
華やかさの影で、繊細な心を持つ天才の苦悩と愛の行方が美しい映像と共に描かれていました。

とても華やかなショーのシーンに、観ているだけで幸せな気分になるの同時に、
繊細な天才と一緒に居るのって、本当に大変ですね…と思ってしまいました^_^;

若くしてクリスチャン・ディオールの片腕として才能を見出されたイヴ・サンローラン(ピエール・ニネ)は
ディオールの亡き後を継いで華々しいデビューをします。
誰もがその才能を認める存在となったのも束の間、アルジェリア戦争による暗い影がフランス全体を覆ってきました。

そんな中、とうとうイヴにも召集令状が届きます。
彼は何とか拒もうと思いますけど、マスコミや世間体を考えた会社は彼に軍へ入ることを望みました。
そして、数日後に入隊した彼はすぐに精神病院送りになってしまいます。
しかも、一時的な症状ではなくて、重い精神病と診断されたのでした。

出会ってすぐに惹かれ合い、パートナーとなっていたピエール・ベルジェ(ギョーム・ガリエンヌ)は
そんなイヴを支えようとします。
ピエールは彼に“君は生きたいのか、死にたいのか”と問いかけます。
そして、死にたいなら何も出来ないけれど、生きたいなら彼を支えようと告げました。

それにしても、イヴ・サンローランを支えるピエールの苦労をしみじみと感じる物語でした。
ピエールはデザイン以外には何も出来ないイヴを一流のデザイナーにするために頑張ります。
でも、精神的に弱く気まぐれなイヴは、ピエールが仕事で多忙な時は寂しいと言って浮気をするし、
自分が他人と楽しい時間を過ごしている時には、ピエールが話しかけても見向きもしてくれません。

その上、イヴが仲間たちと遊んでアルコールとドラッグで精神が壊れかけたために自宅謹慎にすると、
ピエールは周りから白い目で見られてしまいます。
それでも、ピエールにとってイヴはかけがえの無い存在ですし、イヴにとっても必要不可欠な人です。
そして、イヴは苦しみながらも、必死に美しくて優雅な服を考え出し、
時には社会に大きな影響を与えるほどの斬新なデザインを創り上げていきました。

何と言ってもイヴを演じたピエール・ニネのそっくり度にはびっくりでした。
生前イヴの飼っていた犬が、ピエール・ニネが映画のスチール撮影のために来た時に
飛び掛らんばかりに喜んで懐いていたという逸話があるほどです。
(Q&Aでは、僕は犬の気持ちは分からないので、彼がそっくりだから犬が懐いたかどうかは分からないと
監督さんは笑っていましたけど(^^ゞ)

また、何度かショーのシーンが登場しますけど、映画の中で一番最近のショーについては
実際にピエール・ベルジェが来て、色々教えてもらったそうです。
もともとショーの演出はピエール・ベルジェ自身が行っていたそうで、
そんなふうにもイヴを支えてきた人なのだなと思いました。
そして、この映画のためにアーカイブから借りたという実際のデザインの衣装が彩る
華やかなショーのシーンはとても印象的でした。

観終った時、美しいデザインを創り上げることの大変さを改めて感じたと同時に
こういう人が才能を開花させられたのも、フランスだからだろうなあとしみじみと思った1本です。

hitsuji_YVES-SAINT-LAURENT.jpg

監督:ジャリル・レスペール 出演:ピエール・ニネ ギョーム・ガリエンヌ シャルロット・ルボン ローラ・スメット マリー・ドゥ・ヴィルパン ニコライ・キンスキー
2014年 フランス 原題:YVES SAINT LAURENT
(20140628)

公式サイトはこちらへ http://ysl-movie.jp/

追伸
この映画はフランス映画祭2014で観ました。公開は9月6日以降の予定です。


nice!(22)  コメント(24)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 24

コザック

これみたいんですよね~
ほんとにそっくりだとおもった。
っていうのを体感したいと思ってるんですよね。
実はけっこう重めのすとーりなんですね。。
by コザック (2014-06-29 02:03) 

non_0101

makimakiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:06) 

non_0101

コザックさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
華やかな世界の裏で苦悩するイヴ・サンローランの姿が印象的でした。
ぜひ、そっくりな主人公にビックリしてみて下さいね☆
by non_0101 (2014-06-29 11:18) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:20) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:21) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:21) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:21) 

non_0101

enosanさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:21) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:22) 

non_0101

りんりんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-29 11:22) 

ぽん

ファッションのことは全くわからず(^^;
なので名前だけはしっているイヴやディオールのデザイナーさんたちがすでに亡き人になっているとは全然知らず(^^;
ほんと、わたしってうといな~っと痛感いたしました~
オシャレの好きな方々にはほんと興味のある映画でしょうね~(^^)
by ぽん (2014-06-29 22:10) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-30 00:13) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-30 00:13) 

non_0101

ネオ・アッキーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-30 00:14) 

non_0101

さらまわしさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-30 00:14) 

non_0101

夢の狩人さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-30 00:14) 

non_0101

ぼんさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私もファッションはかなり疎い方で、イヴ・サンローランの顔も
何年か前にドキュメンタリー映画があったので知っていたくらいです。
(そちらは未見です(^^ゞ)
繊細な天才であるがゆえの苦労は見ていて痛々しかったですけど、
そこから生まれるデザインは素敵でした。
私もファッションに詳しかったら、登場する衣装にも色々感じるものが出てきて
もっと深く楽しめたろうなあと思いました☆
by non_0101 (2014-06-30 00:22) 

non_0101

青山実花さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-06-30 00:22) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-07-03 12:58) 

non_0101

空の下さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-07-03 12:58) 

non_0101

suhr0045さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-07-03 13:00) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-07-06 22:46) 

non_0101

hana2014さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-07-06 22:46) 

non_0101

einsteinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-07-10 21:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2