SSブログ

ウォッチメン [う]

アメリカで人気のグラフィック・ノベルを強烈な映像で映画化した作品です。
ハードな暴力シーンと個性的なキャラクター、そしてディープな世界観に圧倒されました~

続きを読む


nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

WALL・E/ウォーリー [う]

ピクサーの最新アニメです。
アメリカの公開は夏だったのに日本は12月… そんなに待てない~と思っていたので
東京国際映画祭のクロージング(六本木)で観て来ました。
期待通りの可愛くて楽しいSFファンタジーでした\(^^)/

地球から人間がいなくなって700年が過ぎた地球は、
ビルよりも高いごみの山がそびえ立つ灰色の星になっていた。
人間が汚した地球を片付けるために残されたのはロボットのウォーリー。
たった一人で黙々とごみを立方体に固め、積み上げる日々を送っていた。
ウォーリーはいつもごみの中から面白そうなものを持ち帰り、自分の住処に溜め込んでいた。
中でもお気に入りはミュージカルのビデオ。
繰り返し観ては、恋人たちが楽しそうに手を繋ぐシーンにうっとりしていた。
そんなある日、空から宇宙船が降りてきた。
そして一台の美しいロボット・イヴを置いていった…

今年一番観たかった作品です。やっぱりピクサーのアニメには愛が溢れていました(^^)

本当に可愛かったです~!!何ってウォーリーの動きが!
あの楽しくて可愛い仕草だけでやられました(^^ゞ
何をおいても指令が最優先の堅物イヴも、ウォーリーの一途さにはほだされますよね~
ウォーリーが危機に陥るとパワー全開で助けようとします。
そして彼らの活躍が人々の運命を変えていくのです。

それにしてもピクサーってこういう動きが上手いですね。
ほとんど台詞も無いロボット2台の交流なのに、動きだけで彼らの気持ちが伝わってきて
凄いなあと感心してしまいました。
もういくら観ていても飽きないだろうなあと思ってしまいました。
また、未来の人間たちは想像以上の生活ぶりで笑ってしまいました。
楽そうなのですけど、でもちょっと嫌だなあと思うような生き方です(^^ゞ
でも、明るい希望を感じられる展開はやっぱりピクサーでした☆

観終わった時、手を触れ合うことがどんなに素敵なことかなんて可愛いことを
しみじみと思ってしまった1本です。

hitsuji_D-War.jpg

監督:アンドリュー・スタントン
2008年 アメリカ 原題:WALL・E
(20081026)

追伸
この映画は東京国際映画祭で観ました。公開は12月5日の予定です。

追伸2
ようやく吹替版を観てきました☆
やっぱりアニメの吹替版は気楽に観られていいですね~
特に前半はほとんど言葉が無いので、字幕版とほとんど同じように楽しめました。
時々、絵の中に出てくる日本語を見つける度に、芸が細かいなあと感動でした(^^ゞ
(20090119)

nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

ウォンテッド [う]

グラフィックノベル原作のアクションです。予告編を観て面白そうだなあと思っていました。
アンジェリーナ・ジョリーはさすがの存在感でした~

いつも上司には嫌味を言われ、親友には恋人を寝取られ、
その恋人にはバカにされる日々を送っているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)。
そんな彼がある日、危険な雰囲気を身に纏っている美女(アンジェリーナ・ジョリー)に話しかけられた。
人違いだと不審に思っているウェズリーに彼女は、あなたのお父さんを知っていると言い始める。
だが、話の途中で突然、美女は店の中にいた男と銃撃戦を始めてしまった。
慌てて逃げ出すウェズリーを、銃撃戦をしていた男がトラックで追いかけて来た。
もう逃げられないとうずくまるウェズリーだったが、美女の乗った車が彼を拾い上げた…

何にも考えずに楽しめるアクションでした~

望遠からズームアップする映像。
ガラスを破って空中へ飛び出すスローモーション。
奇妙に曲がっていく弾道。
情けなさが似合うジェームズ・マカヴォイの丸まった背中。
タトゥーがぴったりで潔いアンジェリーナ・ジョリーの美しい姿。
そしてジェームズ・ボンドや『シューテム・アップ』も顔負けのアクションと銃撃戦。
テンポや展開はそれほど意外性は無いのですけど、派手なアクションが楽しかったです(^^)

何と言ってもアンジェリーナ・ジョリーがいいです☆
『ハンコック』のシャーリーズ・セロンもですけど、本当に役の振り幅が大きい女優さんですね。
今回は危険な笑顔と共に最高の暗殺者をとことんカッコよく演じていました。

また、めちゃくちゃ痛い特訓を受けながら少しずつ成長していくジェームズ・マカヴォイも楽しかったです。
彼は優しそうな表情からなのでしょうか、どうも虐げられる役が似合ってしまいますね(^_^.)
ものすごく嫌味な上司とのスローモーな対決シーンは、ギャグまんがのように面白かったです~

アンジーにぴったりな潔い展開に、なるほど~とちょっと納得した1本です。

hitsuji_WANTED.jpg

監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:ジェームズ・マカヴォイ アンジェリーナ・ジョリー モーガン・フリーマン
2008年 アメリカ 原題:WANTED
(20080914)

nice!(6)  コメント(17)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

うた魂♪ [う]

予告編で予想したとおりのコミカルで楽しい青春ストーリーでした。
少女コミックのようなキャラクターとストーリー展開が可笑しかったです(^^)

かすみ(夏帆)は高校2年生。合唱部のホープとしても活躍している。
彼女は可愛くて歌の才能もある自分のことが大好き。
注目されるたびにやっぱり自分は可愛いのねとニコニコしている。
そんな彼女の意中の人は生徒会長の牧村くん(石黒英雄)。彼を観ているだけでときめいていた。
ある日、彼がかすみに写真を撮らせて欲しいとお願いしてきた。
歌っている姿が自分の一番!と思っていたかすみは快諾をする。
だが、出来上がった写真には、可愛いとは程遠い表情の彼女が映し出されていた…

素直で可愛くて、つい笑ってしまうような楽しさのある作品でした(^^)

かすみは脳内ですぐにファンタジーを作り出していしまう女子高生。
合唱部所属の彼女は自分のことが大好きで、そして自分以外のことはあまり見えていません。
それに目立ちたがり屋なので、合唱に大切な調和も実は考えていません。
それでも彼女のもつ可愛さと歌の上手さという才能で人の心を惹きつけてきました。

でも、歌っている顔を好きな男の子に面白いと言われてしまうのです。
人前で歌うことが怖くなった彼女は、大好きな歌を歌うことも出来なくなってしまいます。
恋に破れ、自分にも自信のなくなった彼女は、歌を止めようと思ってしまいます。

そんな彼女に活を入れるのが、やはり“高校生”でライバル校“合唱部”部長なのですけど、
演じているのがガレッジセールのゴリさんです。
ありえない~と思うのですけど真面目に頑張っているので、段々可笑しさを通り越していきいました(^^ゞ
また、のだめの上野樹里さんほど突飛ではないですけど、
夏帆さんもかなり天然なキャラクターを頑張って楽しそうに演じていました(^^)

笑いどころもいっぱいで、予想以上に笑ったなあと思った1本です。

監督:田中誠 出演:夏帆 ゴリ 石黒英雄 徳永えり 薬師丸ひろ子
2008年 日本
(080311)

hitsuji_utatama.jpg

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は4月5日以降の予定です。

nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

ウォーター・ホース [う]

ネス湖の怪獣ネッシーにまつわるファンタジーです。
小さい頃にわくわくしながら読んだ本のような、可愛くて夢のある物語でした(^^)

スコットランドのネス湖湖畔に住む少年アンガス(アレックス・エテル)はお父さんの帰りを心待ちにしていた。
お父さんはヨーロッパを占領しているドイツと戦うために戦争に行ったまま、何年も帰ってきていなかった。
お父さんの仕事小屋の中で、お父さんの面影をたどりつつ一人遊ぶ日々が続いていた。
そんなある日、海で不思議な石を見つける。
わくわくしながら持ち帰って周りにこびり付いたものを剥がしてみると、青く光る殻が出てきた。
そして、そのまま一晩置くと、見たことも無い生き物が誕生していた…

父の不在で笑顔が無くなってしまった孤独な少年が“ウォーター・ホース”と出会って
少しだけ成長していく物語です。

彼は偶然に出会った不思議な生き物“ウォーター・ホース”をクルーソーと名付けて密かに育てます。
また見つかってしまった時も「クルーソーには僕しか友達がいない」から育ててあげたいと訴えます。
でも翻せば、少年にもクルーソーしか友達がいないのです。
ちょっと寂しいなあと思いつつも、少年とクルーソーが心を通じ合わせる様子はわくわくしました。

じゃがいもが大好物のケルト伝説の生き物“ウォーター・ホース”は愛嬌があって可愛かったです。
でも、あっと言う間にどんどん大きくなってびっくりでした。さすがは伝説の生き物でした(^^ゞ

戦争を背景にしつつも、戦争なんか吹き飛ばしてしまうくらいの少年の純粋な想いと母の愛に
なんか癒されたような気がしました。
『ミリオンズ』のアレックス・エテル君とエミリー・ワトソンはさすがの演技でした~
落ち着いた輝きのあるスコットランドの風景もとても美しかったです。

イギリスって、こういう夢のあるファンタジーが本当に似合うなあと思った1本です(^^)

監督:ジェイ・ラッセル 出演:アレックス・エテル エミリー・ワトソン ベン・チャップリン
2007年製作 アメリカ 原題:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP
(080115)


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた [う]

公開前からとっても観たかった作品です。ようやく観てきました。
コミカルな演技と展開の中で、女性の持つ心の揺らぎと不安がストレートに描かれていました(^^)

ジェナ(ケリー・ラッセル)は誰もが認めるパイ作りの天才。
小さな田舎町の片隅にあるダイナーでその才能を発揮しながら、ウェイトレスとして働いている。
才能があって働き者で気立ても良く、ウェイトレス仲間に慕われている彼女だったが、
仲間たちには、あんなパイが作れるようになりたいけど人生は代わりたくないと言われていた。
ジェナには嫉妬深くて亭主関白なダメ亭主がいたのだ。
亭主のあまりの利己主義ぶりに嫌気のさしたジェナは家出のために密かにお金を貯めていた。
しかし、そんな矢先、ジェナは自分が妊娠していることに気付いてしまった…

女性監督が自分の体験をもとに描いた作品です。
こういう気持ちや不安はきっと女性なら誰でも分かるだろうなあと感じながら観ていました(^^ゞ

ジェナの最大の悩みは妊娠&出産です。
特に家出を計画している最中だったので、この妊娠により自分の人生の不幸が決定したと感じています。
子供が生まれてしまったら、もう一生ダメ亭主から逃げられないと思っているからです。
もちろん、ダメ亭主にはそんなことは言えないし、
仲間たちは妊娠をお祝い事だと思っているので、ジェナの不安が理解できません。
ジェナは笑顔の裏で、一人悩みを抱えながら日々を過ごしていきます。

幸せになれるはずの素質があるのに、亭主に縛られて人生を無駄にしていると感じているジェナ。
結婚する前はナイスガイだったのに、結婚したら甘えん坊のガキ大将みたいになってしまったダメ亭主。
そして、主人公の前に現れた遅かりし運命の人は、産婦人科医で既婚者。
そんなどう観ても幸せになれそうに無い登場人物たちなのに、何故か物語は面白く展開していきます(^^ゞ

それにしても、なんとも言えない不幸を背負っている主人公に
こんなに可愛いケリー・ラッセルを選んだ監督さんはすごいですね~
彼女のキュートな美しさと表情が、インディーズならではのコミカルな演出の中で
とっても生き生きと映し出されていました。
また、普通に描いたら地味で暗くなりそうな物語になるところを
絶妙なネーミングの美味しそうなパイで盛り上げつつ、さらりと見せてくれたのも楽しかったです(^^ゞ

こんなに素敵な作品を作り上げたのに若くして亡くなってしまった
エイドリアン・シェリー監督のご冥福をお祈りしつつ、劇場で観られて良かったなと思った1本です(^^)

監督&脚本:エイドリアン・シェリー 出演:ケリー・ラッセル ネイサン・フィリオン エイドリアン・シェリー シェリル・ハインズ ジェレミー・シスト
2007年製作 アメリカ 原題:WAITRESS
(071214)


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ヴィーナス [う]

優しくて温かくて、でもとても切なくなる物語でした。

ハンサムで人気俳優だったモーリス(ピーター・オトゥール)も寄る年波には勝てず、
死体役などをして細々と俳優家業を続けていた。
ある日、家も近所で茶飲み友達の俳優仲間イアン(レスリー・フィリップス)から
彼の家に姪の娘ジェシー(ジョディ・ウィッテカー)がやって来ることを聞かされる。
イアンは若い女の子に身の回りの世話をしてもらえると嬉しそうだった。
だが、翌日になると怒った顔をしたイアンの愚痴を聞かされる。
彼女は料理は全く出来ないし、気がきかなくて意思の疎通もうまく出来ないらしい。
そんな時、彼の家を訪ねたモーリスは若さゆえの輝きと傍若無人さを兼ね備えたジェシーに目を奪われる。
モーリスはジェシーを街へ連れ出すと自分のお気に入りの場所を案内し、かみ合わない会話を楽しんだ。
しかし、身体を蝕んできた病の重さを悟ったモーリスは、自分の命が残り少ないことを感じ始めていた…

70代の男性と20代の女性の心のふれあいがじっくりと描かれていました。

プレイボーイなモーリス。彼は幾つになっても女性に心を惹かれ女性を求めています。
妻と子供を残して家を出たのもそれが理由。70歳を過ぎても相変わらずです。
妻に愛しさを感じても、惹かれるのは20代の若い女の子ジェシーなのです。
でも、ジェシーがモーリスに感じるのは老いだけ。彼は老いの匂いがすると言って遠ざかろうとします。
若い彼女には彼の執着心が理解できず、重くて気持ち悪く感じるのです。

彼女は彼に老い=死の匂いを感じたのかも知れません。
若者にとって死は理解できないと同時に怖いものです。
モーリスは自分には余命が残り少ないことを感じ、やがて来る死を受け入れて始めています。
そんな時に出会ったジェシーは彼にとっては最後の“ヴィーナス”でした。

若さゆえの残酷さでモーリスを傷つけるジェシーと、そんな彼女を深い優しさで包もうとするモーリス。
二人の心が通じ合った時、彼は本当に心が安らぎと幸せを感じていました。

それにしても、ピーター・オトゥールとレスリー・フィリップスのやり取りは楽しかったです。
二人の会話とダンスは最高でした!
あと、ピーター・オトゥールとヴァネッサ・レッドグレーヴが交わす夫婦の会話も奥が深くて
ひとつひとつの言葉が心に染み入るように感じました。

次はどんなことを感じるか、また何年か経ったら見直してみたいなあと思った1本です。

監督:ロジャー・ミッシェル 出演:ピーター・オトゥール レスリー・フィリップス ジョディ・ウィッテカー
2006年製作 イギリス 原題:Venus
(071111)


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

海でのはなし。 [う]

観終わった時、しばらくこの映画の記憶と想いを
心に留めて置きたいなあと思ってしまいました。

ある日、楓(宮崎あおい)は父が携帯電話で話している会話を耳にする。
それは楓にはとても怪しい言葉に思えた。
楓は思わず父に「愛人がいるでしょう!?」と問いただしてしまう。
しかし、父も母も笑って取り合おうとはしなかった。
納得できない楓は、いつも頼りにしている博士[ひろし](西島秀俊)に相談する。
彼は楓にとって、深いところで繋がっているような気のする大切な人である。
その彼も、そんなことは無い大丈夫だよと笑って楓を励ました。
ようやく笑顔を取り戻した楓だったが、やがて思いもかけない真実が明らかになってしまった…

ひとつひとつのシーンが心に残る作品でした。
深い悩みも心の傷も、すべてを包み込むようなストーリーだなあと感じました。

この作品の持っている雰囲気がとっても好きです。
主人公たちを静かに真っ直ぐ見つめています。
シンプルだからこそ、大切なことが観るものにきっちりと伝わって来るような作品でした。
こんな素敵な作品がたった2日間で撮影されたなんて、ミラクルですね~

主演の宮崎あおいさんと西島秀俊さんの才能と魅力。
心に残る数々の台詞。
そして、聴いているだけで詩が胸にそっと入ってくるスピッツの歌。
本当に観て良かったなあと思う作品でした。

何回も開けて見てみたくなるような、大切な宝石箱のような1本です。


(070111)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ウィンター・ソング [う]

始まってすぐ、なるほどミュージカルだ~と思ってしまいました(笑)

上海で新作映画の記者会見が開かれた。
監督(ジェッキー・チュン)と主演女優のスン・ナー(ジョウ・シュン)、
そして主演男優のジェントン(金城武)の3人が記者からの質問を受けていた。
ジェントンはスン・ナーが気になる様子で、会見の間も彼女を見つめている。
実はこの二人はまだ俳優になっていない10年前に愛し合った仲だったのだ。
その思い出は、スター女優となったスン・ナーとしては忘れたいものだったのだが
ジェントンは今でもその愛を心に残したまま、苦しい想いをいだいていた…

歌の方は監督役のジェッキー・チュン以外はあんまりでしたけど、ストーリーの展開は
現在と過去、そして撮影されている映画のシーンが織り交ぜられていて面白かったです。
撮影の進行と共に2人の心が揺らいでいき、
その揺らぎと共に過去に何があったかが分かってきます。
なによりも愛を信じた男ジェントン。
愛よりも貧乏からの脱出を願った女スン・ナー。
そして男にとっては突然に、女にとっては必然として、愛は壊れてしまいます。

その後、彼女は過去を振り返らず、華やかにスターとなっていくのに
彼は心の傷を癒すことがどうしても出来ません。
その彼の執拗な様子は、正直ちょっと怖かったです…
が、やがて彼も自分を取り戻します。
10年ぶりに彼女と心を通じ合わせたことで、何かを感じることが出来たのです。
一方、忘れることによって苦い過去の全てを拒否していた彼女もようやく過去を認めるようになり
大切な愛の思い出もきちんと心にしまえるようになります。

たとえ過去の愛だとしても、忘れ去られてしまっては相手にとって辛いことです。
その時の想いを相手がちゃんと心に刻んでいると感じた時に終わる愛がある…
そんなことを改めて知らされた1本です。


(061206)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

美しき運命の傷痕 [う]

ただものではないフランス映画でした!

二人の子供を持つ母だが夫の不倫に悩まされる長女。
愛に臆病な心優しい次女。
父親ほどの年齢の男性と不倫しながら、その愛を渇望する三女。
そしてまた彼女たちの母にも、父との愛が壊れてしまったという過去があった。
そんな今、明かされた父の秘密とは…

母と娘三姉妹のそれぞれの愛を描いた物語です。
10年前に亡くなったポーランドの映画監督クシシュトフ・キェシロフスキ
(『トリコロール』三部作など)の遺稿だけあって、その愛の激しさは格別でした。

フランス映画に出てくる愛は、いつみても迫力あるなあと思ってしまうのですが
この映画で描かれている愛もそれぞれ一筋縄ではいかないものばかりです。
愛が無くては生きていけない。
でも、裏切られたら絶対に許さない。
そんな一途さと厳しさに圧倒されました。

特に秘密が明かされた後のシーンが強烈で私の理解を超えていて
観終わった後、これはちょっと怖いなあと思ってしまいました。

男性が見たら、なおのこと怖いだろうなあ…と思える1本です。


(060411)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! [う]

クレイアニメの世界を思う存分に味わえる、最高に楽しい作品です!

ウォレスとグルミットはコンビで害獣駆除“アンチ・ペスト”を営業している。
巨大野菜コンテストを控えた町民たちは、天敵ウサギから大切な野菜を守るために
ウォレスとグルミットをとても頼りにしていた。
そんなある日、突然、人間よりも大きい巨大ウサギが畑を荒らすようになってしまう。
このウサギは一体どこから現れたのか?そして、その正体は…?

発明好きだけどちょっと間抜けな人間ウォレスと
しっかり者の犬グルミットのコンビは最高!
特にグルミットが、いつもウォレスのために頑張っていて偉いです。
危機に陥ったウォレスを必死に助けようとする姿は、本当にヒーローです!
ウォレスが“頼りにしている相棒”というのがわかるなあという感じです。

粘土で出来ているということをすっかり忘れてしまうほど
リアルな表情&表現力は、さすがアカデミー賞です。
キャラクターたちがみんないい顔をしていました!

まだ今年は3ヶ月ですけど、今年観た映画の中で一番楽しく笑った1本です!


(060327)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

美しき野獣 [う]

激しい死闘が繰り広げられてアクションがいっぱいの
男たちの生き様を描いた作品でした。

力で相手をねじ伏せて事件を解決する型破りな刑事ドヨンには、父親の違う弟がいた。
しかし突然、弟を組織に殺され、その殺し屋を執念深く追うようになる。
一方、法をもって周到に相手を追い詰める検事オ・ジヌは
過去に因縁のあるやくざ組織の大物ユ・ガンジンを逮捕すべく証拠集めの調査をしていた。
オ・ジヌのチームがユ・ガンジンの殺し屋をターゲットに絞って張り込みをしていたところ
不審な男が乗り込んできて、殺し屋たちに殴りかかった。
あわてて張り込みチームと現場に乗り込むオ・ジヌ。
彼が不審な男につかみかかると、その男はドヨンだった…

この映画では刑事、検事、やくざの3人の生き様が描かれています。
やくざは“自分はすべてを手にした”と確信し
刑事は命を捨てても意思を貫き
検事はすべてを捨てて自分の正義を全うする。
どの生き様も潔く、でもとても哀しいです。

特に感じたのは、すべてを手に入れたと言っても
死んだらそこで終わってしまうということ。
だから、権力を手に入れるために親友を殺して
孤独になった人間は、結局はその意志を残せない。
でも、遺志を継いでくれる親友がいたならば
その人の想いは引き継がれ生き残っていく。
真の友を手に入れた人こそが残せるものというものがあって
それこそが、本当にかけがえの無いものなのかも知れないと思いました。

思っていたよりもいろいろ感慨深く感じた1本です。


(060314)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画