SSブログ

サブウェイ123 激突 [さ行]

『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイクしたサスペンスです。
オリジナルは未見のまま観て来ました。
デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの対決は迫力でした~

課長職から降格になり、司令室の現場担当になったウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)。
彼の身辺を会社の内部監査が調査中という噂はあったが、同僚たちからは慕われていた。
ちょうど2時を過ぎた頃、ガーバーが担当するペラム発1時23分(通称:ペラム123)が
突然停止してしまった。
異常を感じたガーバーが無線で問いかけるが、ペラム123からの応答は無い。
実はペラム123は銃を持った複数の男たちに乗っ取られていたのだ。
男たちは乗客に気付かれないうちに車掌を脅し、ペラム123を掌握していた。
彼らは車掌から操作等に使う鍵を奪い、1両目と2両目を切り離してしまう。
逆行し始めた2両目以降の乗客たちのうち、偶然乗り合わせていた警官が男たちに近付こうとすると
彼らは警官を撃ち殺してしまった。
そして、男たちの首謀者らしい男(ジョン・トラヴォルタ)からガーバーの無線へ連絡が入った…

ジョン・トラヴォルタがめちゃくちゃ悪い奴に見えました~

偶然、司令室の席に座っていたウォルター・ガーバー。
彼はある疑惑のために降格となり、監査に調査されています。
そんなガーバーの勤務中に、多くの人質の命と引き換えに1000万ドルの身代金を要求するような
大事件が起きてしまいます。
ライダーと名乗る主犯格の犯人に、たまたま交渉役として指名されてしまったガーバーは、
不慣れながらも犯人と会話を始めます。
そして、犯人に繋がるキーワードを少しずつ見つけていきました。

何故、ライダーはこんな大事件を起こしたのか。
それは実は始めの方からヒントがたくさん出てくるので、割とすぐに答えが出てしまっています。
もしかしたら、この物語は観ている者に謎解きをさせるものでは無いのかもと感じました。

ガーバーとライダーの人物像が面白かったです。
ライダーの会話の中で出てくる実体験の話などは彼の性格を上手く表していて
聞いていてなるほどなあと思いました。
また、何故ガーバーが降格されたのかという理由も、落とし穴に落ちた感じというか、
会社に雇われている人間の悲哀を感じられました。
きっと作り手たちはデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの
対決を見せたかったのかも知れませんね。
主人公たちの真の姿を彼らの独白で映し出せるのは、
やっぱり主人公を演じた二人が真実味と迫力のある演技の出来る
役者さんたちだからだろうなと感じました。

観ていて、ニューヨークの地下鉄って本当に迷路のようで面白かったです。
観終わった時、この映画で出てきた路線とかをちょっと知りたいと思った1本です。

hitsuji_TAKING-OF-PELHAM-1-.jpg

監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン ジョン・トラヴォルタ ジョン・タートゥーロ マイケル・リスポリ ジェームズ・ガンドルフィーニ
2009年 アメリカ 原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3
(20090826)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は9月4日以降の予定です。

nice!(7)  コメント(19)  トラックバック(17) 

nice! 7

コメント 19

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-27 12:42) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-27 12:42) 

coco030705

こんにちは。
アメリカの2大俳優の競演で、おもしろそうな映画だと思いました。
デンゼル・ワシントンは、先日朝のワイドショーに出ていました。
映画の予告編を見ると、少し老けたのかなと思いましたが、
TVでは若かったです。実際はそんなにお年でもないんでしょうね。
それに、明るくていい感じでしたよ。
機会があったら、みてみたいです。
by coco030705 (2009-08-27 16:50) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
謎解きとしては分かりやす過ぎるところもありますけど、
2大俳優の対決は面白かったです。
デンゼル・ワシントンはこの映画のために随分と増量したようです。
今はすっかり元に戻っていましたね~
機会がありましたら、気軽に楽しんでみてくださいね☆
by non_0101 (2009-08-28 07:11) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-08-28 12:34) 

たいちさん

私も試写会で観ました。仰せの通り、ワシントンとトラボルタの二人の演技、駆け引きを見せる映画ですね。特にトラボルタは好演技でしたね。ストーリーとしては、いろいろ突っ込みたい箇所はありますが、面白い映画でしたね。
by たいちさん (2009-08-28 13:09) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
やっぱり、二人の対決を見せる作品でしたね~
ジョン・トラヴォルタは楽しい役も迫力のある悪役も本当に上手いです。
ストーリーで一番突っ込みたかったのは、ネットの件です。
ちゃんと仕組みを知りたかったなあ(^^ゞ
でも、楽しめる作品でした☆
by non_0101 (2009-08-28 22:13) 

KLY

デンゼル・ワシントンが変わりすぎでびっくりしました。(笑)
『アメリカン・ギャングスター』の時はすっげーかっこよかった
んですけどねぇ。めちゃくちゃ普通のオヤジだし。^^;
ストーリーが古いのは否めないですけど、「んで、どうなるの?」
って常に思いながら観れたんで、私はかなり大満足でした。
ラストはちょっとアレでしたけどね。(苦笑)
by KLY (2009-09-06 00:27) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
デンゼル・ワシントンは化けていましたね~
普段はあんなにカッコイイのに、オーラを全く感じさせない役も出来るなんて
さすがだなあ…と観ていました。
全体的には分かり易いストーリーでしたね。
私はネット回線の仕組みだけ解説して欲しかったです(^^ゞ
by non_0101 (2009-09-06 09:20) 

きさ

今日見ました。
快作「サブウェイ・パニック」のリメイクですね。
なかなか面白かったですが、風呂敷の畳み方はイマイチかな。
ラストで色々な謎が放りだされているので、そこが弱い、と思いました。
デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの対決は良かったと思います。
まあ、前作のウォルター・マッソーとロバート・ショウの対決ほどではないですが。

by きさ (2009-09-11 23:21) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。“放りだされている謎”は気になりますね~
私は関係者全員が首を振っていたネットがどんなふうにしたら
使用可になるのか、ちゃんと仕組みを知りたかったです(^^ゞ
犯人たちは何に繋いでいたのだろうなあ。
主演の二人の対決はさすがでしたね!
オリジナルも良さそうですね~ 機会があったらチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2009-09-12 07:52) 

きさ

ネットの件はあまり不思議でもないかと。
想像ですが、地下鉄構内を走っていたインタネット線か電話線につないで電波を飛ばしただけじゃないかな。
技術的にはどって事ないです。
個人的にはやはりラストがすっきりしませんね。

by きさ (2009-09-12 08:24) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。あ、そんなに難しいことではないのですね!
地下鉄のプロたちが揃って首を振っていたので、
もっと難しいのかと思ってました(^^ゞ
ラストはちょっと引っかかりますよね~
この後、主人公は職場でどういう立場になるのだろうかと
ちょっと考えてしまいました☆
by non_0101 (2009-09-13 01:11) 

きさ

ラストは色々疑問がありますね。
市長が任せとけ、と言っているのでまた偉くなるとまではいかなくてもそれなりの立場になるのでは。
実は黒幕が主人公だったというヒネリかと思いましたが、、
深読みすぎでしたね。

by きさ (2009-09-13 07:46) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。主人公が黒幕だと怖いですね~
私は途中ちょっとだけ、市長が黒幕?とか考えてしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2009-09-13 11:19) 

キキ

こんにちは。

nonさんのジョン・トラヴォルタがめちゃくちゃ悪い奴に見えました~
にぷっと笑ってしまいました。^・^
二人の「激突」映画でしたね。
by キキ (2009-09-20 13:24) 

non_0101

キキさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ストーリーも見所も二人の「激突」でしたね(^^ゞ
最近のジョン・トラヴォルタって貫禄がついたせいか
悪役が似合う役者さんになりましたね~
今回の役も悪い奴度がパワーアップしていた気がしました(笑)
by non_0101 (2009-09-21 01:52) 

cs

デンゼルもそうなんですが、トラボルタもこの役を嬉々として演じてるのが分かりましたね。
凶暴なんだけど実に用意周到で知能的で、だからこそ一層危険なキャラクターで。
それにしても、NYCの市長がああいういかにも政治屋稼業を長くやってますっていうキャラクターでの見せ方なのも結構辛らつではないかなと個人的には思いました。
ジョン・タトゥーロの的確なサポートも見応えありました。こちらが警察なんだから、ほんとはもっともっと前に出てていいのに、役としては見事に脇に徹してました。現実には、あの場で初めて会った地下鉄職員に対してそこまで信頼して任せていいはずは無いんですけどね。でも、逆にかっこよかったです。
by cs (2009-10-10 08:57) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
> トラボルタもこの役を嬉々として演じてるのが
頭の切れるけど悪い奴というキャラクターが似合いますね。
二人の対決のシーンとか、やけに楽しそうでした~
ジョン・タトゥーロも良かったですね。
もっと嫌な奴かと思っていたら理解ある人物だったので
ちょっと嬉しかったです☆
by non_0101 (2009-10-10 23:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。