SSブログ

岬のマヨイガ [ま行]

野間児童文芸賞を受賞した柏葉幸子著の同名小説を原作にアニメ化した作品です。

避難所に避難していた高校生のユイ(芦田愛菜)は途方に暮れていました。
実は彼女は父親のDVから逃れるために家出をしている途中で東日本大震災に遭ったのです。
居場所も無い中、名簿にも本当のことを書けずにいました。

そんな中、ユイは両親を亡くした上に身を寄せていた親戚も東日本大震災で亡くしてしまった
ひより(粟野咲莉)と出会います。
小学二年生の少女も行き先が無くて避難所しか居場所がありませんでした。

すると、地元民のキワさん(大竹しのぶ)が二人の祖母を名乗り出ます。
二人はキワさんの孫として地元に迎いいれられると、3人で岬に建つ古民家に住むことになりました。

それにしても、お地蔵さまや仏像たちが頼もしくみえる作品でした~

赤の他人の子供二人を笑顔で迎い入れてくれるキワさんは、そのまま仏さまみたいですね。
しかも、彼女は河童や座敷童などの“ふしぎっと”たちとも仲良しなのです。
“ふしぎっと”たちはキワさんを助けてくれる優しい仲間たちでした(^^)

一方で、震災で封印が壊れてしまい、悪いものがこの地を覆い始めます。
人々の哀しみの気持ちを糧に力を得ていくあやかしです。
震災で傷ついた人々が多く暮らす地域では、巨大化してしまうのも無理はありません。
立ち向かおうとする主人公たちを多くの仏像たちや“ふしぎっと”たちが守ろうと集まるシーンは
観ていてワクワクしました。

あと、途中で何度か登場する昔話の映像が素敵で、この映像を創れるのは
日本のアニメだからだろうなと感じました。
キワさんの語りも上手くて、昔話のシーンはスクリーンに見入ってしまいました。

マヨイガ=迷い家 で、訪れた者に富をもたらすという伝説の家のことなのですね。
困っている人をこんなに優しく助けてくれるなんて、私も出会いたいなあと
ちょっと思ってしまいました(^^ゞ

観終わった時、ものすごく優しい気持ちになれた1本です。

hitsuji_misakinomayoiga.jpg

監督:川面真也 声の出演:芦田愛菜 粟野咲莉 大竹しのぶ
2021年 日本
(20210904)

→ 公式サイトはこちらへ https://misakinomayoiga.com/


nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 7

coco030705

こんばんは。
最近、こういう心温まる作品を、心が求めていると思います。
それに、妖怪やあやかしが出てくるのもおもしろそう。行けたら行きたいです。
by coco030705 (2021-09-05 21:44) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
微妙な問題もお地蔵さまにお願いするといつの間にか解決していたりとか
ちょっと可愛くて楽しかったです。
心がほっとするアニメでした~☆
by non_0101 (2021-09-05 22:00) 

non_0101

夢の狩人さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2021-09-05 22:00) 

non_0101

鉄腕原子さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2021-09-05 22:00) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2021-09-05 22:01) 

non_0101

tarouさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2021-09-05 22:01) 

non_0101

@ミックさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2021-09-05 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。