SSブログ

7つの贈り物 [な行]

ウィル・スミス主演作ということで気になっていた作品です。
今回のウィル・スミスはシリアスな演技で心の痛みをじっくりと伝えてくれました。

今作はあらすじが書き難いです。何を書いてもネタバレしそうなのです(^_^.)

映画は最初にラストに近いシーンが出てきて過去に遡るという手法で展開されるので、
観ている者は何が進んでいくのかが何となく分かっています。
それでも、本当にそれで終わってしまうの?という気持ちで観続けることになります。
主人公はそれくらいハードなことを成し遂げようと進んでいきます。

ウィル・スミスはいつも何かを背負っている人物を演じていますけど、
今回はあまりにも重いものを背負っています。
しかもダイレクトに背負い、その代償を払おうと考えます。
その行動の中で、彼が助けたいと思う人々と出会っていきます。
そして、彼は助けたいと思う人々に大きな影響を与えていきます。

それにしても今回の役は辛いですね~
ラストも含め、本当にそれでいいのか、それしかなかったのかと考えさせられます。
観終わった時、彼の心が癒されたと思えたのが救いかなあと感じた1本です。

hitsuji_SEVEN-POUNDS.jpg

監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス ロザリオ・ドーソン ウディ・ハレルソン バリー・ペッパー
2008年 アメリカ 原題:SEVEN POUNDS

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 6

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-02-24 12:40) 

non_0101

shinさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-02-24 23:03) 

たいちさん

ウィル・スミスと言えば、アクション俳優というイメージが強いのですが、今回は、しっとりと演技派ぶりを発揮しているらしいですね。好きな俳優ですので、機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2009-02-25 15:55) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
この作品は予想よりもかなり重い作品でした~
書くのが難しくて、上手く書けなかったです(^_^.)
今回のウィル・スミスは痛々しかったです。
でも、さすがの演技でした☆
by non_0101 (2009-02-27 00:15) 

バラサ☆バラサ

へらへら笑いながら、携帯メールなんか見て、事故をおこしましたから、もう少し重い贖罪でも良かったかなとも思います。なんて。

ウィル・スミスは、自分の息子主演で「ベスト・キッド」を製作するそうです。今度は少しは軽いノリで頼みます。
by バラサ☆バラサ (2009-03-10 23:47) 

non_0101

こんばんは。
nice&コメント&TBをありがとうございました!
アメリカの映画やドラマを観ていると、普通に携帯を使ってますよね~
あれだけ車社会なのだから、逆にちゃんと車での携帯を規制すれば
良いのに~と思ってしまいました(^^ゞ
「ベスト・キッド」は楽しそうですね☆
by non_0101 (2009-03-10 23:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10