SSブログ

重力ピエロ [さ行]

伊坂幸太郎著の同名小説を映画化したミステリーです。
悪の存在の強烈さと親子の絆の強さが心に響く作品でした。

春が2階から落ちてきた。
それは奥野泉水(加瀬亮)にとって強烈な記憶だ。
2歳下の弟・春(岡田将生)が高校生の時、泉水はバットを持った春と一緒に高校へ行った。
無邪気について行った泉水は、春の目的が野球とは関係無いことを知る。
男子高校生たちが気に入らない女子生徒を襲う計画を知って阻止しようとしていたのだ。
騒ぎが起きかけているところにバットを持って乗り込んだ春は、全速力で男子生徒たちを追いかけ始めた。
そして2階から飛び降りてくると、逃げようとした彼らを激しくバットで殴り始めた。
凄まじい怒りを見せる春に泉水は立ち尽くすことした出来なかった…

鮮烈なオープニングからラストまで、じっと画面を見つめていました。

大学院で遺伝子の研究をしている兄・泉水。
グラフィック・アートと呼ばれる落書きを消すクリーニング業をしている弟・春。
じっくりと研究に取り組む泉水に対して、絵の才能に優れて運動神経も良い春は
あまり似ていない兄弟です。
泉水は背が高く容姿端麗な弟にコンプレックスを持ちつつも、慕ってくる弟を大切に思っています。

そんな二人の前に連続放火事件が現れます。
春はその放火はいつもグラフィック・アートの書かれた近くで発生していることに気付きます。
そして、春の撮った写真を見ていた泉水は
そのグラフィック・アートに法則があることに気付いていきます。
何故、連続放火事件は起きているのか。
そして、グラフィック・アートは何を伝えようとしているのか。
謎に近付こうとした泉水の前に、記憶の底にしまっていた
過去の忌まわしい事件が再び姿を見せ始めました。

それにしても、兄=加瀬亮、弟=岡田将生、父=小日向文世 というのは最高のキャストですね~!
映画の中で「俺たちは最強の家族だ」という台詞があるのですけど
この父がこの兄弟を前にして笑顔で言うと、本当に最強のような気になりました。
そして、彼らの紡いでいくストーリーは心の中にドンと響いてくる、
重いけど愛しく感じるような物語になっていました(^^ゞ

印象的な春のシーンとキャストたちの姿を思い出しながら、
もう一度、原作を読んでみたいなあと思った1本です。

hitsuji_jyuuryoku-piero.jpg

監督:森淳一 出演:加瀬亮 岡田将生 小日向文世 鈴木京香 渡部篤郎 吉高由里子
2009年 日本
(20090515)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は5月23日以降の予定です。

nice!(5)  コメント(16)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 16

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-05-17 10:03) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-05-17 12:25) 

たいちさん

バットで殴ると聴くと、恐ろしい映画と思いましたが、家族愛の映画のようですね。小日向さんは、名脇役ですよね。
by たいちさん (2009-05-17 17:27) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
基本はミステリーなのですけど
その裏で家族の愛も語られているという奥の深い作品でした。
小日向さんは本当にいい役者さんですよね~☆
by non_0101 (2009-05-17 20:37) 

くまんちゅう

まいどどうもです
最強の家族を最強のキャストで見せてくれましたね
原作も読みましたが皆さんイメージ通りで嬉しかったです

by くまんちゅう (2009-05-18 01:58) 

non_0101

くまんちゅうさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
期待を裏切られない作品でした~
本当に原作のイメージ通りのキャストでしたね。
かなり嬉しかったです(^^)
by non_0101 (2009-05-18 06:51) 

由香

こんにちは~♪
原作の雰囲気を損なうことなく映画化されていましたね~
キャストの皆さんが皆ハマリ役でしたし♪
切ないんだけど温かいいい映画でした~
by 由香 (2009-05-24 17:01) 

non_0101

由香さんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
原作が大好きなのでどうかなあとドキドキしていたのですけど
こんなに素敵な映画が出来上がって良かったです。
本当にハマリ役でしたね~
終わる前にもう一度観てみようかなあと思うほど好きな1本になりました☆
by non_0101 (2009-05-24 23:33) 

twilightkuma

こんばんは。
原作のイメージを壊さない素晴らしい
出来と重いましたが、内容が重くてつらかったです。

もともと伊坂作品に私自身がついていけないのが
一番の問題なんですがf^_^;
写真の夏子が一番笑えました。
by twilightkuma (2009-05-27 22:38) 

non_0101

twilightkumaさんへ
こんばんは☆ 夏子さんは可笑しかったですね~
あの写真のシーンはかなりウケました(^^ゞ

伊坂作品によく出てくる究極の悪というか非道な行いには
読んでいても観ていてもやっぱり辛いですね(T_T)
これは慣れるものではなく、辛いと思いながら先へ進むしかないのかも…
と思いながらいつもチャレンジしています。
今回は“最強の家族”にちょっと救われました☆

by non_0101 (2009-05-27 23:31) 

キキ

こんばんは。
試写会で見たかったのですが(笑)当たらなくて
今頃観に行ってきました。
映画の日だったので人はいっぱいでした。
爽やかなのに重くて悲しい映画でしたね。
若返った小日向さんのカツラ?には笑いました。
by キキ (2009-06-04 03:05) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
やっぱり人気の作品なのですね。
キャラクターが爽やかですよね~
でも、重さは伊坂作品らしくドンと心に来ました。
“若返った小日向さん”楽しかったですね☆
by non_0101 (2009-06-04 12:35) 

みつかこねか

Nonさん、お早う!
見ごたえのある、原作のよさを最大限に引き出した
素晴しい内容の映画でした。
親子3人の息はピッタリで、まさに世界最強の家族です。
特に小日向さんの夫・父親としての「笑顔」が、
素晴しく、きっと奥さんもあの笑顔に魅せられて、
結婚したんだな?と思います。
*岡田君も素晴しく、おもわず「天然コケッコー」を
 見直してしまいました。

by みつかこねか (2009-06-07 04:50) 

non_0101

みつかこねかさんへ
こんにちは。原作ファンにも見応えのある作品でしたね。
小日向さんは本当に素敵なお父さんでした。
今年の岡田くんは大活躍ですね。
主演作「ホノカアボーイ」もとてもいい作品でしたので、
いつか機会がありましたらお勧めです☆
by non_0101 (2009-06-07 10:05) 

cs

岡田将生くん、この2009年は間違いなく飛躍の年になってますね。
春の存在感、自分を図らずも持て余すしかない切なさがよかったです。
「ホノカアボーイ」も派手さはないけど、観ておけてよかったと思える大好きな作品でした。
それを絶妙なスタンスで見守る兄・加瀬亮くんも素敵ですし、「最強の家族だ。」と告げる父・小日向さんの寡黙だけど全身で家族を守る覚悟のある穏やかさの中の意志の強さは印象的でした。
余りに厳しいものを背負わされている家族ですが、この兄弟は大丈夫だと思える、そんなラストがよかったです。

by cs (2009-07-05 12:12) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
究極の悪がとても不気味な分、家族の絆がとても強く感じました。
あの兄弟なら困難を乗り切って行けそうな気がしますよね~
原作のイメージそのままの二人がキャスティングされて最高でした☆
by non_0101 (2009-07-05 23:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16