So-net無料ブログ作成

最後の忠臣蔵 [さ行]

池宮彰一郎の同名小説を映画化した作品です。
原作は未読だったので、“最後の忠臣蔵”とはどんな意味だろうかと気になっていました。
日本の風景の美しさと武士の高潔な生き様が画面から真っ直ぐに感じられるような作品でした。

吉良家への討ち入りから16年。
赤穂浪士の生き残りである寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は浪士たちの遺族を訪ねて全国を回る旅に出ていた。
大石内蔵助(片岡仁左衛門)より、生きて正確な事実を伝え、遺族に見舞金を渡す役目を担ったのだ。
16年かけてようやく最後の1人を訪ね終わった寺坂は、
内蔵助の又従兄弟である進藤(伊武雅刀)の元へ身を寄せた。
折りしも、もうすぐ浪士たちの17回忌が近付いている。
その日まで長旅の疲れを癒すよう、進藤は寺坂を温かく迎えてくれた。
だが、寺坂はあることが気になっていた。
旅の途中で見た男が、かつて寺坂の友であった侍に良く似ていたのだ。
その侍は、何故か討ち入りの前日に出奔してしまっていた…

戦いのシーンがほとんど無い忠臣蔵でしたけど、心に強い想いの残る物語でした。

討ち入りから16年後を描いた作品です。
生き残りの武士・寺坂が旧友の瀬尾孫左衛門(役所広司)と似た男を見かけます。
男は討ち入りの前日に逃亡し、そのまま行方をくらませていました。
赤穂の侍にとって瀬尾は卑怯者の烙印を押されてしまったのです。
でも、瀬尾は内蔵助から強い信頼を得ている大石家の武士です。
性格から言っても逃亡するような男ではありません。
このことは寺坂にとっては16年間の謎でした。

瀬尾は一人の少女・可音(桜庭ななみ)を育てていました。
可音は瀬尾にとって主であり、彼にとって可音を育てることは唯一の使命です。
質素な佇まいの家ではありましたけど、それは大切に育てていました。
隣家に住む教養のある女性・夕(安田成美)の世話で手習いもしっかりと付けられ、
可音はどこへ出しても恥ずかしくない女性へと成長しました。

可音が16歳になった今、唯一の悩みは彼女の嫁ぎ先でした。
そんな中、可音は町で大棚の商家の一人息子に見初められます。
彼女の隠された事情のため、なかなか話は進めることが出来なかったのですけど、
相手の強い気持ちが瀬尾にも可音にも次第に伝わって来ました。
そしてその時、瀬尾と可音の運命は大きく動き始めました。

それにしても、美しい作品でした。
ひとつひとつのシーンがまるで絵のように感じられて、
シーンが移るたびに綺麗だなあと思いながら観ていました。
また、その中で繰り広げられる人間模様もゆったりと細やかに描かれていて良かったです。
瀬尾や可音、寺坂や夕たちの想いが胸に響いて来ました。
もちろん武士を演じる役所広司さんと佐藤浩市さんの演技はさすがですし、
秘めた思いを持ちつつも健気に尽くす役を演じた安田成美さんも素敵でした。
あと、可音を演じた桜庭ななみさんも凛とした雰囲気がぴったりで良かったです。

早めの試写会で観たのですけど、公開は12月なのですよね。
観終わった時、なるほどお正月映画として映画館で観るには
本当にぴったりの作品だなあと感じた1本です(^^)

hitsuji_-saigo-no-chushingu.jpg

監督:杉田成道 出演:役所広司 桜庭ななみ 佐藤浩市 安田成美 笈田ヨシ 山本耕史 伊武雅刀 
2010年 日本
(20101101)

公式サイトはこちらへ

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は12月18日以降の予定です。


nice!(13)  コメント(20)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 20

月夜空

こんにちわ^^
こちらにお邪魔したら、観たい映画や読みたい本がどんどん増えちゃって
うれしい☆彡
by 月夜空 (2010-11-03 10:42) 

non_0101

雨香さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-03 11:05) 

non_0101

月夜空さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
喜んで頂いてこちらも嬉しいです~☆
今年は時代劇映画がいろいろ公開されていますけど
この作品も見応えがありました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね♪
by non_0101 (2010-11-03 11:09) 

non_0101

おぉ!次郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-03 11:16) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-03 11:16) 

袋田の住職

新しい視点ですね・・・
by 袋田の住職 (2010-11-03 11:27) 

non_0101

袋田の住職さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
新しい視点ですね。
武士の心が伝わってくる、見応えのある作品でした☆
by non_0101 (2010-11-03 11:42) 

non_0101

ぷくぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-03 18:25) 

なぎ猫

忠臣蔵はいつの時代にもドラマになりますね。
by なぎ猫 (2010-11-03 20:28) 

たいちさん

忠臣蔵の物語は大好きで、映画やドラマはほとんど観ています。しかし、16年後の後日談は知りませんでした。機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2010-11-03 23:07) 

KLY

「最後の忠臣蔵」そういう意味だったんですねぇ。
途中途中で早とちりしながら「なるほどそういうことね!」と思って
観てましたが、最後まで来て圧倒されつつ涙流しながら納得です。
うん。戦いは無かったけど忠臣蔵ですよね。
by KLY (2010-11-04 00:45) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
“忠臣蔵”と聞くと年末も近くなってきたなあと感じます。
今作も季節の中心は冬でした☆
by non_0101 (2010-11-04 12:32) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-04 12:34) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
美しくてとても見応えのある作品でした。
物語の展開も面白くて最後まで目が離せませんでした。
機会がありましたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-11-04 12:36) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-11-04 12:37) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
私も途中まで「最後の忠臣蔵」の意味が分かりませんでした。
最後の迫力は半端無かったですね(T_T)
公開したらもう一度見てみたいかもと思ってます☆
by non_0101 (2010-11-04 12:39) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-16 12:48) 

non_0101

ジャニスカさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-01-17 23:58) 

cs

まさに“美しい作品”でしたね。
自分にとっては2011年の始まりをこれに選んで、よかったと思えました。
すでに6本、今年に入ってからの鑑賞作品の記事upが遅れていますが、良い作品に出会えました。
by cs (2011-01-30 01:20) 

non_0101

csさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
新年の最初に観るにはぴったりの作品でしたね(^^)
こういう作品をお正月に観られるのって、日本人の幸せかもと思います。
私もちょっと書いていない映画を溜めてしまっているのですけど
頑張らなくては(^^ゞ
by non_0101 (2011-01-30 12:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19