SSブログ

人生万歳! [さ行]

ウディ・アレン監督40作目となるラブコメです。今年最初の作品はこれ!と決めていました。
このところ、殺人とサスペンスを描いていたウディ・アレン監督ですけど、
今作ではN.Y.に戻って、とても楽しそうだなあと予告編を観ていました。
まるで監督の分身のような主人公とキュートなヒロインの繰り広げる物語は、やっぱり面白かったです。

離婚して一人暮らしのボリス(ラリー・デヴィッド)は自他共に認める偏屈な男。
昔は物理学でノーベル賞候補にも挙がったほどの頭脳の持ち主なのだが、
人間嫌いで厭世的な思考を持ち、いつも辛口な人間批判ばかりしていた。
ある日、見知らぬ若い女性メロディ(エヴァン・レイチェル・ウッド)から、
食べ物を分けて欲しいと声を掛けられる。
彼女は南部から家出をしてきて、行き倒れになりそうだったのだ。
無知で都会の怖さを知らないメロディを放って置けなかったボリスは、
その孫娘のような年齢の彼女を家に入れた。
そして、いつの間にか1年が過ぎていった…

偏屈なおじさんが起こした変化がなんとも可笑しかったです~

偏屈な初老の男と若い女性、そして二人を取り巻く人々の物語です。
過去にノーベル賞候補にもなったというボリスは、頭は良いけれど偏屈で悲観主義な男です。
長年寄り添った妻とも何かが違うと感じて自殺を図り、今は離婚して一人暮らし。
質素だけど気ままな暮らしです。
たまに子供にチェスを教えて小金を稼いでいます。
ただし口がかなり悪く子供でも容赦ないので、親にはすぐに嫌われてしまいます(^_^.)

そんな彼の生活に、突然、キュートな女の子メロディが舞い込んできます。
彼女はそれほど頭は良くないのですけど、とっても素直で無邪気です。
そんな彼女の純粋さにほだされたボリスは、成り行きで彼女を家に置きます。
やがて何となく時間が過ぎ、何と彼女から告白されて1年後には結婚してしまいます。
でも、ボリスは相変わらず常にマイペース。
いつもメロディが彼の生活に合わせている状態です。
そんな時、メロディを捜していた母親が突然、彼女も前に現れます。
そして、母親が本来の自分に目覚めた時、少しずつボリスの周りの人々の生活も変わっていきました。

それにしても、主人公の偏屈ぶりは相変わらずですね~
しかも皮肉な口調で早口でしゃべりつづけていて、
もうその台詞を聞いているだけで笑ってしまいそうです。
そして、今回のヒロイン役を演じたエヴァン・レイチェル・ウッドは
キュートなキャラクターがぴったりでした。

人間、こんなにうまいこと行かないでしょうと思いつつも、ちょっとファンタジーで楽しい展開にニッコリした1本です。

hitsuji_WHATEVER-WORKS.jpg

監督:ウディ・アレン 出演:ラリー・デヴィッド エヴァン・レイチェル・ウッド パトリシア・クラークソン ヘンリー・カヴィル エド・ベグリー・Jr
2010年 アメリカ 原題:WHATEVER WORKS
(20110104)

→公式サイトはこちらへ http://jinsei-banzai.com/pc/


nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 11

たいちさん

高齢男性に勇気を与えてくれそうな映画ですね。
by たいちさん (2011-01-06 21:17) 

non_0101

月夜空さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-01-07 00:06) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
この映画を観た男性陣は、元気をもらうか、うっそーと思うか…
いろいろな人に感想を聞いてみたいです☆
by non_0101 (2011-01-07 00:09) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-01-10 10:25) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-01-10 10:25) 

coco030705

こんにちは。
おもしろかったですね!私も新春初の映画でした。
マンハッタンとジャズがウディ・アレンにはよく似合いますね。
TBさせていただきます。
by coco030705 (2011-01-14 14:22) 

ムース

今年2本目で観ました!。何でもありの大人のラブ・ストーリー?で偏屈ながらも洒落気たっぷりで、一昔前のアレンっぽいなと思いました。さすがにアレン本人では物理学者には見えないので、絶妙のキャスティングだったと思います。「神様はゲイだ」というセリフに大爆笑してしまいました。
by ムース (2011-01-14 20:31) 

なぎ猫

主演がアレン本人でなくてよかったです。私にはちょっと退屈でした。
by なぎ猫 (2011-01-14 20:33) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
こんなにひねくれ者の主人公なのに、何故か素直に笑ってしまうところが多かったです。
> マンハッタンとジャズがウディ・アレンにはよく似合いますね
やっぱり雰囲気が生き生きしてますよね☆
by non_0101 (2011-01-14 23:13) 

non_0101

ムースさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に絶妙なキャスティングでしたね~
アレンを彷彿させる主人公の台詞には笑わされました。
そして、こんなことになるとは…とちょっとビックリの展開にも
笑ってしまいました。
「神様はゲイだ」は凄かったです~☆
by non_0101 (2011-01-14 23:27) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
退屈になってしまいましたか~
どうもこの作品、主人公のキャラクターに引いてしまうとダメなのかも知れませんね。
ぜひ、次回のアレン監督作はお気に入りになる作品になるといいですね☆
by non_0101 (2011-01-14 23:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7