SSブログ

イリュージョニスト [い]

ジャック・タチの幻の脚本をもとに『ベルヴィル・ランデブー』のシルヴァン・ショメが映画化したアニメです。
素朴な画風とヨーロッパの美しい風景の予告編にとても惹かれていました。
上映館が少ない中ようやく観て来た作品には、本当に切なくて心に残る物語が綴られていました。

1950年代のパリ。劇場で手品を披露してきたタチシェフ(ジャン=クロード・ドンダ)。
若者の観客はみんな人気のロックバンドに取られていき、初老になった彼の人気はなくなっていた。
とうとう契約を切られた彼は仕事場を求めて転々とするが、どこでも人気が無い。
やがてイギリスへと渡った彼はエジンバラの言葉の通じない小さな港町へとやって来た。
ここで暮らしているのは、これまで手品などほとんど観ることが無かった人ばかりだ。
彼の芸はみんなに受け入れられ、パブでの楽しい夜を観客に与えた。
そんな中、宿屋の下働きをしている少女アリスは彼の手品をそのまま信じてしまう。
彼女の靴が壊れかけているのを知った彼が、彼女が好きそうな赤い靴をプレゼントしたことで
ますます彼女は彼のことを魔法使いだと思い込んでしまった…

純粋に手品師を慕う少女と、少女を喜ばそうとする手品師の姿をとても優しく描いていました。

言葉もあまり通じない初老の手品師タチシェフと少女アリスの物語です。
田舎を転々としながら手品を披露する場所を求めていたタチシェフ。
彼の手品を魔法だと信じたアリスは、自分を幸せにしてくれる人だと思って
彼に付いて家を出てきてしまいます。

タチシェフはそんなアリスを受け入れます。
ホテルでは彼女にベッドルームを渡して、自分はソファーで眠ります。
彼女がブティックのウィンドウに飾られているコートや靴に見とれていると、
彼は少ない持ち金から何とか購入しては魔法のように彼女にプレゼントします。
でも、人気の無い手品のステージ代はそれほど高給ではありません。
彼は言葉の通じない土地で少女に隠れてアルバイトをしますが、
それもなかなか上手くはいきませんでした。

それにしても、優しくて切ない物語でした(T_T)
タチシェフはアリスを大切にしていますけど、少女は全てを魔法だと思っています。
そんな中、タチシェフと同じように旅をしてきた芸人たちは職を失い、
彼らは次第にいなくなっていきます。
そして、とうとうタチシェフにも転機がやって来てしまいます。
その時の彼の背中には、何ともいえない哀愁を感じました。

ラストに彼がいつも見ていた写真に何が写っていたかを知って胸が痛くなりました。
彼が少女を幸せにしたように、誰かが彼に幸せと喜びを与えてくれますようにと願った1本です。

hitsuji_L'ILLUSIONNISTE.jpg

監督:シルヴァン・ショメ 声の出演:ジャン=クロード・ドンダ エルダ・ランキン
2010年 イギリス/フランス 原題:L'ILLUSIONNISTE/THE ILLUSIONIST
(20110414)

→公式サイトはこちらへ http://illusionist.jp/


nice!(19)  コメント(23)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 23

non_0101

nagapenangさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-16 20:12) 

たいちさん

公式サイトの予告編を観ました。素朴でファンタジックなアニメですね。
by たいちさん (2011-04-16 23:00) 

non_0101

ねじまき鳥さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-16 23:11) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ストーリーも絵も素朴で心に染み入るような作品でした。
絵はラストの方で俯瞰で街一帯を見下ろすシーンがあって
主人公の気持ちが一気に伝わってくるような気がしました。
もっと広く公開して欲しい作品です☆
by non_0101 (2011-04-16 23:19) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-16 23:44) 

きさ

私も見たのですが、上映館が少なくて見るのが大変でした。
かなり早めに行ったのですが私が最後の一人でしたし。

新作ですが、ジャック・タチが残した脚本の映画化なので、往年の名作の様な仕上がりになっています。
個人的には斬新な『ベルヴィル・ランデブー』の方がインパクトあったかな。
せりふも少なくて静かなタッチで話が進むので80分という時間がちょうどいい長さに感じました。
映画中にジャック・タチの「ぼくの伯父さん」が上映されるシーンもあります。
オーソドックスな映画が好きな人にはお勧めです。

by きさ (2011-04-17 07:55) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
最初の頃は劇場が連日満員だったみたいですね。
素朴だけど美しくて優しくて見応えのある作品でした。
本当に切なかったです(T_T)
「ぼくの伯父さん」は未見でしたので、後で解説を読んで分かりました。
ちょっと面白いですね☆
by non_0101 (2011-04-17 10:35) 

non_0101

yayu-changさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-17 10:36) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-17 10:36) 

non_0101

koalaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-17 10:37) 

non_0101

kiyoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-18 12:31) 

non_0101

galapagosさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-18 12:32) 

non_0101

アールグレイさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-18 12:32) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-19 22:27) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-19 22:27) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-19 22:27) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-19 22:28) 

non_0101

佐々木さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-19 22:29) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-19 22:29) 

inuneko

見てきたばかりで感想文もまだですが、ステキとしかいいようのない作品でした…でも、タチシェフの写真については見てるなぁと思っただけで意味までは気づきませんでした…また見なければ…。
by inuneko (2011-05-15 19:49) 

non_0101

inunekoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
キャラクターもストーリーも、そして全体を彩る絵も
全てが優しさを感じる作品でしたね~
心がささくれだった時には、何度でも観てみたくなる1本になりました☆
by non_0101 (2011-05-15 21:24) 

キキ

こんにちは。
三鷹の森ジブリ美術館が配給するアニメーション映画でしたね。
納得です。
美しくて切ない映画でした。
劇場で観る事が出来て良かったです。

by キキ (2011-05-23 02:02) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
三鷹の森ジブリ美術館配給は納得ですよね。
上演館が少なかったのですけど、スクリーンで見ることが出来て良かったです。
あの絵の美しさは印象的でした☆
by non_0101 (2011-05-23 08:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。