So-net無料ブログ作成

遺体 明日への十日間 [い]

石井光太著のルポタージュ『遺体 震災と津波の果てに』を原作に震災当日からの日々を描いた作品です。
釜石市の遺体安置所を舞台にしているので辛そうだなと観るのをためらっていましたけど、
やっぱりこれは観てみようとチャレンジしてみました。
これがあの震災の現実だったのだなと改めて想いを巡らせるような作品でした。

観ている間、ずっと涙々が止まりませんでした(T_T)

震災当日の朝から始まる物語です。
いつもの平和な釜石市に巨大な地震が襲いました。
釜石市でも山側に住む民生委員の相葉(西田敏行)が公民館の片付けをしていると、
東北地方を中心に巨大な津波が発生したという情報が入って来ました。

町中が停電になった釜石市の市役所では、職員も市民もどうしたらよいか分からず困り果てています。
そんな中、職員の平賀(筒井道隆)、及川(勝地涼)、照井(志田未来)に上司から来た指示は
廃校になった学校を遺体安置所にするから準備を整えて置いてくれと言うものでした。

ほとんど情報が無く、講堂にブルーシートを敷いたくらいしか準備が出来ていないところに
どんどん泥だらけになった遺体が運び込まれていきます。
また、運び込む人たちも遺体には不慣れで、硬直した状態をどのようにしたら良いかも分かりません。
そんな状況を見た相葉はショックを受け、以前に葬儀屋で働いていた経験を少しでも生かしたいと
ボランティアを志望します。
でも、遺体は増え続け、対応すべきこともどんどん増え続けていきました。

それにしても、震災とは本当に惨いものですね。
あまりにも多くの命が失われてしまったことに、改めてショックを受けてしまいました。
頭で分かっていても、映画でじっくりと向き合ってみると本当に辛かったです。
それだけに、こんなに大変な中でも遺体安置所で必死に働いていたみなさんの姿には
本当に頭が下がる思いがしました。

役者さんたちの真摯な演技にも心を打たれました。
役所の職員、消防士や医師たち。地元に住む僧侶。
現場で働く人たちの誰もが被災者であり、現状に戸惑いつつ、ヒーローではなくて普通の人として
現実に落ち込みながらも日々を何とか乗り切ろうとしている状況だったのがよく伝わって来ました。
そんな中で、ボランティアとして遺体に話しかけ、遺族に出来るだけ優しく接しようとする相葉役の
西田さんの演技にはやっぱりめちゃくちゃ泣かされてしまいました(T_T)

観終った時、こんな時、私だったら何が出来るのだろうと考えてしまいました。
亡くなった人たちへ改めて心からご冥福を捧げたいと思った1本です。

hitsuji_reunion.jpg

監督:君塚良一 出演:西田敏行 佐藤浩市 柳葉敏郎 筒井道隆 勝地涼 志田未来 酒井若菜 佐野史郎 沢村一樹 緒形直人 國村隼
2012年 日本
(20130314)

公式サイトはこちらへ http://www.reunion-movie.jp/


nice!(27)  コメント(28)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 28

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-17 21:53) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-17 22:22) 

MITURU

命の重さ、命の尊さを教えてくれる映画ですね。
涙なしでは見られないと思います。
遺族の方々の悲しみ、苦しみに寄りそって献身的に働いた人たちに敬意を表します。
by MITURU (2013-03-18 00:59) 

ちょんまげ侍金四郎

原作を読んでいた私としては、まさか映画化はされないだろうと思ってましたので驚きです。
泣けて仕方ないでしょうから映画館は行けませんね(笑)

ご遺体に話しかける、あの文章で泣けてしかたなかったですから、ましてや西田さんにその役をやられてしまったら、言わずもがなです。。。
by ちょんまげ侍金四郎 (2013-03-18 13:07) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:50) 

non_0101

MITURUさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
あまりにも哀しくて、哀しいと思う前に涙でした…
惨事の中でも必死に働いていた人々の姿が忘れられません☆
by non_0101 (2013-03-18 23:55) 

non_0101

KEIさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:56) 

non_0101

想也さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:56) 

non_0101

世界のアイドルさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:56) 

non_0101

Newsをみるとさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:57) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:57) 

non_0101

西湘の風0829さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:57) 

non_0101

cafelamamaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-18 23:58) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:00) 

non_0101

hana2012さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:00) 

non_0101

enigumaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:00) 

non_0101

devilさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:01) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
西田さんの演技は圧巻ですね。
本当に覚悟はしていても泣けてしまいました。
でも、改めていろいろ考えることができて、観て良かったです☆
by non_0101 (2013-03-19 00:08) 

non_0101

ゆずけんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:08) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:08) 

non_0101

HIROMIさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:09) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-19 00:09) 

たいちさん

あれから2年経過しましたが、決して忘れてはいけない事柄ですね。ドキュメンタリー賞に値する作品と思いますが、観るには尻込みしますね。
by たいちさん (2013-03-19 22:22) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
こうして映画になってずっと残っていくべき出来事だなと思いました。
観て良かったです。
でも、やっぱり観るには覚悟が居る作品でした☆
by non_0101 (2013-03-20 08:59) 

non_0101

shin.sionさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-20 08:59) 

non_0101

miyukimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-20 09:00) 

cs

こんにちは。
やっと少し整理できて記事を更新しつつあるので、こんな変なタイミングですみません。
この作品、きちんと向き合うのにためらいがある、ど真ん中の作品でした。
だからこそ、スクリーンで観ることが来てよかったなと思っています。
ドキュメンタリーという表現も選択できただろうけど、ドラマとして描くからこそ届く部分もあると思います。
それは間違いなく辛い作業だろうし、その撮影現場に臨んだスタッフ、俳優さんたちの全てが追体験していく迫力は当然のごとく胸に迫りました。その姿は確かにぼろぼろかもしれないけど、ただ懸命に本当に美しいと思いました。
こういう作品がヒットするようなことはないんでしょうけど、時間が経っても話題にのぼらせていくべきものだと思っています。
by cs (2013-12-23 12:09) 

non_0101

csさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
これは覚悟をしていても本当にキツかったです。
それだけに、映画として残した出演者とスタッフの人たちの心意気に胸を打たれました。
私もスクリーンで観る事が出来て良かったと思ってます。
ずっと心に残る作品でした☆
by non_0101 (2013-12-23 20:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9