So-net無料ブログ作成

落下の王国 [や・ら・わ行]

美しい映像の繰り広げるストーリーの行末はちょっと不思議でした。
最後になって“落下”の意味がようやくわかりました☆

1915年。右腕を骨折して入院している少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は
退屈しのぎに病院内を散策していた。
ふと、彼女は若い男・ロイ(リー・ペイス)がベッドに横たわっているのを見つける。
彼は映画界で活躍するスタントマンだったが、撮影中に重傷を負い入院していた。
怪我は非常に重く、ベッドから起き上がることも出来ない様子だ。
アレクサンドリアを見つけたロイは、面白い話を聞かせるといって少女を引き寄せた。
そして、架空の国を舞台にした不思議な冒険物語を聞かせ始めた…

まるで千夜一夜物語を聞いているような冒険物語は楽しかったです。

青年が少女を引き付けるために始めた物語。
それは少女の心を映し出すように、勇者たちの冒険と正義の戦いの物語になっています。
悪と闘う勇者たちは強いヒーローたちです。
そんな彼らの活躍に少女はワクワクしながら聞き入ります。
現実では寝たきりの青年も物語の中では強い勇者を演じていて、生き生きと飛び回っていました。

物語の続きを聞きたくて、少女は青年の命令に従おうとします。
実は現実に絶望していた青年は自殺を図るために薬を手に入れようとしていたのです。
でも、まだ5歳の少女には難しい行動は出来ません。
言われたことを一生懸命に行なおうと思っても上手く出来ないのです。
少女の失敗が続き、物語は青年の心の絶望を映し出すようになっていきます。
青年の繰り出す物語の映像の美しさに魅了されながら観ていたので、
勇者たちの行末に泣き叫ぶ少女と一緒に、悲しくなりながら展開を見つめていました。

それにしても青年の物語を彩る映像の数々は本当に美しかったです。
この世のものでは無いような広大で不思議な風景。
勇者たちを包む豪華で鮮やかな衣装の数々。
妖精の存在を感じるようなファンタジーの世界は、本当に夢の世界のようで楽しかったです。

少女の心に鼓舞されるように物語の勇者も戦いに挑んでいきます。
そんな青年の分身とも言える勇者の活躍ぶりに嬉しくなると共に
最後にこの時代のスタントがどれほどの過酷な現場だったかを知ってドキドキさせられた1本です。

hitsuji_THE-FALL.jpg

監督:ターセム・シン・ダンドワール 出演:リー・ペイス カティンカ・ウンタルー ジャスティン・ワデル ダニエル・カルタジローン
2006年 アメリカ 原題:THE FALL
(20081003)

nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 8

てくてく

こんばんは~^^
本当に息を呑む映像美でした!
それがCGでなく、ちゃんと存在する景色という事。
感動ですね~。
映画を観る楽しさを、実感できる作品でした。
by てくてく (2008-12-09 01:48) 

non_0101

てくてくさんへ
こんにちは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
すごい風景でしたね~
大きな画面で観て良かったと思う映像でした(^^)
by non_0101 (2008-12-09 12:58) 

キキ

こんばんは。お風邪ひかれたんですね。
お加減いかがでしょうか?
たまっていたレビューも一気に書かれたようですね★   
この映画は衣装も風景も、夢のように美しくて感動しました。 ^・^
子役のカティンカ・ウンタールちゃんも可愛くて可愛くて。
もう一度大きな画面で観たい映画です。

by キキ (2008-12-11 18:00) 

non_0101

こんばんは。
nice&コメントをありがとうございました!
すみません!お返事が遅い言い訳を書いてしまいましたm(__)m
こんな時いつも思うのは、体力と気力は連動するということです。
キキさんも風邪にはお気をつけてくださいね。

カティンカちゃんは本当に可愛かったですね~
もじもじするところなんて、きっと彼女そのままだったのだろうなあと
微笑ましく観ていました。
私ももう一度大きな画面で観てみたいです☆
by non_0101 (2008-12-12 01:43) 

たいちさん

エミー賞ノミネート作品とのこと。予告編の映像は美しく、ファンタジー映画ですね。機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2008-12-12 13:47) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
無邪気で可愛くて切ない物語でした。
何と言っても映像の美しさが印象的です。
もし機会がありましたら、ゆったりした気分で美しい映像に浸ってみてくださいね。
by non_0101 (2008-12-12 22:48) 

みつかこねか

ターセム監督のイマジネーション溢れる世界は素晴しいものでした。
24ヶ国での撮影とのことですが、このことだけでも空前絶後です。
石岡瑛子の衣装がイマジネーションの広がりに花を添えていますね。
氷配達人(あのように氷を運ぶのですね!)のマーカス・ウェズリーの
死に様が印象的です。
象の泳ぎが凄かったです!!

by みつかこねか (2009-10-04 06:57) 

non_0101

みつかこねかさんへ
こんばんは。幻想の世界観が本当に素晴らしい作品でした。
夢の中を漂っているような展開のお伽噺は面白かったです。
主人公の本当に夢みた世界を描いたラストシーンにはちょっと驚きでした☆
by non_0101 (2009-10-05 01:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5