SSブログ

のんちゃんのり弁 [な行]

同名コミックを原作に描いたコミカルでハートウォーミングな人間ドラマです。
ダメ亭主から卒業して自立を決心した女性の姿を、厳しい視線も含めて静かに描いていました。

ある朝、お弁当を作り終わった小巻(小西真奈美)は娘のんちゃん(佐々木りお)の手を引いて家を出た。
行き先は幼稚園ではなく小巻の実家。
小説家を目指すと言いながら親のすねをかじって暮らしているダメ亭主(岡田義徳)に見切りをつけ
離婚しようと決心したのだ。
小巻の行動に気付いたダメ亭主は自転車で必死に電車を追いかけるが、小巻の決心は変わらなかった。
実家に帰った夜、小巻は母(倍賞美津子)にこれからのことを聞かれる。
だが困ったことに、専業主婦だった彼女には仕事のスキルも貯金もなかった…

少しずつ現実の厳しさに気付きながらも、めげることなく前進して行く小巻の姿から
彼女のバイタリティーの強さが伝わってきました。

ダメ亭主に嫌気がさしてとうとう自活を目指そうと決心した小巻。
でも、彼女自身も手に職がある訳ではなく、就職活動は困難を極めます。
なにせこの不況な時代に31歳の子持ちでバツイチの女性の働ける場所を見つけるのは大変です。
とりあえず水商売と思っても、想像以上の現実に付いて行けず、即座に辞めてしまいます。
そんなジタバタしている彼女が偶然に出会ったのが、
“ととや”の主人・戸谷(岸部一徳)の作ったとても美味しい鯖の味噌煮でした。

実は小巻は料理がとても上手く、彼女の作るお弁当は誰もが美味しいと褒めてくれます。
戸谷の料理と巡り合った彼女は、やがて弁当屋を開くことを思いつきます。
ただし、仕事を持って自立していくということは、それだけどこかにしわ寄せが来るものです。
新しい人生を始めるには喪うものがあると諭す戸谷の前でも、小巻の表情は変わりません。
責任とは何か。覚悟とは何か。
彼女が自分の道へと突進していく中で、戸谷は彼女にその心を問い質します。
そして、戸谷の厳しい言葉にさらされながら、彼女は一歩一歩強くなっていきました。

小巻の人生は 思いつく→頑張る→成功する という簡単な物語にはなりません。
現実はそれほど甘く無いし、だからこそ小巻は現実を知らなければならないのです。
また、世間知らずの小巻も、実は自分の置かれている現実や自分の弱さをかなり理解しています。
その上で、自分の夢に突き進もうとするのです。
その強さはちょっと羨ましいなあと思いました。

小巻に現実を教えつつも、時には諭すように語り掛ける戸谷の厳しさと優しさは
彼女の頑張りと共にとても印象に残りました。
人が自分の人生を見つけていくことは簡単なことではないのだなあと改めて感じた1本です。

hitsuji_nonchan-noriben.jpg

監督:緒方明 出演:小西真奈美 岡田義徳 村上淳 佐々木りお 岸部一徳 倍賞美津子
2009年 日本
(20090914)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は9月26日以降の予定です。

nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(4) 

nice! 7

コメント 10

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-09-16 12:55) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-09-16 12:55) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-09-16 12:55) 

non_0101

トメサンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-09-16 12:55) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-09-17 12:45) 

たいちさん

同じような状況の女性が多いですよね。「のんちゃん」は娘さんなんですね。同じ境遇の女性が見れば、共感するでしょうね。
by たいちさん (2009-09-18 11:23) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
「のんちゃん」は幼稚園の女の子です。
彼女の持ってくるお母さんお手製のお弁当が美味しそうでした(^^ゞ

いつの時代でも、こうして人生を変えたいと思う女性は多いでしょうね。
単純な成功物語ではなく、苦労をしながら一歩一歩進んでいくという姿には
共感と共に応援したくなりました☆
by non_0101 (2009-09-18 23:50) 

non_0101

アートフル ドジャーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-09-21 01:41) 

KLY

岸部さんの好演は当たり前とはいえ、相変わらず言葉に
説得力がありますよねぇ。ほんと見てて飽きない役者だ
と思います。
岡田君は『おと・な・り』でも嫌な男の役やってましたけど、
実際にはものすごくいい人なんで、個人的にはこういう役
は受けて欲しくないなぁ。(笑)
建夫のお父さん最高です!
by KLY (2009-09-30 21:15) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
> 相変わらず言葉に説得力がありますよねぇ。
岸部さんならではの上手さでしたね!
主役は小巻ですけど、戸谷の存在感が凄かったです。
岡田さんは本当に嫌な役が上手い役者さんですね。
こういう役が上手く出来るって本当に演技が出来る人なのですよね~
建夫くんのお父さんはちょっと可愛かったです(^^ゞ
by non_0101 (2009-10-01 12:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4