SSブログ

ヴィクトリア女王 世紀の愛 [う]

19世紀の輝ける時代にイギリスを治めたヴィクトリア女王の若かりし姿を描いた作品です。
激動の時代を描いた『エリザベス』の激しい物語とは違って、こちらはラブストーリー。
王位を継ぐ宿命を持って生まれた一人の少女が、大人たちの思惑に揺さぶられながらも
自分の幸せを求めて愛を育てていきました(^^)

10代のヴィクトリア(エミリー・ブラント)は籠の鳥のような生活をしていた。
命の危険を回避するため外出は最小限にされ、家の中でも階段は大人に手を引いてもらう日々。
幼くして父を亡くしたヴィクトリアは、王位に一番近い王位継承権を持っていたのだ。
そして現在の王である彼女の叔父にも死期が近付いていた。
父の亡き後、母を支配してきたジョン・コンロイ(マーク・ストロング)は
ヴィクトリアに摂政制を進言していた。
コンロイはヴィクトリアを傀儡にし、実質的に王の権力を自分のものにしようと考えていたのだ。
だが、ヴィクトリアは決して承諾せず、必死に抵抗していた。
そんな最中、彼女は後の夫となるアルバート公(ルパート・フレンド)と出会った…

ひとつの幸せな結婚と愛が豊かな国を作り上げる原動力になっていました(^^)

18歳で即位し、81歳で亡くなるまで女王として君臨したひとりの女性の物語です。
若くして女王となったヴィクトリアは知識も経験もありませんでしたが、
女王としての役目を真摯に受け止めていました。
でも、自分の相談役メルバーン卿を重用するあまりに政情不安を起こしてしまい、国民に嫌われます。

そんな中でヴィクトリアの支えになったのはアルバート公との恋です。
そのピュアな愛は様々な思惑を超えて、強い信頼を築き上げていきます。
そして、アルバート公の真面目で誠実な心と知識は
精神面だけではなく女王としての職務に着くヴィクトリアも助けていきました。

それにしても、幸せな愛の物語でした。
『ブーリン家の姉妹』や『エリザベス』を見て来たので
王家というものは血塗られているというイメージが強かったのですけど、
今作はそんな血を全く感じさせないラブストーリーとなっているのが興味深かったです。
歴史に疎いので、この時代にどんなことがあったのかは分からないのですけど、
どんな出来事が起きようと、アルバート公が病気で亡くなるまでの20年間は
きっと二人三脚で乗り切ったのだろうなあと感じました。

観終わった時、イギリスを平和と繁栄に導いたこの幸せな時代を思うと
邦題の“世紀の愛”はぴったりだな思った1本です。

hitsuji_YOUNG-VICTORIA.jpg

監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演:エミリー・ブラント ルパート・フレンド ポール・ベタニー ミランダ・リチャードソン マーク・ストロング
2009年 イギリス/アメリカ 原題:THE YOUNG VICTORIA
(20091208)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は12月26日以降の予定です。

nice!(11)  コメント(15)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 15

aya_rui

国は違いますが…マリー・アントワネットは
個人的に興味があってf(^^;)
きっかけは誕生日が同じ日という事だけなんですが
彼女の生涯も凄まじいものだったので
王族に生きるというのは
想像以上のものなのだと思い知らされますね。
その中で、エリザベスには愛すべき夫という
存在があってくれた事は救いですね。
by aya_rui (2009-12-10 11:40) 

non_0101

yabonnjinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-10 12:30) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-10 12:30) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-10 12:31) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
マリー・アントワネットは本当に激動の時代を生きた人ですね~
最近、このあたりの時代を描いた作品もいろいろ作られていて
歴史に疎い私も少しずつ理解できるようになって来ました。
それにしても、陰謀渦巻く宮廷に生きながら
誠実で信頼できて心から愛せる夫にめぐり合えたのは本当に幸運ですね。
それは彼女の強さだったのかも知れませんね(^^ゞ
by non_0101 (2009-12-10 12:38) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-10 12:38) 

non_0101

soneさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-11 07:17) 

non_0101

トメサンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-11 07:17) 

non_0101

成瀬さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-11 07:18) 

non_0101

ポキさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-11 07:19) 

たいちさん

私も「ブーリン家の姉妹」を観て以来、エリザベスのDVDを観漁りましたね。ヴィクトリア女王はイギリス帝国を築いた女王で、この時期の歴史に興味あるので、機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2009-12-11 15:02) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
この作品はどちらかと言うとラブストーリーになっているのですけど、
やはり陰謀渦巻く宮廷の様子は映し出されていました。
歴史的にも面白いと思いますので
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2009-12-12 01:51) 

KLY

ヨーロッパ史ものはホント好きです。
この時代のヨーロッパ王室の人の繋がりや、ある国の出来事が他の国の歴史に及ぼす影響がダイレクトなんで、1つの作品がそれだけでなく、他の作品と繋がってくるところが堪らなくロマンを感じます。
若干美男美女過ぎるんじゃないのか?!なんて思いましたが、映画なんでそれは許します。(笑)
by KLY (2009-12-13 01:29) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
ここ数年で「エリザベス」や「ブーリン家の姉妹」を観てきたので
少しずつ歴史のことが分かってきました(^^ゞ
映画で繋げてみると、改めて奥の深さを感じさせられます。
> 若干美男美女過ぎるんじゃないのか?!なんて思いましたが
役者さんたちがみんな素敵でしたね~!
あの雰囲気にピッタリで、ちょっと嬉しかったです☆
by non_0101 (2009-12-13 09:35) 

non_0101

りらっくままさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-17 08:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8