SSブログ

故郷よ [か行]

チェルノブイリの原発事故により生活が激変した人々の姿を描いたヒューマンドラマです。
昨年の東京国際映画祭でプログラムを観た時から、どんな物語だろうと気になっていました。
チェルノブイリから3キロにあった町、プリピャチでは穏やかな日々が突然に壊れていきました。

哀しい歴史は繰り返されていました(T_T)

1986年4月25日から始まる物語です。
アーニャ(オルガ・キュリレンコ)は明日に結婚式を控えて幸せいっぱいです。
未来の夫ピョートル(ニキータ・エンシャノフ)と明日を待ちわびるように語らっていました。
また、アーニャたちがボートを浮かべている川辺では、幼い息子を連れたアレクセイ(アンジェイ・ヒラ)が
息子ヴァレリーのために子供の背丈の林檎の木を植えていました。

翌日のプリピャチは朝から大雨に見舞われました。
森林警備員のニコライ(ヴャチェスラフ・スランコ)がいつもの通りに仕事場へ向かおうとすると、
軍が道路を封鎖していました。
身分証を出して解放されますけど、その時、ニコライは森の木が変色していることに気付き、
何か異変が起きていると感じます。

一方、アーニャは結婚式を迎えて嬉しさでいっぱいです。多くの人の祝福に笑顔がたえません。
不安定な天気で突然に雨が降ったりしていても、笑いながら雨宿りしていました。
でも、披露宴はまだまだという時に、消防士のピョートルを同僚が呼び出しに来ました。
大規模な森林火災が起きて自分も行かなくてはならないと言うのです。
今日は結婚式だから行かないでと訴えるアーニャにピョートルは
すぐに戻ってくるからと言い残して去っていきます。
アーニャは呆然とその姿を見送りました。

それにしても、切ない物語でした。
あたりまえにあった普通の幸せが一瞬の事故で消え去ってしまったのです。
ピョートルは二度と美しい妻アーニャに会うことは叶いませんでした。
発電所で働いていた技師アレクセイは原発の事故を知らされますが、
守秘義務のため誰にも言うことが出来ません。
妻と幼い息子を密かに避難させると、自分は仕事のために町に残ります。
でも、そのまま家族と再会することはありませんでした。
そして、アーニャは心の傷を癒せないまま町から遠くへ離れることが出来ず、
10年が過ぎた今ではピョートルの町を観光案内するガイドになって、半月ごとに故郷へ通っています。
でも、放射能を多く浴びている彼女はやつれて病的な美しさを持つ儚げな姿になっていました。

映画の撮影は現在も立入禁止区域になっているピョートルで行なわれていて、
ゴーストタウン化した町並みも寂れた遊園地もそのまま映し出されていました。
そして、この映画の編集をしている時に、日本の原発事故が起きたそうです。
半世紀が過ぎて同じような悲劇が起きるなんて…と思うと観ていて何とも言えない気持ちになりました。
観終った時、幸せな過去に取り付かれたまま命を費やしていく亡霊のようなアーニャの姿と、
彼女の結婚式の時に見せた輝くような笑顔がずっと忘れられないだろうなあと思った1本です。

hitsuji_LAND-OF-OBLIVION.jpg

監督:ミハル・ボガニム 出演:オルガ・キュリレンコ アンジェイ・ヒラ イリヤ・イオシフォフ ヴャチェスラフ・スランコ セルゲイ・ストレルニコフ ニコラ・ヴァンズィッキ ニキータ・エンシャノフ タチアナ・ラスカゾワ
2011年 フランス/ウクライナ/ポーランド 原題:LA TERRE OUTRAGEE/LAND OF OBLIVION
(20130222)

公式サイトはこちらへ http://www.kokyouyo.ayapro.ne.jp/


nice!(20)  コメント(23)  トラックバック(5) 

nice! 20

コメント 23

non_0101

KEIさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-25 00:19) 

怪しい探麺隊

眼を逸らしてはいけないんだろうけれど、観るのが辛そうな映画なので、評判は聞いていたけれど、心の中の「観たい映画リスト」から外しています。結構、いろいろな理由で「外し」ちゃいますね....
by 怪しい探麺隊 (2013-02-25 00:33) 

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-25 08:35) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
日本の事故を題材にした「希望の国」とはまた違った、静かな雰囲気の作品でした。
でも、それだけに観ていてやるせなさが募りました。
何が起きるか分かっているだけに、出だしからずっと切なかったです☆
by non_0101 (2013-02-25 08:39) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-25 08:39) 

non_0101

世界のアイドルさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-25 08:40) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-25 08:40) 

ちょんまげ侍金四郎

初めまして
事故が起きたら、修理もままならず、そこから逃げなくてはならない原発。。。そして長きに渡って被害が露呈していく放射能。。。恐ろしいとしか言いようが無いですね。
by ちょんまげ侍金四郎 (2013-02-26 11:37) 

non_0101

Ritaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:46) 

non_0101

artfuldodger3さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:46) 

non_0101

hana2012さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:46) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:47) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:47) 

non_0101

西湘の風0829さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:47) 

non_0101

まぁくんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:47) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:48) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
はじめまして♪ nice&コメントをありがとうございました!
監督さんがこの映画を作ったのはチェルノブイリの事故から20年以上も過ぎてからですけど、
やっぱりプリピャチの町は立入禁止区域のままという事実が哀しかったです。
物語の主人公たちが現実を強く訴えるとかはないのですけど、
その分、静かな哀しみが伝わって来て切なくなりました☆
by non_0101 (2013-02-26 12:53) 

non_0101

カメラde防犯さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-26 12:53) 

coco030705

こんばんは。
本当に怖いですね。人間は愚かだなと思います。
なぜ悲劇を繰り返すのでしょう。原発事故しかり、戦争しかり。
大いなるもの(神か仏か)が、人間を見捨てるときが再びやってきそうな
気がします。そうなる前に、学びから正しい道へ歩みださなければいけませんよね。
by coco030705 (2013-02-26 20:21) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
こんなに前のことだったのかと思うのと同時に、
日本で起きたことと変わらない世界が映し出されていて
本当に悲しいことが繰り返されてしまったなと感じました(T_T)
この悲劇をもう起こすことは許されませんよね。
少しでも安心して幸せな生活が出来る世界になって欲しいです☆
by non_0101 (2013-02-26 23:42) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-02-28 00:39) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-03 17:00) 

non_0101

ta74382さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-03-03 17:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5